建築家【 村田 淳 】に関する全ての記事:

井口の家 ~Uさん家の小さな図書館~

井口の家_村田

西の庭へはブリッジから。ベンチの上にはパーゴラを設えてあり、ブドウを絡ませます。


井口の家_村田

図書室から東の主庭を見ています。主木はモミジを選びました。

家族全員の本を一箇所にまとめ、みんなで読めるようにしたい。」
この家には、そんな要望から生まれた大きな本棚のある図書室があります。
本を読むという行為は極めて個人的な行為ですが、一箇所に本をまとめることで、家族間で共通の話題を生むきっかけとなります。分け隔てなく本を選べる環境をつくることで、本を仲立ちとして家族をつなぐ素晴らしい要望だと感じました。

 

この地域は建ぺい率が厳しく(40%)地上部の面積が限られるため、地下を作る必要がありました。2階はお向かいの緑を借景として楽しむリビングで、1階は個室と水まわり、地下は寝室。そして、読書にふさわしい環境と外とのつながりを求めて半地下を図書室にしています。
床面は地面から1.2mほど低いところにあり、天井の高さは3.8mほど。その大きな壁の一面が本棚です。半階下がることで、地面にもぐるような格好となり、適度に囲まれて落ち着いた雰囲気になっています。東西両側はウッドデッキのある庭で、読書の途中でふと上方に視線をむけると、風にそよぐ緑と空が見えるという具合です。庭へはブリッジから自由に行き来できます。


 

デッキの木漏れ日の中で風を感じながら、あるいはソファにゆったりと身をあずけて、時には階段に腰掛けながらなど、その時々の心地よい場所を選んで読書を楽しめるように考えました。

 

建築DATA

地階床面積 : 39.17㎡(11.85坪)           〈家族構成〉
1階床面積 : 50.18㎡(15.18坪)            夫婦+子供
2階床面積 : 52.76㎡(15.96坪)
延べ床面積 :142.18㎡(43.01坪)
構   造 : 木造・地上2階、地下1階建て

[家づくりニュース2015年9月号掲載]

北の緑と半外部空間

北の緑と半外部空間_村田

北の緑(若林の家)

住宅を設計するとき、庭は敷地の南側に計画することが一般的です。南の庭がオープンスペースとなり北側の建物への日照を確保するとともに、きれいな緑を楽しめます。ただ、そのような恵まれた広さの敷地を手に入れるのは、土地取得の費用がかかりなかなか大変です。まとまった大きさの庭が確保できない場合も多いですから、要所に緑を配して、家の各所から緑を楽しめるように意識して設計しています。

 

30坪の敷地に建つこの家は、家族の人数も多く庭はさほど大きく取れませんでした。ですので、小さな緑を分散して配置しています。
写真は、そのうちのひとつ。
北側からアプローチする玄関から道路を見ています。手前にベンチを作りつけたポーチがあって、その向こうが一坪ほどの植栽スペース。そして道路という具合です。南からの陽射しを受け明るく輝く緑が、玄関の扉を開けると目に飛び込んできます。
なかなか素敵でしょう? 
北の緑は、計画次第で魅力的に楽しめます。ここには、魅力的に見えるポイントがもう一つあります。それは、壁や天井に適度に囲まれたポーチが玄関と緑のあいだにあること。このような囲われた場所を半外部空間と呼びます。内と外のあいだに半外部空間があると、より緑を楽しめるようになるのです。

 

[家づくりニュース2015年5月号掲載]

2月15日|「井口の家」オープンハウス

オープンハウス「井口の家」_murata
オープンハウス「井口の家」本棚_murata三鷹市にて計画を進めておりました住宅が竣工します。
お施主様のご厚意によりオープンハウスを行うこととなりましたので、この場を借りてご案内申し上げます。
(写真は竣工に向けてラストスパートをかけている様子です)

 

大きな本棚のある半地下の図書室が、東西両側の庭にスキップフロアでつながります。
視界の開けた2階はリビングで、庭と道路向かいの緑が望めます。
あいにく植栽工事は未完成ですが、皆さまお誘い合わせの上ぜひお越しください。

 

■ 開 催 日 : 2015年2月15日(日) 10:00〜16:00
■ 場  所 : 東京都三鷹市
■ 交  通 : JR中央線・西武多摩川線 武蔵境駅より徒歩16分
■ 構造規模 : 木造 地上2階地下1階
■ 延床面積 : 約43坪
■ 設計監理 : 村田 淳/村田淳建築研究室
■ 施  工 : 幹建設
■ 申し込み先 : 見学ご希望の方はコチラへお申込みください。
         折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
※ 氏名・連絡先(住所・電話番号)・参加人数 を添えてご連絡ください。
 同業の方は所属もお知らせいただけますと幸いです。

