建築家【 吉原 健一 】に関する全ての記事:

4月11〜16日|リノベーション窓口 @ 世田谷美術館

「直して住む。」住宅展

「直して住む。」住宅展
〜 建築家と考えるこれからの住まい 〜
2017年4月11日(火)→ 16日(日)

 

IRMとは…家全体を直す「フルリノベーション」から、部位や耐震などテーマごとに「あるあるいろんな事例」まで、
直して住む、これからの住まいのヒントを展示します。

 

IRMとは…期間内は、耐震診断士や住宅医など、豊富な知識と経験のある
NPO法人「家づくりの会」の建築家メンバーが説明します。

   [参加メンバー] 赤沼修伊澤淳子落合雄二小野育代菊池邦子倉島和弥杉浦充
            福田隆一田中ナオミ古川泰司松澤静男丹羽修吉原健一


4月23日(日曜日) 14:30〜16:00
     家づくりギャラリーにてセミナーを開催します

  

テーマ  「建て替え?リノベ? 判断の分岐点」

(担当:落合 雄二/U設計室)>>>詳細は4月23日|ミニ講座 @ 市ヶ谷をご確認ください。

 

  ■ 会 期 : 2017年4月11日(火)→ 16日(日) 10:00〜18:00
         (入館は閉館30分前まで。 初日は13:00〜、最終日は〜16:00まで)
          入場無料世田谷美術館_アクセスマップ

  ■ 場 所 : 世田谷美術館・区民ギャラリーB
         (世田谷区砧公園1-2) 

  ■ 交 通 : ●東急田園都市線「用賀」駅
           美術館行バス「美術館」下車 徒歩3分/
          「用賀」駅より徒歩17分
          ●小田急線「成城学園前」駅
           渋谷駅行バス「砧町」下車 徒歩10分

3月4・5日|「西久保の家」オープンハウス

西久保の家_吉原

 「西久保の家」
~ 自然素材の心地よい2世帯住宅 ~

建主さまのご厚意により、オープンハウス(完成見学会)を開催させて頂くことになりました。
もともとご両親が住まわれていた住まい、子世帯と一緒に暮らすために建替えた家族6人が住まう2世帯住宅です。

上下階に各世帯をゾーン分けすることにより、お互い気を使わないよう世帯間のプライバシーを尊重しつつも、同居することによって家事・育児が協力でき、さらに将来、介護の面でもサポートし易いように計画しています。
緑の借景、採光や通風の心地よさ、無垢板や珪藻土、和紙など自然素材も実際に体感して頂ければと思います。

工事の経過については、光風舎HP内の「現場レポート」に掲載しています。こちらも併せてご覧下さい。

 

[建築概要] 敷 地 面 積 : 141.20㎡(42.71坪)
       建 築 面 積 :  83.48㎡(25.25坪)
       延べ床面積 : 163.13㎡(49.43坪)
       構造・規模 : 木造軸組み工法。2階建て、

■ 開 催 日 : 2017年3月4日(土) 13:00 〜 17:00 、5日(日) 11:00 〜 17:00
■ 場   所 : 東京都武蔵野市(申込み後、住所をお知らせいたします)
■ 交   通 : JR中央本線「三鷹」駅より徒歩約15分
■ 設計・監理 : 吉原 健一/光風舎一級建築士事務所
■ 施   工 : 株式会社内田産業
■ 申し込み先 : 見学ご希望の方はコチラへお申込みください。
         折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
         ※ 氏名・連絡先(住所・電話番号)・参加人数・見学希望時間帯をお知らせください。

2月18・19日|「大森西の家」オープンハウス

「大森西の家」オープンハウス_吉原

 「大森西の家」
~ 心地よい小さな住まい ~

建主さまのご厚意により、オープンハウス(完成見学会) を開催させて頂くことになりました。
狭小敷地に建つ、3階建ての住まいです。

15坪の敷地に建つ、建坪9坪、木造3階建ての小さな住まい。
周囲は雑然とした町並みですが、珪藻土や無垢の木、和紙など自然素材でつくられた
光と風が心地よく感じられるシンプルな住まいです。
また、土間やロフト、キッチンなど趣味が楽しめるプランとなっています。

皆様のご参加お待ちしております。  

 

[建築概要] 木造(3階建て、準耐火建築物)
       敷地面積:49.40㎡(14.94坪)/ 建築面積:29.45㎡(8.90坪)/ 延べ面積:73.72㎡(22.30坪)
*工事の経過については、光風舎HP内の「現場レポート」に掲載しています。こちらも併せてご覧下さい。

