建築家【 菊池 邦子 】に関する全ての記事:

4月11〜16日|リノベーション窓口 @ 世田谷美術館

「直して住む。」住宅展

「直して住む。」住宅展
〜 建築家と考えるこれからの住まい 〜
2017年4月11日(火)→ 16日(日)

 

IRMとは…家全体を直す「フルリノベーション」から、部位や耐震などテーマごとに「あるあるいろんな事例」まで、
直して住む、これからの住まいのヒントを展示します。

 

IRMとは…期間内は、耐震診断士や住宅医など、豊富な知識と経験のある
NPO法人「家づくりの会」の建築家メンバーが説明します。

   [参加メンバー] 赤沼修伊澤淳子落合雄二小野育代菊池邦子倉島和弥杉浦充
            福田隆一田中ナオミ古川泰司松澤静男丹羽修吉原健一


4月23日(日曜日) 14:30〜16:00
     家づくりギャラリーにてセミナーを開催します

  

テーマ  「建て替え?リノベ? 判断の分岐点」

(担当:落合 雄二/U設計室)>>>詳細は4月23日|ミニ講座 @ 市ヶ谷をご確認ください。

 

  ■ 会 期 : 2017年4月11日(火)→ 16日(日) 10:00〜18:00
         (入館は閉館30分前まで。 初日は13:00〜、最終日は〜16:00まで)
          入場無料世田谷美術館_アクセスマップ

  ■ 場 所 : 世田谷美術館・区民ギャラリーB
         (世田谷区砧公園1-2) 

  ■ 交 通 : ●東急田園都市線「用賀」駅
           美術館行バス「美術館」下車 徒歩3分/
          「用賀」駅より徒歩17分
          ●小田急線「成城学園前」駅
           渋谷駅行バス「砧町」下車 徒歩10分

ガラスを楽しむ

ガラスを楽しむ-01_菊池

改修を手掛けた昭和8年竣工の洋館付き住宅の出窓。結霜ガラスは当時のもの。上部に新たにダイヤガラスを入れ、当時の姿に復元。


日本ではじめて窓ガラスが採用されたのは長崎・出島のオランダ商館だそうですが、私たちの住まいに窓ガラスが登場したのはそんなに昔ではありません。
今では当たり前の板ガラス(製法からフロートガラスと呼ばれます)も、一般に普及しはじめた大正〜昭和初期にかけては均一な厚みや大きいサイズのものは製造できませんでした。
ガラスを楽しむ-02_菊池

書斎を寝室に変更。引き戸にダイヤガラスを入れた。「お日様の動きでキラキラ光って・・・ダイヤモンドみたいです。だからダイヤガラスっていうでしょうね。」と奥様。

戦前の住宅のガラス戸が桟で細かく分割されている理由です。

 

現在のような均一な厚みのガラスが量産されるようになったのは、昭和39年に英国ピルキントン社の製法が導入されてからだそうです。
その間、透明な板ガラスの他に様々なガラスが使われました。
代表的なものは結霜(けっそう)ガラスダイヤガラスでしょう。
型ガラスが登場するまで、大正〜昭和初期に流行しました。
特に洋館付き住宅の出窓などには趣向を凝らしたデザインのものが見られます。
結霜ガラスはすりガラスの表面に膠(にかわ)を塗り、膠が乾いて収縮する時にできる模様が霜のように見えるためこの名前がつきました。
ダイヤガラスは板ガラスの表面に凸凹のカットを入れたものでいろいろな角度からの光でキラキラ輝きます。
最近の住宅ではLow−E(遮熱・断熱・UVカット)や防犯ガラス等、機能を優先するガラスが主流になってきましたが、一方でレトロなガラスの懐かしさに引かれて需要もあり、生産されています。
建具などに入れると楽しむことができます。

 

ただ、なぜか昔の味わいとちょっと違うのは手仕事と機械仕事の違いかもしれません。

 

[家づくりニュース2015年11月号掲載]

