建築家【 赤沼 修 】に関する全ての記事:

4月11〜16日|リノベーション窓口 @ 世田谷美術館

「直して住む。」住宅展

「直して住む。」住宅展
〜 建築家と考えるこれからの住まい 〜
2017年4月11日(火)→ 16日(日)

 

IRMとは…家全体を直す「フルリノベーション」から、部位や耐震などテーマごとに「あるあるいろんな事例」まで、
直して住む、これからの住まいのヒントを展示します。

 

IRMとは…期間内は、耐震診断士や住宅医など、豊富な知識と経験のある
NPO法人「家づくりの会」の建築家メンバーが説明します。

   [参加メンバー] 赤沼修伊澤淳子落合雄二小野育代菊池邦子倉島和弥杉浦充
            福田隆一田中ナオミ古川泰司松澤静男丹羽修吉原健一


4月23日(日曜日) 14:30〜16:00
     家づくりギャラリーにてセミナーを開催します

  

テーマ  「建て替え?リノベ? 判断の分岐点」

(担当:落合 雄二/U設計室)>>>詳細は4月23日|ミニ講座 @ 市ヶ谷をご確認ください。

 

  ■ 会 期 : 2017年4月11日(火)→ 16日(日) 10:00〜18:00
         (入館は閉館30分前まで。 初日は13:00〜、最終日は〜16:00まで)
          入場無料世田谷美術館_アクセスマップ

  ■ 場 所 : 世田谷美術館・区民ギャラリーB
         (世田谷区砧公園1-2) 

  ■ 交 通 : ●東急田園都市線「用賀」駅
           美術館行バス「美術館」下車 徒歩3分/
          「用賀」駅より徒歩17分
          ●小田急線「成城学園前」駅
           渋谷駅行バス「砧町」下車 徒歩10分

樫の木を望む二世帯住宅

写真:吉田 香代子

樫の木を望む二世帯住宅-室内_赤沼

左から2階子世帯の寝室、小屋裏、LDK、テラスと繋がる一室空間。内外共に木製引込み戸と収納ブラインドでTPOに合わせて調整する。


建て主さんは高齢のご両親と共働きの娘さん夫婦、近くには独立した息子さんが居ます。
樫の木を望む二世帯住宅-外観_赤沼

内と外を繋ぐ、板塀で囲われた坪庭、通り土間とテラス、奥には表庭と隣地の白樫が続く。

日々の居心地はもちろんのこと、定年後の暮らし方から将来の変化も見据えて介助しやすく世代で住み繋げていけること、小さなお店もできる予備配管など、じっくりと話し合いを重ねました。

 

敷地を見てまず目を引いたのは西隣地に根をはる白樫(区保存樹)の大木です。
娘さんが子供の頃から見慣れていたその大木をかこむように、枕木の駐車場と表庭、玄関ポーチを設けて親世帯と子世帯、白樫のある街並みとが程よい距離を保てるようにしました。
1階の親世帯は、玄関を兼ねた薪ストーブのある通り土間から板塀で囲まれ水盤のある落ち着いた坪庭へと繋がります。2階の子世帯も専用の玄関と水廻りを設けて設備も全て分離、必要な時は内部扉を使い気軽に行き来します。白樫の大木は、玄関ポーチや通り土間、2階ホール、LD、ウッドテラスと様々な場所や高さから望め、水盤の坪庭や周辺の緑と共に時間や季節の変化を感じることができます。

 

竣工後、水盤の庭には息子さんが始めたメダカ鉢のビオトープが育ち、定年を迎えたご主人の薪ストーブ焚きも手際よく、夫人のストーブ料理をご馳走になりました。
最近では黒猫も加わり日々ご家族らしい住まいに彩られています。

 

建築DATA

1階床面積: 77.36㎡ (23.4坪)           〈家族構成〉
2階床面積: 66.78㎡ (20.2坪)            両親+夫婦+息子さん時々泊り
延べ床面積: 144.13㎡ (43.6坪)
構  造:木造2階建て