■ 開 催 日 : 2017年2月18日(土) 13:00 〜 16:00 、19日(日) 11:00 〜 16:00
■ 場   所 : 東京都大田区
■ 交   通 : 京浜急行「大森町」駅より徒歩15分
■ 設計・監理 : 吉原 健一/光風舎一級建築士事務所
■ 構 造 設 計 : 本岡構造設計事務所
■ 施   工 : 江中建設
■ 申し込み先 : 見学ご希望の方はコチラへお申込みください。
         折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
         ※ 氏名・連絡先(住所・電話番号)・参加人数・見学希望日/時間帯をお知らせください。

5月29日|家づくり講座in世田谷 & 何でも相談会


快適で地震に強い家の造り方

そして相続税対策・助成金をしっかりもらう家づくりの方法

 

 今回のセミナーは家づくりギャラリーを離れて、世田谷下北沢でのセミナーです。
実はこの場所、講師の一人U設計室・落合さんの事務所がある建物です。
1階のホールを使ってのセミナーなので、ご希望の方には2階の事務所をご覧になっていただけます!
ちょっと敷居が高いとお感じの方々是非敷居が低い(そもそも敷居がない!)事務所内もお気軽にご覧になってください。

 

 今回のセミナーでは快適で地震に強い家の造り方の実例(新築・リノベーション)そして金融のプロの方からの家づくりの最新助成金・節税・相続税対策の情報もあります。
またセミナー後半には家づくりの疑問にお答えする、何でも相談会も行います。

 

皆さまのご参加をお待ちしています。

 

世田谷家づくり講座&何でも相談会

COS下北沢日 時:5月29日(日) 
    午後1時30分〜4時30分

場 所:COS下北沢1階(世田谷区北沢2-39-6)
    小田急線・井の頭線「下北沢駅」下車 徒歩7分
    当日連絡先:03-3467-6213
講 師:赤沼 修 /赤沼修設計事務所
    落合 雄二/U設計室
    吉原 健一/光風舎一級建築士事務所
    沖野大輔/住宅コンサルタント
参加費:500円(一人/資料・茶菓子代)
    当日会場にて受付
定 員:15人(先着申込順)
主 催:NPO法人 家づくりの会

6月27日|家づくりカフェ @ 市ヶ谷ギャラリー

6月カフェ「小さくても広がりのある家」_吉原

家づくりカフェテーマ

「小さくても広がりのある家」

一般的には約15坪(50m2)以下の狭い土地に建てられた小さな家のことを「狭小住宅」といいます。
特に都市部では、敷地が単に狭小というだけでなく、変形地だったり、密集地にあるという場合も多いものです。
それでも、さまざまな設計の工夫をすれば、敷地の特性を活かした「小さくても広がりある家」を建てることが
可能なのです。
広く余裕のある敷地であれば問題ありませんが、狭い土地で住まいを建てる場合は、視覚的に狭く感じさせない工夫や、
敷地を垂直方向にフル活用する方法などが必要となってきます。
また採光・通風・開放感・収納スペースなど、狭い・小さいが故の欠点を、快適に暮らせるように変える発想の転換も
求められます。
カフェでは、そんな狭小住宅の工夫やアイデアを実例を通して考えていこうと思います。

 

   《話題のエッセンス》
     ■ 敷地を垂直方向にフル活用
     ■ 外部空間をを室内に取り込む
     ■ 効率よい収納スペース
     ■ 家づくり何でも相談 

 

家づくりカフェ@家づくりギャラリー OPEN!
土曜日の午後のひととき美味しいスィーツでお茶をしながら、建築家と家づくりについて深く楽しく学んでみませんか?
いざ家を建てようと思い立っても、巷にはいろんな情報が溢れ何が良いのか迷ってしまいませんか。
カフェでは、建築家が毎回テーマを設け、家づくりについて建て主さんと雑談形式で考えていきます。
建築家と気軽に話せる場であり、おなじ目的を持った建て主さんどうしの情報交換の場でもあります。
“家づくりカフェ”はこれから家を建てようとする人のための少人数制連続プログラムです。
1回だけでも、いつからでも参加OKです。是非ご参加ください。