4月19日│「府中の家」オープンハウスのご案内

府中の家_村田
府中にて計画を進めておりました住宅が竣工します。
お施主様のご厚意によりオープンハウスを行うこととなりましたのでご案内申し上げます。

 

L型に庭を囲み 緑を楽しむシンプルで穏やかな住まいです。
1階はウッドデッキで庭とつながるLDK 2階は寝室・個室 という27坪の木造2階建て。
本棚のある階段室からは穏やかな光が入り
庭や階段室へと伸びる視線が面積以上の広がりと心地よさを感じさせます。

 

これからは新緑の気持ちのいい季節です。
植栽工事は未完成ですが、皆さまお誘い合わせの上ぜひお越しください。

 

■ 日  時 : 2014年4月19日(土) 11:00〜16:00
■ 場  所 : 東京都府中市
■ 交  通 : 京王線「中河原」駅より徒歩15分
         JR南武線「西府」駅より徒歩20分
■ 設計監理 : 村田 淳/村田淳建築研究室
■ 施  工 : 幹建設

 

見学ご希望の方は下記までご連絡下さい。折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
※ 氏名・連絡先(住所・電話番号)・参加人数 を添えてください。
  同業の方は所属もお知らせいただけますと幸いです。

メールでのお申込みはコチラへ

若林の家

若林の家_室内01

ロフトからリビングを見下ろす。窓の向こうには、ルーバー手すりで囲われたバルコニーと花壇。


密集地に建つ3世代6人家族の住まい。
一般的に、家族の人数に応じて部屋数も増え、各部屋の広さも限られてきます。
特に密集地で斜線制限が厳しい場合は顕著です。
そこで、なにか特別な建築表現や構成を追い求めるのではなく、これまで大切にしてきた通りに、設えや納まりと言った、生活の背景を丁寧に設計することを心がけました。
リビングは採光と通風に優れた2階にあります。
2階リビングの利点は、高い天井をつくれること。
ここでは、切妻屋根のかたちに合わせた船底天井としました。高いところで3.6mあり、ロフトともつながっています。
このように天井を高くすると、実際の面積以上の広がりを感じられるようになります。
リビングの窓先には、背の高いルーバー手すりで囲まれた少し広めのバルコニー。
テーブルと椅子を置ける程度の広さです。
また、屋上緑化システムを使ってつくられた花壇もあります。
好みの草花を植え、ルーバー手すりにはつる性植物を絡ませて緑のスクリーンとなる予定です。

 

家の各所にほどこした設えの一部もご紹介します。
玄関まわりでは、玄関扉やポスト口などを木で一体につくりました。
まとまりのあるデザインとすることで、木や漆喰などの素材をより純粋に楽しむことができます。
内部には同じく木でつくり付けたベンチがあって、差し入れられた郵便はその上に出てくる仕組みになっています。
寝室として使う和室には、障子とは別にガラリ戸を設けました。
夏の夜に窓を開けて寝るための工夫です。
やわらかい光が室内を満たし、揉紙を貼った収納、漆喰壁との相性も良さそうです。

若林の家_玄関

玄関内のベンチ。波板ガラスの下がポスト口になっています。

若林の家_和室

モダンな雰囲気の和室。ガラリ戸は壁の中に引き込むことができます。

 

建築DATA

1階床面積 : 13.78坪           〈家族構成〉
2階床面積 : 18.22坪            夫婦+子供3人+母
ロフト面積 : 6.29坪
延べ床面積 : 38.29坪     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年4月号掲載]

2月11日|「若林の家」オープンハウスのご案内

若林の家_村田
若林にて計画を進めておりました住宅が竣工します。
お施主様のご厚意によりオープンハウスを行うこととなりましたのでご案内申し上げます。

 

32坪の敷地に建つ木造2階建て・6人家族のための住まいです。
限られた規模の中に 造作家具や木・漆喰などの質感のある仕上げを取り入れ
コンパクトですが様々な魅力のある豊かな住宅となりました。
地上の庭とは別に 2階リビングからも身近に緑が楽しめるように花壇も設けています。
植栽工事は未完成ですが 緑が入った状態を想像してご覧頂ければ幸いです。

 

皆さまお誘い合わせの上 ぜひお越しください。

 

 