5月23日|家づくりカフェ @ 市ヶ谷ギャラリー

耐震リフォーム実例_5/23cafe_菊池+落合

▲写真:耐震リフォーム実例


家づくりカフェテーマ

「住み継ぐ家をつくる」第2弾

長く住み続けるためにはまず安心・安全であること。
4年前の東日本大震災以後高まる大規模地震発生への備え。
今注目され始めているのは 昭和56年6月以降〜平成12年5月までの耐震性です。
昭和56年6月の建築基準法改正もそれ以前に比べると構造面で大きな改正でしたが、平成12年6月の改正は
さらにそれを進めた改正で、その間に竣工した建物は耐震性の再チェックが必要になってきています。
我々が設計した住宅も耐震診断をして補強改修するケースが出てきています。
また、断熱性能を上げた温度差の少ない室内空間づくりも健康と省エネ・エコには大切です。
   どんなところが変わったのか? 
   どのように対処すれば良いか? 等々
実例をもとに耐震診断士でもある私達がお話させて頂きます。

 

   《話題のエッセンス》
     ■ 平成12年の建築基準法改正
     ■ 耐震改修工事はどの位かかる?
     ■ 断熱性能を上げるには?
     ■ 家づくり何でも相談 

 

家づくりカフェ@家づくりギャラリー OPEN!
土曜日の午後のひととき美味しいスィーツでお茶をしながら、建築家と家づくりについて深く楽しく学んでみませんか?
いざ家を建てようと思い立っても、巷にはいろんな情報が溢れ何が良いのか迷ってしまいませんか。
カフェでは、建築家が毎回テーマを設け、家づくりについて建て主さんと雑談形式で考えていきます。
建築家と気軽に話せる場であり、おなじ目的を持った建て主さんどうしの情報交換の場でもあります。
“家づくりカフェ”はこれから家を建てようとする人のための少人数制連続プログラムです。
1回だけでも、いつからでも参加OKです。是非ご参加ください。

■店 主 : 菊池 邦子 /テリトプラン + 落合 雄二 /U設計室
■日 時 : 22015年5月23日(土) 14:00~16:00
■会 場 : 家づくりの会ギャラリー
      東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号
      >>アクセスマップ   
■参加費 : 500円/お一人様(お茶とお菓子付き)
■定 員 : 10名様(要予約・先着順)
■申込先 : NPO法人家づくりの会

求められている 建築士による耐震リフォーム

耐震リフォーム_04

[リフォーム前]リビングから庭に出られない窓の造り

ここ数年、少子高齢化が進行、既存住宅数は世帯数を超え、空き家が問題になり、新築住宅着工件数は長期的には減少傾向にあります。
このような住宅事情の中で、国は既存住宅のリフォームに力を入れ、様々な助成制度も展開しています。
特に3年前の震災以降、耐震性を高めていくことが強く打ち出されました。
昨年秋には昭和56年5月末以前に着工された利用者多数の施設等や緊急輸送道路沿道の対象となる建物の耐震診断の義務化や耐震補強への助成が決められました。

 

耐震リフォーム_03

リビングに庭へ出られるテラス窓を設置。
奥にはご主人用の4.5帖の和室

すでに同時期の木造住宅の耐震診断・補強に対しては助成行われていますが、現在、課題になっているのは昭和56年5月末以降に建てられた在来工法木造住宅です。
構造に関して昭和56年に基準法の大きな改正がありましたが、その後、平成12年の改正で地震力に耐える壁の配置バランスや構造材の継ぎ手や仕口・金物が詳細に規定されたため、この間に竣工した建物には耐震強度不足が懸念されているからです。

 

まだ助成制度等は見られませんが、今後、この間の住宅の耐震補強の必要性も検討されていくことでしょう。

 

耐震リフォーム_01

(左写真)ダイニング横の茶の間を無くし、収納も確保した、広いリビングダイニングに/(右写真)階段室とダイニングの吹き抜けの壁を撤去して、風の通る吹き抜けに改造

昭和53年竣工の中古住宅を購入し、10年住んでから、子供達の成長に合わせて耐震リフォームしT邸。間取りも大きく変えました。

 

