シーズ・アーキスタディオ建築設計室

白崎 泰弘

shirasaki
  • 住宅の設計で大切にしていること

    規模の大小に関わりなく、最大限の「のびやかさ」を実現したいと思っています。また、家族のライフステージに追随できる変容性と永く使い続けられる永続性、これらを併せ持つ住宅を目指します。

  • 設計料について

    木造2階建ての場合、延床面積(坪)×8.5万円
    木造3階建て・木造以外の場合、延床面積(坪)×10.5万円

  • 設計を引き受ける条件

    設計打合せを楽しいと思ってくださるご家族。

  • 設計歴

    住宅27軒(木造23軒・RC4軒) インテリア14軒
    集合住宅6棟  商業・業務施設10棟

  • 生年月日・出身地

    1963年12月17日 福井県生まれ

  • 性格・血液型・趣味

    私たちは夫婦で設計します。夫婦ともども細かいのですが、私はときどき大雑把になります。
    趣味は「野良猫と友達になること」。

建築事例


shirasaki-01

住宅密集地で陽光の恵みを受ける鉄筋コンクリート住宅

敷地は住宅密集地にあり、区の定める地区計画上、耐火構造であることが求められました。また、近くを通る環状線からの遮音対策も考え、鉄筋コンクリート造とするのが自然な選択肢でした。鉄筋コンクリート造の場合、木造と比べて柱間の距離を大きくとることができるので、大らかな生活スタイルの建主にふさわしいスケール感も可能であろうと考えました。
「密集地であっても明るい家」がお施主様一番の要望であったので、隣家の配置を考えながら様々な開口を設けていくことにしました。冬は陽光を家の奥まで届け、夏は強い日差しを遮るために、大きな開口には深い庇を設けています。また、そして、家の中心にコート状のルーフテラスを設けることで、そこから下に光を落としていくことが可能となり、家の中全体を明るくしています。
鉄筋コンクリートであることのメリットやお施主様の要望を収斂していった結果、屋根や天井が「つばさ」を広げたような形状となり、大らかな家族を表現するのに相応しいものとなりました。「つばさ」を仰ぐと、周囲から覗かれる心配なく空間が垣間見え、住宅が密集しているとは思えない「のびやかな」空間に仕立て上げることができたと思います。

■ 作品名 :つばさの家
■ 構造  :鉄筋コンクリート造2階建て+ロフト
■ 床面積 :164.2㎡(49.6坪)
■ 家族構成:夫婦+子供2人


shirasaki-02

黒の焼杉と大開口が象徴的な2世帯住宅

旗状敷地に立つ2世帯住宅。外観は道路から見える部分に対して、大きな開口と片流れの黒いボリュームが印象的に顔を出しています。
内部の空間構成は、1階親世帯、2階子世帯の完全分離型。ともにオール電化住宅です。
1階の親世帯部分はバリアフリーを考えオール引戸。それだけではなく、玄関から真っ直ぐお茶の間に入ることが出来るベンチ付きの引戸や、ダイニングの入口に2本引きの引き込み戸を使って車椅子を想定した幅員の確保など、使い方に踏み込んだ計画となっています。
2階の子世帯では、24時間空調とし主寝室とトイレ以外扉のない、大型ワンルームの住宅としました。(ここで採用している空調システムは、息子さんのご友人で24時間空調を大学で研究している方からのご提案です。)
扉がないことは「場」の領域化を良くも悪くも曖昧にします。そこでダイニングは天井を高く、リビングは天井の低い代わりに畳の空間として目線が下に行くように等々、高さ方向の変化をつけていくことによって「○○をする場所」が体感として感じられるようにつくりました。

■ 作品名 :桜川の家
■ 構造  :木造2階建て+ロフト
■ 床面積 :198.9㎡(60.6坪)
■ 家族構成:祖父母、夫婦+子供2人


shirasaki-03

“離れ”のような和室をもつ郊外型住宅

ご近所の人が立ち寄れるような場所、スポーツ好きの子供に使い勝手の良い間取りが要望でした。また、この地で育った奥様が持っている大らかなスケール感を感じ取ることが設計の要となりました。
玄関扉を開けると広々したデッキ空間が視界に飛び込んできます。左に目をやれば棟続きであっても「離れ」的な独立感を持っている和室があります。玄関は、その和室とLDKをつなぐ渡り廊下的なつくり方です。
リビングは南面いっぱいに開口が広がっていて、陽射しをコントロールする電動外部ルーバーが設けられています。北側には、この家のもうひとつの核となるスタディコーナー。キッチンにもつながる2wayで普段は開放、お客様が招きいれた時のみポリカーボのコーナー引戸を出して小部屋に早変わりさせます。お子さんが気兼ねなく机いっぱいにノートを広げていても、突然のお客様の目に触れることはありません。

■ 作品名 :八王子の家
■ 構造  :木造2階建て
■ 床面積 :113.6㎡(34.3坪)
■ 家族構成:夫婦+子供1人