■ 開 催 日 : 2014年2月11日(火・祝日) 10:30〜16:00
■ 場   所 : 東京都世田谷区
■ 交   通 : 東急田園都市線「三軒茶屋」駅より徒歩15分
    東急世田谷線「若林」駅より徒歩5分
■ 設計・監理 : 村田 淳/村田淳建築研究室
■ 施   工 : 幹建設
■ 当日連絡先 : 当日のご連絡はこちらへ
※ 見学ご希望の方は下記お申込みフォームからお申込み下さい。
  折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
※ 氏名・連絡先(住所・電話番号)・参加人数 を添えてご連絡ください

桜新町・緑庭の平屋

屋上庭園は陽当たりがよく、草花がよく育ちます。写っている花はほとんどがバラ。

新緑のきれいな季節になりました。
街を歩けばあちこちでバラが咲きほこり、丹念に手入れされた様子を見るたびにこの家のことを思い出します。

この家は少し珍しいつくりになっています。
それは、平屋建てでその屋上をすべて緑化し屋上庭園としていることです。

既存の木を配した庭は落ち着いた雰囲気にしました。
大きなガラスでリビングとつながります。正面右手が柿の木。

平屋は、老後の暮らしに向けワンフロアーで生活を完結できるようにしたためで、建て替えの際に以前からあった庭の木を残し、柿の木を中心に落ち着いた雰囲気の庭を眺めて暮らせるようになっています。

屋上庭園を見下ろす。
隣家の2階からも垣間見えるので喜ばれているようです。

そして、ガーデニングがとても好きな施主のために、屋上は好みの草花や木を植えられる庭園に。平屋のため広い屋上になっているので、初めて見る方は公園と錯覚するかもしれません。この屋上が、ふつうの住宅街の中にあります。

竣工時には中木だけを植え楽しみのために余白を残したのですが、その余白もほどなく埋まり今は無数の草花で覆われました。
特にバラの種類は多く、今はどれぐらいの数があるのか設計者の私にも想像がつきません。バラは香りもよく、取材で伺った時には落ちた花びらを拾ってきれいにするのですが、その香りのとてもいいこと、捨ててしまうのがもったいないくらいです。しかし、広くて種類も多い分、手入れの手間もかかります。幸いこの家の施主はその労も厭わず、むしろ楽しんでいるほど。家にいる時間よりも、庭にいる時間のほうが長いこともしばしばだとか。
その様子がとても幸せそうで、街でバラを見かけると、手入れをする姿を思い浮かべるのです。

[家づくりニュース2013年6月号_掲載]

屋上庭園のつくり方

屋上庭園①木造では難しいのですが、鉄筋コンクリート造で家をつくると屋根の上に屋上庭園をつくることができます。単なる舗装ではなく、土を入れて植栽をする屋上のことです。昨今は環境問題や省エネを家づくりの際に大切にする方が多いようです。そのための素材や機器選びも大切ですが、私はこの屋上庭園もよく勧めています。

屋上に土と植物があると、暑い日射による熱が室内に達するのを和らげ(断熱)、緑の蒸散作用は周辺の気温を下げます(微気候の調節)。そして何よりも自然を身近に感じられることは、毎日の暮らしに気づきや楽しみといった彩りを添えてくれます。春の新緑、夏の夕暮れ、秋の紅葉、冬の雪景色。そして屋上は陽当たりが良く湿気も少ないですから、野菜の成育にも最適です。(もちろん、鳥害や水やり不足には注意!)環境にも良し、見ても良し、食べても良しなのです。

屋上庭園で植物を育てるには保水と排水、そして防水の信頼性が大切ですので、メーカーで実績のある部材を使います。そしてその設計で大切なのは、気軽に行けるようにすること。ふと思い立った時にハーブを採りに行ったり、夕焼けを見ながらビールを飲んだり、ちょっとしたことが気兼ねなくできるように動線を計画します。なんだか食べることばかり書いていますが、このようなさりげないことが暮らしの豊かさにつながると思います。

そして、同じ面積で地上に庭をつくる(=その広さの土地を購入する)よりも屋上庭園のコストは断然安いのです!