[家づくりニュース2016年6月号掲載]

5月29日|家づくり講座in世田谷 & 何でも相談会


快適で地震に強い家の造り方

そして相続税対策・助成金をしっかりもらう家づくりの方法

 

 今回のセミナーは家づくりギャラリーを離れて、世田谷下北沢でのセミナーです。
実はこの場所、講師の一人U設計室・落合さんの事務所がある建物です。
1階のホールを使ってのセミナーなので、ご希望の方には2階の事務所をご覧になっていただけます!
ちょっと敷居が高いとお感じの方々是非敷居が低い(そもそも敷居がない!)事務所内もお気軽にご覧になってください。

 

 今回のセミナーでは快適で地震に強い家の造り方の実例(新築・リノベーション)そして金融のプロの方からの家づくりの最新助成金・節税・相続税対策の情報もあります。
またセミナー後半には家づくりの疑問にお答えする、何でも相談会も行います。

 

皆さまのご参加をお待ちしています。

 

世田谷家づくり講座&何でも相談会

COS下北沢日 時:5月29日(日) 
    午後1時30分〜4時30分

場 所:COS下北沢1階(世田谷区北沢2-39-6)
    小田急線・井の頭線「下北沢駅」下車 徒歩7分
    当日連絡先:03-3467-6213
講 師:赤沼 修 /赤沼修設計事務所
    落合 雄二/U設計室
    吉原 健一/光風舎一級建築士事務所
    沖野大輔/住宅コンサルタント
参加費:500円(一人/資料・茶菓子代)
    当日会場にて受付
定 員:15人(先着申込順)
主 催:NPO法人 家づくりの会

夏と冬で変わるお気に入りの場所

夏と冬で変わるお気に入りの場所-冬_akanuma

写真①:冬の様子

まだ陽射しも低い十二月、久しぶりに以前設計したお宅に伺いました。
その家は木造3階建てで敷地周辺に隣家が迫っていたため2階のリビングとダイニングを階段廊下でコの字型につなぎ、南面した9畳程の中庭から採光や通風、視界の抜けを確保しています。

 

写真①は冬、中庭に面した廊下の造り付ベンチです。
背当付のソファーと毛布が置かれ低い陽射しがよく入り暖かくて昼寝や読書をするお気に入りの場所になっていました。

 

夏と冬で変わるお気に入りの場所-夏_akanuma 

写真②:夏の様子

 

写真②は夏の様子。
高くなった陽射しは3階のバルコニー軒やコの字型のプラン、ゴーヤカーテンである程度制御されますがやはり暑い、少し地下に入った涼しい1階アトリエがお気に入りの場所になっていました。

 

設計では、陽射しや風の流れ、季節や時間の変化などを考え、住み手の暮らしを想像しながら全体を構成していきますが、実際の暮らしぶりを拝見する度に様々な発見があり、住まいは日々の暮らしの中で住み手によって作り上げられていくものだと実感しています。

 

[家づくりニュース2015年7月号掲載]

6月20日|家づくりカフェ @ 市ヶ谷ギャラリー

6月カフェ「在宅で共に暮らす」_赤沼

家づくりカフェテーマ

「在宅で共に暮らす」

二世帯住宅で暮らしていた母が緊急入院し、その後の車椅子を使った在宅での介助生活も5年目になりました。
その間、少しずつやれる事が増え回復力に驚いたり、急に体調を崩して入院したり・・・
介護保険や福祉サービス、補助器具、病院と薬、などなど具体的な活用法から、食事、睡眠、トイレを基本に
様々な日常生活の大切さとそれを支える住まいのあり方、介助する側の気持ちまで、教えられることの多い毎日です。
条件や住まい方はさまざまでも、自分の家でながく暮らしたい気持ちはみな同じ。
住宅は家族の変化をどう受け止め、どんなことが出来るのか、体験談を交えながら、これからの住まいや
暮らしのヒントを探りたいと思います。

