建築家【 白崎 泰弘 】に関する全ての記事:

7月17日|模型をつくってみよう!! @ 市ヶ谷

模型をつくってみよう!!

【ワークショップ】夏休み直前企画

模型をつくってみよう!!

 

子どもは夏休みの自由課題に、大人は趣味の一つに。
建築家が指導のもと、住宅模型をつくってみませんか?
用意するのはカッターナイフと定規だけ。模型材料などは全て用意されています。
自分の好きなカタチをつくることは、プラモデルよりゲームアプリより面白いこと間違いありません!
先着5組様まで。ご参加お待ちしております。

 

<詳細>
予め用意された模型材料を使って、1日で例題の模型をつくります。
模型をつくるだけではなく、先生がプロとして使っている模型材料や道具を紹介したり、
模型をつくるうえでの建築図面の見方などを教えたりします。

 

<時間割> 
10:00〜11:00 建築図面の見方、道具の紹介、模型のつくり方のお手本
11:00〜17:00 演習
(12:00〜13:00 昼休み、15:00頃 お菓子休憩)
自分で作った模型、余った材料は全てお持ち帰りになれます。(模型を入れる袋も当会で用意します。)

 

<当日持参するもの>
カッターナイフ、金尺(または傷がついてもよい定規)

 

<注意事項>
・昼食は各自でご用意ください。近くにコンビニ・飲食店もありますので外出しても構いません。
・カッターナイフを使ったことのない方は模型づくりに参加できません。
(カッターナイフを使用する企画であることを十分に理解したうえでご参加ください。
  安全なカッターナイフの使い方を指導しますが、万が一の怪我等については、当会では責任を負いかねます。)

 

<お申込み>
模型をつくる人の氏名・年齢・連絡先(かつ、複数来場の場合はその人数)を、お申込みフォームに記載してください。
締切は7月12日(火)まで。
ただし定員に達した時点で締め切らせて頂きます。

■講 師 : 白崎 泰弘/シーズ・アーキスタディオ建築設計室
■日 時 : 2016年7月17日(日)10:00~17:00
■会 場 : 家づくりギャラリー
      東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号
      >>アクセスマップ   
■参加費 : 2,000円(模型製作1つにつき)
■対 象 : 10歳以上。小学生は必ず父兄同伴のこと。
■定 員 : 5組(要予約・先着順)
■申込先 : NPO法人家づくりの会

つばさの家 -RC造で実現した開放的空間-

つばさの家-LD_白崎

手前からリビング-ダイニング。雁行配置をしながら、中庭の向うにワークスペースがあります。


敷地は住宅密集地にあり、杉並区の定める地区計画上、耐火構造であることが求められました。
また、近くを通る環状線からの遮音対策も考え、RC造とするのが自然な選択肢でした。

 

つばさの家-外観_白崎

南側テラスから見上げた外観。大きな開口と、2層ある深い庇が特徴。上部のベイマツの軒庇はテラス部分のみならず、南面の間口いっぱいに架けています。

つばさの家-アプローチ_白崎

アプローチ側からの外観。プライバシー保護を目的に、奥に開放的なリビングがあることが判らないようにしています。

RC造の場合、木造と比べて柱間の距離を大きくとることができるので、大らかな生活スタイルの建主にふさわしいスケール感を出すことができます。
また、南面に対し大きな開口を設けて家の奥まで陽光を届け、夏の強い日差しを遮るために深い庇を設けました。
さらには、家の中心に中庭状のルーフテラスを設けて周囲に開口部を設け、そこから下に光を落とす工夫をしています。

 

RC造であることのメリットやオーナーの要望を収斂していった結果、屋根や天井が「つばさ」を広げたような形状となり、大らかな家族を表現するのに相応しいものとなりました。
「つばさ」を仰ぐと、周囲から覗かれる心配なく青空が垣間見え、住宅が密集しているとは思えない「のびやかな」空間に仕立て上げることができたと思っています。