屋上庭園②

[家づくりニュース2013年4月号_掲載]

12月15日|目黒の家

「目黒の家」内覧会のお知らせ

目黒にて計画を進めておりました住宅が竣工します。
30坪の敷地に建つ木造3階建て3世代の家族のための住まい。
限られた面積の中でリビングや個室など必要な諸室を確保しているため
それぞれの部屋は決して広くはありませんが、いろいろな方向に視線が抜け
面積以上の広がりを感じる明るく穏やかな住宅になりました。
お施主様のご厚意によりオープンハウスを行なうこととなりましたのでご案内申し上げます。
目黒の家_村田 淳

■ 日  時:2012年12月15日(土) 10:30〜16:30
■ 場  所:東京都目黒区(JR目黒駅より徒歩13分・東急目黒線不動前駅より徒歩12分)
■ 設計監理:村田 淳/村田淳建築研究室(渋谷区)
       ※お申込みいただいた方には、後日詳細案内図をお送り致します。
        ご住所・お名前・参加人数を明記の上、お申し込みください。

村田 淳 (» プロフィール)

《浦和の2つの家》
一つの敷地に2軒の家を同時に設計しました。緩やかにつながる庭、庭を望む和室やリビング。そして屋根のかかったカバードデッキ。内と外が気持ちよくつながる家になっています。このつながりは実はとても贅沢なことなのですよ。

  

住まいとは・・・

  心地よくすごせる場所であることが大切です。
  室内が気持ちよく外の風景とつながることや、
  機能的で配慮の行き届いた設計はもちろんのこと、
  快適で永く住むことのできる住宅を目指しています。

「作品紹介」
「親緑日記」
「対話」
「つれづれ」
の四つのブログを展開しています。

2013年6月に彰国社より「緑と暮らす設計作法」が出版されました。
私が設計する際に大切にしていることの一つに、「緑と暮らす」というテーマがあります。事例作品とともに、その思いを綴った一冊です。
ご一読いただければ幸いです。
(彰国社刊「緑と暮らす設計作法」/村田淳 著/定価2,700円+税)

6/30|見学会:浦和の2つの家

浦和にて計画を進めておりました2つの住宅が竣工します。
隣り合う一体の敷地の中にご兄弟で住まわれるこの家は
トップライトのあるカバードデッキやルーフバルコニー
庭に面したデッキ 室内などから庭の緑を楽しめる家となっています。
また どちらの家も太陽熱・夜間の放射冷却などの自然の仕組みを利用したパッシブソーラーシステム「そよ風」を採用しています。
お施主様のご厚意により下記の通りオープンハウスを行なうこととなりました。

ご興味のある方は下記までご連絡下さい。
折り返し 詳しいご案内をお送りいたします。

なお 今回は家づくりをお考えの一般の方が対象です。
同業者の方はご遠慮ください。

日時 2012年6月30日(土) 10:30~16:30
場所 埼玉県さいたま市浦和区
(JR浦和駅より徒歩15分〜20分)

村田淳建築研究室
T/03-3408-7892
E/info@murata-associates.co.jp
HP のお問い合わせフォーム

#来場を希望される方は 氏名・連絡先・参加人数 を添えてご連絡ください

成田東のコートハウス

家と庭の思い出
 この原稿を書いている頃にちょうど桜が満開になり、街は急に華やかになりました。この家の敷地にも以前から桜があり、建て替えにあたり切らずに残しました。もう老木ですがきっと今年もきれいな花をつけたことでしょう。
 初めて敷地を訪れた時のことは今でもよく覚えています。夏の暑い日で、年月を経て大きく育った木々が色濃くあたりを埋め尽くしていました。築50年ほどの平屋と和の趣きをまとった庭。現代の水準からすればコンパクトで時間の流れをまとい風化した佇まいがそこにありました。
 建て替えることで家はまったく新しくなるわけですが、その佇まいのもつ雰囲気や空気感いわば「記憶」のようなものを少しでも残したいという思いは、建て主と共有していたと思います。相談の上、屋根瓦、表札、懐かしいデザインの水栓などに加え、庭の木を選んで残すことになりました。桜以外には松、梅、紅葉などがあり特に松は立派でした。しかし、新しい家の計画にはあいにくの場所に植わっています。いくつかプランを検討した結果、桜だけを残すことに。そうして、ヤマボウシの中庭と桜の庭とがつながるコートハウスになりました。
 この家の近くには緑豊かな公園があります。設計が進むにつれだんだんと緑への関心が強くなってきたご主人は、散歩しながらよく1本1本の木を観察したそうです。竣工後もご自分であれこれと草花を植えて楽しまれています。新しい家に住むようになってご自身の興味の幅も広がったようです。この庭の緑も、きっと長く愛着をもって大切にされることでしょう。

成田東のコートハウスリビングから庭を見る。正面に株立ちのヤマボウシ、左に残した桜の木が見える。
ヤマボウシは上向きに花がつくので、2階からも花が楽しめます。

成田東のコートハウスコンクリートと木の素材感で構成した玄関ホール。
正面には紅葉、右に進むと中庭が目に入ります。