 

   《話題のエッセンス》
     ■ 日常生活が最高のリハビリ
     ■ 医療、福祉サービスを見極める
     ■ 在宅介助が教えてくれたこと
     ■ 家づくり何でも相談 

 

家づくりカフェ@家づくりギャラリー OPEN!
土曜日の午後のひととき美味しいスィーツでお茶をしながら、建築家と家づくりについて深く楽しく学んでみませんか?
いざ家を建てようと思い立っても、巷にはいろんな情報が溢れ何が良いのか迷ってしまいませんか。
カフェでは、建築家が毎回テーマを設け、家づくりについて建て主さんと雑談形式で考えていきます。
建築家と気軽に話せる場であり、おなじ目的を持った建て主さんどうしの情報交換の場でもあります。
“家づくりカフェ”はこれから家を建てようとする人のための少人数制連続プログラムです。
1回だけでも、いつからでも参加OKです。是非ご参加ください。

■店 主 : 赤沼 修 /赤沼修設計事務所
■日 時 : 2015年6月20日(土) 14:00~16:00
■会 場 : 家づくりの会ギャラリー
      東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号
      >>アクセスマップ   
■参加費 : 500円/お一人様(お茶とお菓子付き)
■定 員 : 10名様(要予約・先着順)
■申込先 : NPO法人家づくりの会

千鳥の家 − 家と暮らしのリノベーション −

撮影 : 吉田 香代子

千鳥の家_室内_赤沼

内部は全室引き戸でつながるバリアフリーな空間に、生活スタイルも低めのテーブルを中心とした椅子座に見直しました。


築50年の古い木造家屋に住む娘さんと高齢のお母さまのためのリノベーションです。
耐震改修は区の助成を受けて基礎や木造躯体を補強し、使える屋根や外壁、開口部は部分的な改修とメンテナンスでコストを抑えつつ、内部は大幅に造り直しました。

 

お母さまが暮らす1階はLDKと寝室、水廻りが引き戸で繋がるバリアフリーな空間に、2階の和室4部屋は娘さんの仕事場と寝室に全て改修しています。
壁や床、特に天井裏には十分な換気口と断熱材を入れ、既存窓にはインナーサッシを取付けて温熱性能を確保し、直接手や足が触れる床やカウンターはいつものように木の無垢材を使い、壁や天井は土佐和紙などの自然素材で仕上げています。

 

千鳥の家-外観_赤沼

丁寧に手を加えて直した家は、住まい手はもちろんのこと街並みにも優しく馴染みます。

生活スタイルも畳から低めのテーブルを中心とした椅子座に見直しました。
物をあまり増やさず広々と暮らせるように、食事だけでなく休息や家事作業もこなせる通常よりも奥行きがあり低めのテーブルを製作し、椅子も座面が低く広めで多用性のあるものを吟味しました。
大勢集まった時には箱脚を倒して座卓にも早変わり、横になりたい時には隣の寝室と引込み戸で繋がりベッドで寛ぐこともできます。
先日伺うと、吟味した椅子も揃いテーブルと椅子座の生活にお二人ともすっかり馴染んでいるご様子でした。

 

建築DATA

1階床面積 : 14.8坪           〈家族構成〉
2階床面積 : 15.8坪            母+娘
延べ床面積 : 30.6坪     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年12月号掲載]

7月13日|「大岡山の家」オープンハウス

 

建て主さんのご厚意により、目黒区大岡山で二世帯住宅のオープンハウスを行います。

 

隣地境に昔から植わる白樫(区保存樹)の巨木を包み込むような共有のアプローチから、1階は将来小さなお店も開けるような深岩石の通り土間へ、2階は専用の玄関から階段と1階へ通じる扉があり、上下階で程よい距離を保ちつつ庭や周囲の緑を共に楽しみながら暮らせる住まいです。