 

建築DATA

1階床面積 : 100.61㎡(30.43坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 63.64㎡(19.25坪)            夫婦+子供2人
延べ床面積 : 164.25㎡(49.68坪)     
構   造 : RC造地上2階建

 

[家づくりニュース2015年12月号掲載]

9月12・13日|建築家の住宅展+家づくり相談会 @ 家具蔵

愉しくなる間取りいろいろ展_白崎

 

《 愉しくなる間取りいろいろ展 》

愉しくなる間取りいろいろ展-02_白崎

 

       家族同士の会話がはずむ場所、家に帰ってきた時“我が家”を実感する場所。
       それは設計者が最初から決めつけるのでもなければ、ただの“がらんどう”
       から住み手が“らしさ”をつくろうと頑張るのでもない。

 

愉しくなる間取りいろいろ展-03_白崎自然発生的に“らしさ”がでてくるのが理想で、そのきっかけを
つくりたいといつも願っています。
家に居ることが愉しくなる場所、家に帰るのが嬉しくなる場所
をつくろうとした間取りを模型や写真・図面を通して伝えよう
愉しくなる間取りいろいろ展-04_白崎という展示です。

 

会場には白崎が待機していますので、お気軽にお声かけ下さい。
       家づくりの相談も併せて受け付けております。
       ご来場をお待ちしております。

 

■ 会   場 :「ハウススタジオKAGURA」
         東京都港区南青山5-9-5(東京メトロ「表参道駅」B1出口徒歩1分)≫ map
■ 日   時 : 9月12日(土)・13日(日) 11:00 ~ 18:00
■ 参 加 費 : 住宅設計展, 家づくり相談共に無料
■ 担当建築家白崎 泰弘/シーズ・アーキスタディオ建築設計室  


家づくりの相談をご希望の方は、下記お申込みフォームよりお名前・連絡先(住所・電話番号)・参加人数を添えてお申込みください。
事前申込みがない場合でも当日お気軽にご相談ください。

収納で差が出るハウスメーカーv.s.建築家

家づくりHowTo-キッチン_白崎ハウスメーカー? 建築家? で迷っている方に、こんな見方もしてもらいたいと思います。
よく「建築家=オーダーキッチン」という図式で思われがちです。確かに建築家の住宅でオーダーキッチンを見かける例が多いと思います。ですが、キッチンの周りにも目を向けて下さい。ハウスメーカーでは、収納家具はお客様が自分で市販品を購入してくるか、既製品の収納家具を据え付けることが殆どです。建築家はというと、オーダーキッチン以上に、造り付け収納とすることが多いです。
理由は、スペースを無駄なく使えるキッチンのインテリアデザインに統一感が出る等が主なのですが、コストを抑えられる場合も少なくありません。
家具のコストは、「既製品 > 現場に入る家具屋さんの造り付け家具」となります。
これは大量生産なのか一品ものかの違いによるものですが、実は、一式を家具工事にするのではなく、棚は大工さん、扉は建具屋さんと工事分けをすると、既製品よりも安く済ませることが可能。一番安いのはオープン棚で、建具工事なしということになります。扉も枚数を少なくすればその分だけ安くなります。ただし、気をつけたいのは引出収納です。引出は家具屋さんでないと難しく、収納量の割に高くついてきます。そのバランスを見ながら、建築家は提案していきます。ハウスメーカーは設計をしないので、既製品を選ぶだけになります。

 

雑誌やネットで設計者選びをするとき、収納をどうしているかにも注目してみて下さい。

 

[家づくりニュース2015年9月号掲載]

7月4日|家づくりカフェ @ 市ヶ谷ギャラリー

 


家づくりカフェテーマ

「要望の伝え方と間取りのカンドコロ」

間取りは、一見誰にでも出来そうです。
実際に、依頼主がご自分で描いてこの通りやってくれと言う人もいます。
その逆に、欲しい部屋数だけを伝えれば、後は、設計者がたちどころに間取りを描いてくれると思う人もいます。