長年住んだ家では家族構成の変化や設備性能の向上などでリフォームを考える家庭も少なくないようです。
こうしたリフォームに合わせて耐震補強をすることをお勧めします。
表面の改修だけでなく、骨組みから丈夫にするには、現在の建物の状態を充分に調査して、適切な耐震設計をすることが基本になります。
それには新築以上に積み重ねた知識や経験が必要になります。
耐震リフォーム設計への建築士の関与は今後ますます求められて行くと思います。

 

[家づくりニュース2014年6月号掲載]

北側の眺めを楽しむ家

北側の眺めを楽しむ家01

リビングからキッチンのテラス戸を通して北側の緑と空が見える。


北側の眺めを楽しむ家02

寝室は屋根勾配にあわせた登り梁天井。高い天井とロフトで広がりと収納を実現。

 設計にあたってMさんが心配されていたのは、今の土地の広さで大人4人が住める家ができるものかどうか、ということでした。敷地は高台の住宅地の一角。第一種低層住居専用地域で建ペイ率40%、容積率80%の条件は確かにそんなに余裕はありません。しかも北側は急傾斜地崩壊危険区域に近接。その変わり眼下に広がる町並みを遠くまで見通すことができて気分爽快な眺めです。
そこで設計の常套手段とも言える、床面積に算入されない地下の部屋やロフトを造ることで、少しでも広くすることにした結果40坪強の面積になり、家族一人一人が自分の居場所になる部屋を持つことができました。その分リビング・ダイニングや玄関は面積を切り詰めました。南北に長い敷地のため、間取りも敷地形状に準じて南北方向を軸に計画し、リビング・ダイニングからキッチンはワンルームで視線が南の庭からキッチンの外の北デッキまで抜けるようにしました。
北側の眺めを楽しむ家03

窓からの眺めだけでなく床の段差ゼロ、引き戸でバリアフリーの浴室に。
引き戸の前に特製タイル掛け。

南側は住宅に囲まれた袋状の私道に面しているため、南側からは日差しを取り入れ、視界は空が広がる北側を主に考えました。Mさんも北側の眺めが気に入っていて、そこに広いデッキを造ることが家づくりに当たっての夢だったので、それを実現しました。

 デッキに面した浴室も好評です。設計当初、浴室はユニットバスしかできないと思われていたMさんでしたが、北側の景色を見ながら湯船に浸かれる浴室もできることが分かったので、既存のタイル張りの浴室を造ることになりました。
そこで苦心したのが、浴室配管の点検方法の確保です。この住宅は長期優良住宅の補助制度を利用していたので、そのための必要条件を満たさなければなりません。維持保全にあたって定期点検ができるようになっていなければならなのです。ユニットバスなら簡単ですが従来の施工方法では工夫が要ります。何とか点検口を造りましたが、住宅設計に当たって、これからますます維持保全に関しての配慮が必要になってくることを感じました。

建築DATA

1階床面積 : 52.9㎡             〈家族構成〉
2階床面積 : 52.9㎡             夫婦 + 娘家族2人
延べ床面積 : 106.0㎡(32.0坪)地下・ロフト面積を除く     
構   造 : 木造軸組工法2階建て+地下1階

[家づくりニュース2013年4月号_今月の家_掲載]

菊池 邦子 (» プロフィール)

家は、なによりも健康的で安全であることです。
家は、住む人にくつろぎと活力を与えてくれる空間です。
老人に優しく、子供に気を配った住まい、
そんな家ならば、私たちにとっても快適です。

《浴室のバリアフリー改修》
「できるだけ自宅でお風呂に入りたい」という要望で実施したバリアフリー改修。
浴室を半畳広くして、シャワー浴用の「シャワードバス」を設置。浴室の二方向に出入口を設けて介護時に使い易い動線になるよう計画しました。