■店 主 : 吉原 健一 /光風舎一級建築士事務所
■日 時 : 2015年6月27日(土) 14:00~16:00
■会 場 : 家づくりの会ギャラリー
      東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号
      >>アクセスマップ   
■参加費 : 500円/お一人様(お茶とお菓子付き)
■定 員 : 10名様(要予約・先着順)
■申込先 : NPO法人家づくりの会

「久が原の家」子育てを楽しめる二世帯住宅

久が原の家-LD_吉原

キッチンを中心とし、自然素材を使った気持ちの良いリビングダイニング。


二世帯住居の生活スタイルは、昔とは違い随分と多様化してきています。
二世帯とされる理由としては、共働きをする子世帯が増えたこと、将来の親世帯の高齢化を考えて、実家を受継ぎたいなど様々です。二世帯住宅は生活の場が重なることにより、建築費や光熱費などの経済的なメリットがあり、実家の建て替えやリノベーションの場合には、特にその効果が大きくなります。また経済面だけでなく、急な外出や病気などいざという時に、世帯間でサポートし合えるという安心感、親世帯は子や孫と暮らせる楽しみ、子世帯にとっては家事や育児の協力が得られるというメリットがあります。そして二世帯住宅は、いくら親子といっても生活スタイルや趣味の違いがあるので、世帯間の要望をバランスよく、自由な発想でプランに纏めてゆくこと事が重要なポイントとなってきます。
各世帯間のプライバシーを確保し、みんなが集まれるパブリックな場所とそれぞれが落ち着ける居場所を考え、また親世帯が高齢となった場合のバリアフリー対策なども大切です。

 

久が原の家-ロフト_吉原

リビングに繋がるロフトは、子供たちの秘密基地。

「久が原の家」は、もともとご両親が住まわれていた家を、マンション住まいだった子世帯と一緒に暮らすために建て替えた家族6人のための二世帯住宅です。上下階に各世帯をゾーン分けすることにより、お互い気を使わないよう世帯間のプライバシーを尊重しつつも、同居することによって家事・育児が協力でき、さらに将来、介護の面でもサポートし易いように計画しました。
1階は、親世帯のためにスロープや引戸、広い水回りの計画などにより「バリアフリー」に配慮し、趣味の庭いじりも楽しめるプラン。2階はキッチンを中心とし、ダイニング、リビング、子供スペースと繋がる、子世帯が「子育てを楽しめる家」がテーマの住まいとしました。

 

建築DATA

1階床面積 : 78.66㎡(23.79坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 82.81㎡(25.05坪)            両親+夫婦+子供2人、計6人
延べ床面積 : 161.47㎡(48.84坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2015年5月号掲載]

4月25日|家づくりカフェ @ 市ヶ谷ギャラリー

家づくりカフェテーマ

「家を住み継ぐ」

既存の建物を再利用する事に関心が高まっています。
助成制度なども充実してきました。
親世代の家を住み継ぐ。中古物件を購入して、改修したい。今の家を改修したい。
新築か改修か迷いますね。
建て替えちゃった方が安いって聞くけど、、、
改修工事だと、どんな事に費用がかかるの?
安全性は大丈夫?
古い住宅の良さに着目しながら、今、あるいはこれから先のライフスタイルにあう空間について、一緒に話しませんか。
なにか手がかりが見つかるかもしれません。

 

《話題のエッセンス》
  ■ 改修のプラスとマイナス
  ■ 今の家と昔の家
  ■ 家づくり何でも相談

 

家づくりカフェ@家づくりギャラリー OPEN!
土曜日の午後のひととき美味しいスィーツでお茶をしながら、建築家と家づくりについて深く楽しく学んでみませんか?
いざ家を建てようと思い立っても、巷にはいろんな情報が溢れ何が良いのか迷ってしまいませんか。
カフェでは、建築家が毎回テーマを設け、家づくりについて建て主さんと雑談形式で考えていきます。
建築家と気軽に話せる場であり、おなじ目的を持った建て主さんどうしの情報交換の場でもあります。
“家づくりカフェ”はこれから家を建てようとする人のための少人数制連続プログラムです。
1回だけでも、いつからでも参加OKです。是非ご参加ください。

■店 主 : 伊澤 淳子 /一級建築士事務所伊澤計画 + 吉原 健一 /光風舎一級建築士事務所
■日 時 : 2015年4月25日(土)14:00~16:00
■会 場 : 家づくりの会ギャラリー
      東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号
      >>アクセスマップ   
■参加費 : 500円/お一人様(お茶とお菓子付き)
■定 員 : 10名様(要予約・先着順)
■申込先 : NPO法人家づくりの会