 

部屋数だけを伝えられても家族の特徴が判らないので、建売り住宅のような間取りしか描けず、ご自分で描いたものをこの通りにと言われても、そのスケールはイメージ通り?大事にしたい優先順位は?となりがちです。

 

限られた予算と敷地、その中で要望を実現するのは、とても難しいものです。
要望の本質を汲み取りながら、どの部分を無駄と判断して減らし、どこに面積・予算を充てていくかなど、これはやはり建築家の仕事です。

 

今回のカフェでは、そういった実際の要望と間取りが出来ていく過程を実例で紹介してみたいと思います。


 

家づくりカフェ@家づくりギャラリー OPEN!
土曜日の午後のひととき美味しいスィーツでお茶をしながら、建築家と家づくりについて深く楽しく学んでみませんか?
いざ家を建てようと思い立っても、巷にはいろんな情報が溢れ何が良いのか迷ってしまいませんか。
カフェでは、建築家が毎回テーマを設け、家づくりについて建て主さんと雑談形式で考えていきます。
建築家と気軽に話せる場であり、おなじ目的を持った建て主さんどうしの情報交換の場でもあります。
“家づくりカフェ”はこれから家を建てようとする人のための少人数制連続プログラムです。
1回だけでも、いつからでも参加OKです。是非ご参加ください。

■店 主 : 白﨑 泰弘 /シーズ・アーキスタディオ建築設計室
■日 時 : 2015年7月4日(土) 14:00~16:00
■会 場 : 家づくりの会ギャラリー
      東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号
      >>アクセスマップ   
■参加費 : 500円/お一人様(お茶とお菓子付き)
■定 員 : 10名様(要予約・先着順)
■申込先 : NPO法人家づくりの会

11月8日│「山王の住居」オープンハウス

 

このたび、お施主様のご厚意によりオープンハウスを開かせて頂くことになりました。

 

昨年の年末に相談を受け、今年の春から設計を進めていた、RCマンションのスケルトンリフォームした住まいです。

 

最上階であることを利用し、マンションでありながら天井の有効利用に努めた計画です。

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 [見学にあたって]
  ・マンション内に駐車スペースはありませんので、電車をご利用ください。
  ・お引渡し直前であり、他の住戸に居住者もいます。申し訳ありませんが、小さなお子様はご遠慮ください。

■ 開 催 日 : 2014年11月8日(土) 13:00~17:00
■ 場   所 : 東京都大田区(JR大森駅より徒歩12分)
■ 設計・監理 : 白崎 泰弘/シーズ・アーキスタディオ建築設計室
■ 申し込み先 : 見学ご希望の方はコチラへお申込みください。
         折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
        ※ お名前・連絡先(住所・電話番号)・年齢・参加人数・見学希望日/時間帯 を添えてください。

リビングの小上がり空間

リビングの小上がり空間_白崎リビングの中に、小上がりの畳スペースが欲しいという方がよくいらっしゃいます。
リビングは概ねフローリングですから、ごろっとしようと思うと畳が欲しくなるわけです。
「リビングは洋風、畳は和風」。
思慮深い人は、ちぐはぐと思って、設計者に言い出せずじまいになることも多いように思います。
でも、畳の色を、リビング全体の色調にあわせるという方法があります。
私の場合、ダイケンというメーカーの畳表(たたみおもて)を使っています。これはイグサではなく、天然和紙に顔料を練り込んで樹脂コーティングをしたもので、足触りも良く、イグサのような褪色はしません。さらに縁なし畳にすれば、モダンな空間に似合った床材になります。

 