ブログ「andrea と pomodoro」

  

甦った建具

東日本大震災以来、耐震診断調査や耐震補強工事が大幅に増えています。
お住まいに伺い、建物の構造や地震に耐えるための造り方などを説明していると、これは安全な建物の知識の普及活動でもあると感じています。
 この春で、洋館付き住宅の保存修理工事がやっと完了になります。修理の話が出たのは8年程前です。それから実測調査や登録有形文化財への登録、登録有形文化財建造物修理補助事業の実施と続き、慣れない書類と現場監理で気の抜けない日々でした。
 その間にお隣の洋館付き住宅は解体されて5件の住宅メーカーの分譲住宅に様変わりしました。横浜市内には和風住宅の玄関脇に尖り屋根の一間洋館の付いた家がまだ所々に残っています。この家は昭和7年竣工。今年で80歳になります。当時、土地探しに訪れたアメリカ帰りの先代が、素敵な洋館付き住宅を見て、その隣に同じような家を建てたそうです。
 創建当時からのお付き合いで、お隣が解体される時に、その家の建具を譲り受けました。5年前の事です。猫間障子や腰付障子、源氏襖、透かし彫り付ガラス戸等、今では珍しくなった建具が沢山ありました。ガラス戸は結霜(けっそう)ガラス入り。その中の透かし彫り付ガラス戸を、今回の工事で新しく設けた出窓洗面コーナーに再活用しました。元は4枚一組で洗面所に使われていましたが、スペースの都合で2枚をはめ込みました。建て主のTさんは、子供の頃からお隣に通ってあこがれていた洗面所の雰囲気が再現できたと喜ばれています。昔の建具は素材が良くしっかり造られているだけでなく、記憶を封じ込め、呼び覚ましてくれる役目も果たしているようです。

甦った建具_正面外観_菊池 邦子
洋館付き住宅正面
今回の工事でコロニアル葺きだった洋館の屋根を創建当時のフランス瓦に葺き替えました。
棟飾りにはナツメヤシ(Palm)を象った洋館の象徴とも言えるパルメット瓦が付きました



甦った建具_洗面出窓_菊池 邦子
出窓洗面コーナー
水鳥の透かし彫りのある摺ガラス戸を再活用。あこがれの洗面所と同じように10センチ角のタイル張りです。



甦った建具_結霜ガラス_菊池 邦子
結霜ガラス
明治から昭和初期に流行した装飾ガラスの一種。
乾燥前に膠(ニカワ)を塗布し、膠の強い収縮に伴って表面も引っ張られることで霜のような模様が付きます。今回は洋館の出窓欄間
に長年欠けていた結霜ガラスを大正時代のものを探してきて取り付けました。

耐震補強の方法

耐震診断の評点結果が1.0を超えた場合は「倒壊の恐れがない」という判定です。
これは建物に亀裂や不具合は生じても生命に危険はないというものです。この判定で想定されているのは阪神大震災のようなマグニチュード7以上の強さの地震が襲った時です。3月11日の東日本大震災後、耐震診断を依頼されることが多くなりましたが、その時、「揺れたんですが、物は一つも落ちなかったんですよ」という言葉を良く聞きます。これは今回の地震は揺れの周期が大きく、直下型のような強さでなかったからです。これで安心して耐震対策は必要なしと考えず、我が家の耐震力を知って頂き、耐震補強について関心を持って頂きたいと思います。
では、耐震補強はどのように行うのでしょうか?
工事の事を考えると面倒な思いが先に立ってしまいますが、補強工事は住みながら、建物の外側からだけでも工事をすることができます。もちろん、工事に際しては耐震設計が重要です。筋交いを入れたり、金物をたくさん付ければ良いというものではありません。耐震強度をどのくらいにするかも判断基準です。既存の住宅で「倒壊しない」という評点の1.5まで補強することはかなり難しいことです。耐震設計は、どこをどのように補強すればよいか、その費用対効果を見極めながら計画を立てていきます。
写真は外壁からの補強を重点的に行った事例です。住みながらの補強です。設計で屋内にも耐力壁が必要になったため、2箇所に入れました。地震の力を受けるのは耐力壁ですが、その力を受ける基礎もしっかりしたものでなければなりません。昭和40年代以前の建物は基礎に鉄筋が入らない無筋コンクリートの基礎がほとんどなので、基礎の補強も必要になってきます。
事例の家の補強工事には2ヶ月強かかりました。