 

1、2階ともナラの無垢床や和紙仕上げなどの天然素材を使い平面プランも似ていますが、窓からの眺めや天井高さの違い、造作家具の仕上げの違いで雰囲気の変化を感じることができます。
風通しの良い窓と、次世代パッシブソーラー「そよ風」を備え自然との共生も図りました。

 

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

■ 開 催 日 : 2014年7月13日(日)  11:00 ~ 18:00
■ 場   所 : 東京都目黒区大岡山
■ 交   通 : 東急目黒線・大井町線「大岡山駅」より徒歩10分
■ 設計・監理 : 赤沼 修/赤沼修設計事務所(当日連絡:080-5442-0241)
■ 施   工 : 富士ソーラーハウス株式会社/現場監督・阿部幸雄/棟梁・松本亮
■ 建 物 概 要: 木造2階建て/延床面積 146㎡(44坪)


見学ご希望の方はコチラへお申込みください。
折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
※ 氏名・連絡先(住所・電話番号)・参加人数・見学希望日/時間帯をお知らせください。
※ 自動車でお越しの場合は近くのコインパーキングをご利用ください。
※ 当日ご都合のつかない方には個別でご案内致しますのでご連絡ください。

6月23日|「千鳥の家」リノベーション内覧会のお知らせ


このたび建主様のご厚意により、内覧会を開かせていただくことになりました。
築55年のお住まいは2階を小割に増改築し共同住宅として長年賃貸していましたが、家族構成や利用形態の変化に合わせ今回全ての内装と一部外壁を解体減築した後、区の耐震助成制度を利用して耐震補強を行い、通気や断熱を強化し、1階はLDKを中心とした回遊プランに、2階は個室とアトリエ広間に全面改修しました。
道路沿いの既存モミジは、亡くなったお父様がお母様の実家から小さな苗を移植したもので、既存ブロック塀や工事のため弱っていましたが養生して残すことになりました。
ご多用のこととは存じますが、ご高覧いただきご意見などいただければ幸いです。


■ 期  日 : 2013年6月23日(日)10:00~16:00
■ 場  所 : 東京都大田区千鳥
■ 交  通 : 東急池上線「千鳥町駅」または東急多摩川線「下丸子駅」より徒歩4分
■ 設計監理 : 赤沼 修/赤沼修設計事務所
■ 施  工 : 株式会社河合建築
■ 当日連絡先: 080-5442-0541(赤沼携帯)

※ 見学ご希望の方はメール等にて、氏名、住所、連絡先、参加人数を明記の上、
  赤沼修設計事務所までお申込み下さい。 
  折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
  赤沼修設計事務所 : ak-osamu@nifty.com

※ 自動車でお越しの場合はコインパーキングをご利用下さい。

西馬込の家

撮影:吉田 香代子

西馬込の家_内観

LDKからデッキ、庭、児童公園へと視界が抜ける。
夏の日差しや公園からの視線を調整するため軒下からテントや簾をかける支柱と横棧が見える。

建て主家族は30代のご夫婦と息子さんで将来子供が増え、ご両親と同居の可能性もあり、基本プランとして1階に玄関とLDK、和室、2階に主寝室と多目的広間、浴室水周りを配置しました。
西馬込の家_外観

南東道路から庭の植栽やデッキを眺めながら玄関へと枕木のアプローチが続く。

表通りから入った行止まり道路の奥突き当りが敷地の東南にあたり、そこから南庭の植栽やデッキを眺めながら玄関へと枕木のアプローチが続きます。
南庭の先には1.8m程の高さに児童公園と神社の杜が隣接し、静かで視界も抜け都心では恵まれた環境にありました。

この環境を活かして外部を取込んだり、繋がったり、囲ったり季節や天候、来客によって様々な生活が楽しめるよう、引込み戸や障子、軒下、デッキ、植栽などで程よく調整しています。
敷地と南隣地公園の高低差によって1階は少し囲われて落着いた雰囲気に、2階は地面に近い中2階で浮き上がったような変化のある空間となりました。
パッシブソーラーや雨水タンクを設備し自然との共生を図っています。