4月18日|家づくりカフェ @ 市ヶ谷ギャラリー

家づくりカフェテーマ

「普通の家に住みたい」

特別な要望のある人だけが建築家と家をつくると思っていませんか?
普通の家をオーダーしても良いのです。
いちばん住みやすいのは、なんと言っても『普通の家』だと思います。
家は普段の生活を包むうつわなのですから。
でも人によって普通の基準はいろいろ。
だからなかなか自分の暮らしにフィットした家は見つからないのです。
普通って、実はいちばん難しいのかも知れませんね。
「住みやすい」「暖かく涼しい」「地震に強い」「長持ちすること」等々・・・
そんな当たり前の要望にきちんとこたえる家づくりを一緒に考えてみたいと思います。

 

《話題のエッセンス》
  ■ 自分らしい普通の家
  ■ 家づくりで大切なこと
  ■ 家づくり何でも相談

 

家づくりカフェ@家づくりギャラリー OPEN!
土曜日の午後のひととき美味しいスィーツでお茶をしながら、建築家と家づくりについて深く楽しく学んでみませんか?
いざ家を建てようと思い立っても、巷にはいろんな情報が溢れ何が良いのか迷ってしまいませんか。
カフェでは、建築家が毎回テーマを設け、家づくりについて建て主さんと雑談形式で考えていきます。
建築家と気軽に話せる場であり、おなじ目的を持った建て主さんどうしの情報交換の場でもあります。
“家づくりカフェ”はこれから家を建てようとする人のための少人数制連続プログラムです。
1回だけでも、いつからでも参加OKです。是非ご参加ください。

■店 主 : 丹羽 修 /NLデザイン一級建築士事務所 + 吉原 健一 /光風舎一級建築士事務所
■日 時 : 2015年4月18日(土)14:00~16:00
■会 場 : 家づくりの会ギャラリー
      東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号
      >>アクセスマップ   
■参加費 : 500円/お一人様(お茶とお菓子付き)
■定 員 : 10名様(要予約・先着順)
■申込先 : NPO法人家づくりの会

3月7・8日|「久が原の家」オープンハウス


もともとご両親が住まわれていた住まいを、子世帯と一緒に暮らすために建替えた家族6人のための2世帯住宅です。

 

上下階に各世帯を分けることにより、お互い気を使わないように世帯間のプライバシーを尊重しつつも、同居することによって家事・育児が協力でき、さらに介護の面でもサポートすることがでるような計画としています。
1階は、親世帯のために「バリアフリー」に配慮し、趣味の庭いじりも楽しめるプラン。
2階は、子世帯が「子育てを楽しめる住まい」がテーマの住まいです。

 

工事の経過については、光風舎HP内の「現場レポート」に掲載しています。こちらも併せてご覧下さい。

http://www.koufusha.com/projects/cah/index.html

 

オープンハウスを開催致します。皆様のご参加お待ちしております。

 

■ 開 催 日 : 2015年3月7日(土) 13:00~17:00
           3月8日(日) 11:00~17:00
■ 場  所 : 東京都大田区
■ 交  通 : 東急池上線「久が原」駅より徒歩約10分
■ 構造規模 : 木造軸組み工法。2階建て、2世帯住宅。延べ面積:161.47㎡(48.84坪)
■ 設  計 : 吉原健一/光風舎1級建築士事務所
■ 施  工 : 江中建設
■ 申 込 先 : 見学ご希望の方は下記イベント申込みフォームよりお申込みください。
        折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
※ 氏名・連絡先(住所・電話番号)・参加人数・見学希望時間帯をお知らせください。