次に上がり框の部分ですが、ヒノキやスプルスを使うとその部位だけで和風になってしまいます。やはり、全体の調子にあわせて染色するのがよいと思います。
私はこの場合、色を乗せやすいタモ材を使っています。
また、「小上がりの下を収納に」と考えがちですが、あまり期待しないでください。
確かに床下を有効に使う一つの方法ですが、框の下に105ミリ角の大引が入ってくるので、意外に底の浅い収納しか取れません。その割には大工手間が高くつきますので、具体的な収納イメージがない限りコスト優先で、引出し収納は無しでもいいのではないでしょうか。

 

[家づくりニュース2014年9月号掲載]

桜川の家

2階のLDK。東側の通りに向かって大きな開口を設けているのが特徴。


公園の近くに2世帯の住宅をつくりました。
依頼を受けたのは息子さんからで、大学で建築を専攻していたといいます。

 

その彼から最初に言われたことが
「完全別居の2世帯です。
 玄関を行き来するぐらいはいいのですが、互いのプライバシーを大事にした作り方にしてくださいね。」
建築家という人たちは、建て主さんが望んでいないことでも「こうしたらどうですか?」とサプライズ提案を出すことがあるのを知っているからなのでしょう。

 

設計工期の短い中で時間を無駄にしたくないという思いから、初対面の私に対して、念押しされたのだと思います。

工事の進行中、現場をしょっちゅう見に来ていたお父様。
「1階のうちのほう暗いんじゃないかなぁ。
 息子たちのほうって2階で明るいよね。
 孫の世話は上でやることにするよ。
 息子のところは24時間空調だし、息子たちの留守番でちょうどいいからさ。」

 

法規上の採光計算はやっているので、そう滅多な事はないのですが、周りの状況によっては思った以上に暗く感じることもあります。
仮囲いシートがはずれる前とはいえ、私も内心、どきどきでした。

 

1階のLDK。手前の掘炬燵のあるところが仏間兼居間。
奥にキッチンとダイニング。

工事の終盤に入って仮設シートがはずれたとき、1階にはしっかり光が入り込み、お父さんの心配は払しょくされました。
もちろん、2階はもっと明るい状態。

 

つい先日伺ったら、一家団欒の食事は、お母さんとお嫁さんが交互に作り、1階で食べたり2階で食べたりしているのだそうです。
互いが本当によく行き来しています。

 

それだけ仲が良いのだったら、お互いの領域をもう少し絡ませても良かったかも知れませんね。

 

建築DATA

1階床面積 : 97.25㎡(29.42坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 101.65㎡(30.75坪)           両親+夫婦+子供2人
延べ床面積 : 198.90㎡(60.17坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年5月号掲載]

3月16日|「上板橋の家」 OPEN HOUSE

「上板橋の家」 OPEN HOUSE_白崎

 

板橋区で工事を進めております住宅が間もなく完成します。

 

2世帯のための住宅ですが、北海道地域の最高等級4クラスの断熱性能と気密性を高めることによって、

 

省エネ空調だけでなく、リビングも子供室もひと続きとなった開放的な空間をつくることができました。

 

このたびは、お施主様のご厚意によりオープンハウスを行うことになりましたので、下記の通りご案内いたします。

 

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

■ 開 催 日 : 3月16日(日) 11:00〜 16:00              [設計概要]
■ 場   所 : 東京都板橋区                         構造   : 木造2階建て
■ 交   通 : 東武東上線「上板橋」駅より徒歩7分              敷地面積 : 247.15㎡
■ 設計・監理 : 白崎 泰弘/シーズ・アーキスタディオ建築設計室        延床面積 : 198.90㎡
■ 施   工 : 江中建設
■ 当日連絡先 : 090-6502-9109(白崎)
  ※ 見学ご希望の方は下記お申込みフォームからお申込み下さい。折り返し詳しい案内図をお送りいたします。

お申込みはこちらへ

9月21日|出張ミニ講座『間取りのカンドコロ』

『間取りのカンドコロ』
出張講座 in KAGURA

無垢材家具の直営ショップ「家具蔵」のスタジオをお借りして、白﨑泰弘/シーズ・アーキスタディオがミニ講座を行います。「家具蔵」のショールームを覗きがてら、お気軽にご参加ください。