外壁を剥がし、筋交いと金物を入れました。

昔の基礎に付けて新しい鉄筋入りの基礎を造りました。補強後の基礎です。

バリアフリー改修と耐震

昭和の頃の住宅は今よりも畳の部屋が多くて、廊下があり、キッチンや浴室、トイレは北側にある間取りが一般的でした。廊下と畳の部屋の界は敷居で区切られていて、3センチ以上の段差があるのが常です。耐震診断に伺うお宅のほとんどがそういう造りです。
住人が高齢になるとこの3センチの段差が家での転倒の原因になります。車椅子を使う様にでもなれば、5ミリの段差も移動に支障をきたすことがあります。
そこで、段差解消や手すりの設置などのバリアフリー改修をすることになります。が・・・・、バリアフリー改修=手すり、段差解消ではないはずです。
段差をなくして、安全な移動を保証することは基本にありますが、それと同時に加齢に伴う暮らし方にも適した間取りやスペース造りを行うことが大切だと思います。その時には設計者の経験が必要になります。
既存の家を間取りから変えようとすれば、既存の壁を取り払ったり、新しい柱や梁を補強したりすることが生じます。
バリアフリー改修によって耐震性を低下させるような事がないように、改修計画を立てる時には、耐震補強も行う事を忘れてはいけません。もし、耐震診断を受けていない場合は、是非、受けられてから改修計画に掛かることをお勧めします。
事例は将来車椅子になった時も自宅で、出来るだけ自分で行動できるようにしたい、という思いでバリアフリー改修をされた家です。
廊下とトイレの床には16センチの段差、浴室の床も10センチの段差。もちろん廊下と畳みの部屋には3センチの段差がありました。そこをすべてフラットにしました。浴室はユニットバスに変えて段差の無い3本引き戸。居間、食堂、廊下、洗面脱衣室が回遊できる間取りに大きく変わりました。
部屋出入り口や廊下幅も広げて、スムーズに動けるようにしました。

バリアフリー改修と耐震_改修前後のトイレ
バリアフリー改修と耐震_回廊型の洗面脱衣室
写真は改修前後のトイレ、回廊型の洗面脱衣室

仲間と演奏を楽しめる家

 多摩川の河岸段丘の地形が残るあたりに竣工した家です。敷地には高さ1.7メートル強の玉石積みの段差がありました。上段からは周囲の木々や畑、建物が見渡せる気持ちの良い環境です。この眺めをいかした家づくりがしたい、というのが建て主さんの希望でした。  
 もう一つの大事な要望は音楽室。以前から音楽仲間が集まって演奏をしているので、新居を造るに当っては、仲間が気兼ねなく出入りして演奏ができる音楽室兼ご主人の居場所を造ることでした。
 敷地のほぼ中央に走る玉石積みは、計画に当たっては厄介な存在です。実際、住宅メーカーの提案はそれを崩して平坦な敷地に計画されていたそうです。でも、現場に立ってみると、玉石積みはなかなか風情があり、この土地の歴史を感じられるものでした。そこで、玉石積み存続を前提に計画を進めました。

仲間と演奏を楽しめる家
竣工後の外観。門柱や植木が加わりました。

仲間と演奏を楽しめる家
東南の眺望を楽しめるリビング。       リビングに面した茶の間。
斜め天井と出窓が広さをプラス。       畳面を21センチ上げてリビングと繋がり
                      ながらも和室の雰囲気を持たせる。

仲間と演奏を楽しめる家 1階の音楽室。