建築DATA

1階床面積 : 16.1坪           〈家族構成〉
2階床面積 : 17.5坪           夫婦 + 子供
延べ床面積 : 33.6坪     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2013年6月号_掲載]

5月12日|「西馬込の家」内覧会のお知らせ

西馬込の家_外観 西馬込の家_内装

このたび建主様のご厚意により、内覧会を開かせていただくことになりました。

南庭の先には1.8m程の高さに児童公園と神社の杜が隣接し、視界も抜け都心では恵まれた環境にあります。この環境を生かして外部を取込んだり、繋がったり、囲ったり季節や天候、来客によって様々な生活が楽しめるよう、引込み戸や障子、軒下、デッキ、植栽などで調整しています。
敷地の高低差によって1階は少し囲われた、2階は地面に近い中2階のような異なった空間になりました。また、パッシブソーラーや雨水タンクを設備しています。

ご多用のこととは存じますが、ご高覧いただきご意見などいただければ幸いです。

■ 期  日 : 2013年5月12日(日)10:00~17:00(予定)
■ 場  所 : 東京都大田区西馬込
■ 交  通 : 都営浅草線西馬込駅より徒歩3分
■ 設計監理 : 赤沼 修/赤沼修設計事務所
■ 施  工 : 富士ソーラーハウス㈱
■ 当日連絡先: 080-5442-0241(赤沼携帯)

※ ご都合の合わない場合は別途ご案内いたしますのでお知らせ下さい。
※ 見学ご希望の方は、氏名・住所・電話番号・参加人数を明記の上、下記までお申込み下さい。案内図をお送りします。

システムキッチン vs 造作キッチン

殆どの住宅では様々なクラスがあるとはいえ、システムキッチンが使われています。
その方が建て主は選びやすいし、設計者は考えて図面を書かずにすみ、施工者はメーカーに任せるだけで楽に施工できるからです。
一方造作でキッチンを作るには設計も施工も大変手間が掛かります。それでも様々な可能性に気が付きその良さを勧めずにはいられなくなるのです。例えば使用されている基材強度の違いや引手の質感であったり、引出しであれば高さや幅、奥行きなどスペースの使い方の違い、様々な家電や食器の収納方法や使われている金物など・・・

言葉や写真で説明してもなかなか理解してもらうことが難しいと感じていましたが、今回造作で計画しているキッチンと似た内容(引出しは2割減)のシステムキッチン(中の上クラス)の見積を取る事ができました。メーカー掛率を6掛けとしても結果は造作の方が若干安く内容も加味すれば決して高くはない。またガスレンジやレンジファン、食器洗機、キッチン水栓などの付属機器の価格が1/3以上を占めていて、価格に大きく影響している事も実感でき、今後のコスト調整や説明の良い参考になりました。

       上はシステムキッチンの見積図面、下は造作キッチンの実施設計図面

耐震助成制度

3.11以降、区の耐震助成制度を利用し診断や改修工事をされる方が増えています。
昨日も助成制度を利用して、耐震改修とリフォームを計画されている建て主さんと本見積前の打合わせを行いました。

建て直しが困難な場合や新築ほどの予算がかけられない場合、ある程度の予算をかければかなり満足のいくリフォームが可能です。平断面計画、構造、設備、断熱、素材、メンテナンスなどの基本事項を踏まえながら仕様や工事範囲を調整することでコストを合わせていきます。
改修は新築と違って制約が多く手間もかかりますが、数十年経年変化に耐え記憶に残った物には様々な魅力を感じます。洒落た飲み屋さんやレストランで古材を多用するのもそのためでしょう。
新築では味わえない、経年変化に耐えた既存の魅力を少しでも活かせる設計ができればと思っています。