「間取りのカンドコロ」
間取りは、一見誰にでもできそうです。
一方で、建築家に依頼すると魔法のようなプランができてくると思う方もいらっしゃいます。
限られた予算と敷地、その中で希望を実現するのは実は難しいものです。
どの部分を無駄と判断して減らし、どこに面積・予算を充てていくかなど、これはやっぱり建築家の仕事なのです。
今回のセミナーでは、そういったカンドコロを私の実例で紹介してみたいと思います。

■ 会 場 : 「ハウススタジオKAGURA」
       東京都港区南青山5-9-5 
       (東京メトロ「表参道駅」B1出口徒歩1分))≫map
■ 日 時 : 9月21日(土曜日)11:00 ~ 13:00
■ 講 師白崎 泰弘/シーズ・アーキスタディオ建築設計室    
■ 参加費 : 無料
■ 定 員 : 6名(要予約・先着順)
■ 申込先 : 家具蔵・表参道店(担当:三上純司)
      TEL.03-3797-1700
      E-mail:ask@kagura.co.jp

4月28日|「杉並の家」オープンハウスのお知らせ

杉並の家・外観

この度、お客様のご厚意により、オープンハウスを行うことになりました。

快活なご家族にふさわしい、のびやかな空間であること、
住宅密集地であっても明るい空間になっていることを心がけたRC造の住宅です。

GWの最初の日曜日、是非お越しください。

 

■日  時:2013年4月28日(日) 12:00~16:30
■会  場:東京都杉並区
■交  通:JR線「荻窪駅」から徒歩約15分程度
      お申込みいただいた方に詳しい案内をお送りします。
     (車でのお越しはご遠慮ください)
■設計監理:白崎泰弘/シーズ・アーキスタディオ建築設計室
■施  工:株式会社栄伸建設
■当⽇連絡先:090-6502-9109(白崎携帯)

※見学ご希望の方はお名前・ご住所・参加人数を明記の上、
 下記お申し込みフォームよりお申し込み下さい。追って案内図をお送りします。

亀戸の家

亀戸の家

キッチン上部の開口から屋上コートテラスの様子が見える


亀戸の家02

家の中心にある階段がパパの居場所

都心にたつ狭小住宅。 

敷地面積17坪・防火地域という条件に加え、3階建てにしたいという施主の要望から、木造耐火建築物として設計することになりました。木造耐火建築物とするためには、外壁の耐火性能はもちろんのこと、内部も木の軸組をすべて総厚42ミリの石膏ボードで覆わねばなりません。設備配管も、耐火被覆した構造体の外側に追い出す必要があり、通常の木造より内々の寸法が随分減っていってしまいます。

厳しい条件下で救いだったのは、敷地の両隣が旗竿敷地で、その竿部分で採光が取りやすかったことです。三方向から光を入れることができ、「どの時間帯でも暗くならないのが嬉しい」という感想をお施主様から頂戴することができました。

亀戸の家03

周囲の視線を避けつつ、いろんな方向から光を取り入れる

この家の最大の特徴はキッチンの空間です。家事をしながらプレイルームとなっている子供室の確認ができ、かつ、上を見上げれば屋上のコートテラスも確認できる高窓があります。家の内外を見渡せる空間構成は、幼児をかかえた家事のストレス軽減につながりますただ見渡せるだけではなく、空間にいろんな方向から光が入りこむこと、視線の抜けが出来ていることは、大らかなご家族にうまくマッチングしたのではないかと思っています。

 

建築DATA

1階床面積 : 38.50㎡(11.65坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 39.01㎡(11.80坪)           夫婦 + 子供2人 + 犬一匹
3階床面積 : 20.53㎡(6.21坪)
延べ床面積 : 98.04㎡(29.66坪)    
構   造 : 木造3階建て

[家づくりニュース2013年4月号_今月の家_掲載]