阪神大震災の教訓

阪神大震災の木造住宅耐震割合グラフこのグラフは新聞に掲載されていた、神戸大学建築研究室の自らも被災者である藤江徹さんの、論文からの調査データです。阪神大震災は、神戸市では震度7の直下型地震でした。
表を見てみると、神戸市内では当時、旧耐震の木造住宅が約73%と多かったということもありますが、死者が出た木造住宅の98%は、旧耐震基準の時に建てられていたということになります。
(新耐震の住宅は、2%)「生死を分けた要因は、耐震性の強い家に住んでいたか、そうでないかに尽きる」という事実が突きつけられています。
建築基準法施行令の改正によって新しい耐震基準(いわゆる新耐震基準)が施行されたのは、1981年(昭和56年)これ以降に建築確認を受けた建物に対しては新耐震基準が適用されています。
都内には、昭和56年以前の旧耐震基準で建てられていて地震時に構造耐力が足りなく、倒壊など人命に関わる被害を受ける可能性があり、補強等の措置を必要とする建物が数多くあり、速やかな耐震化が重要な課題とされています。
自治体の助成制度もあり耐震診断をおこない補強すれば、新耐震基準まで強度を上げることが可能ですが、なかなか進んでいないのが現状です。
日本で地震が発生しないところはありません。
近い将来、起きるといわれる首都直下型地震では都心の広範囲で震度6強の揺れが想定されています。
住まいの基礎や柱梁などの構造は、耐久性や人命に関わる重要な部分です。
「いま、地震がおきたらどうなるか」を想像して、一人一人が考えないといけない問題です。

 

[家づくりニュース2015年3月号掲載]

10月11日|家づくりカフェ

 

 

10月の「家づくりカフェ」は、

  「町家に学ぶ家づくり」

 

都心で家を建てようとすると、十分な敷地が確保できなかったり、周辺も隣家が迫っていたりと
厳しい条件がいくつも重ってきます。

 

そうした環境の中で心地よい家をつくるには、建築家ならではのアイデアや工夫が必要となってきます。
小さくても広がりのある住まい、光と風を感じられる居場所、限られた場所に豊かな空間をつくる方法とは?
それは、私たち日本人が本来持っている感性や暮らしの知恵の中にヒントがあるのかも知れません。

 

京都町家の知恵や工夫、実例をとおして、豊かに住まう家づくりをわかりやすくお話します。
土曜日の午後、どうぞお気軽においでください。
家づくりのヒントが見つかるはずです。

 

■店 主 : 吉原 健一/光風舎一級建築士事務所
■日 時 : 2014年10月11日(土)15:00~17:00(資料閲覧は13:00より可能です)
■会 場 : 家づくりの会ギャラリー
      東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号
      >>アクセスマップ   
■参加費 : 500円/お一人様(お菓子・飲み物付き)
■定 員 : 10名様(要予約・先着順)
■申込先 : NPO法人家づくりの会
      ※下記申込みフォームから10月9日までにお申込みください。


 「家づくりカフェ」とは?
  土曜日の午後のひととき美味しいスウィーツでお茶をしながら、
  建築家と家づくりについて深く楽しく学んでみませんか?
  いざ家を建てようと思い立っても、巷には情報が溢れ何が良いのか迷っていませんか。
  家づくりカフェでは、建築家や既に家を建てた住まい手がテーマを設け
  家づくりについて雑談形式で考えていく少人数制連続プログラムです。
  建築家と気軽に話せる場であり、同じ目的を持った建主さん同士の情報交換の場であり
  1回だけでも、どの月からでも参加OKです。是非お気軽にご参加ください。

 

 

 

中庭からの心地よい光と風

中庭からの心地よい光と風①_吉原

中庭から見上げる


2世帯住宅が完成しました。
この計画は、長年ご両親と娘さんで暮らしてきた家の耐震診断を行いリフォームするという話から始まりました。

 

中庭からの心地よい光と風②_吉原

エントランスより中庭を見る

いざ診断を行ってみると、耐力が大幅に足りず、設備機器や配管も相当傷んでおり安全な住まいとするには、全面リフォームとなり、新築に近い費用が掛かるという結果となりました。
丁度その頃、社宅住まいの息子さん世帯より一緒に住むことが出来ないかとの話が持ち込まれました。
計画は一変、建て替えて両親と子世帯、計7人が住む2世帯住宅となりました。

 

大家族で住む家は、家族が集まれる場所、それぞれが落ち着ける居場所、程よいプライバシーが必要となってきます。

 

中庭からの心地よい光と風③_吉原

外観

この住宅では敷地中央に中庭を設け各世帯を左右に振り分けています。
そして上下階で家族間の関係を調整することとしました。
以前からこの敷地にあったザクロの木を移設した中庭は、世帯間の中間領域となり、また近隣の視線が気にならないプライベートな外部空間となっています。

 

世帯間の程よい距離感を保ち、各自がお気に入り居場所にも中庭からの心地よい光と風が流れる住まいとなりました。

 

[家づくりニュース2014年8月号掲載]