田代計画設計工房

田代 敦久

tashiro
  • 住宅の設計で大切にしていること

    シンプルな生活。シンプルに暮らす。そういう住まいをつくりたい。そして常に建主の満足感を追求します。

  • 設計料について

    大まかに言って10%〜15%位です。

  • 設計を引き受ける条件

    予算・敷地・建築的与条件の多少により引き受けないことはありません。但し話し合いの時間はある程度欲しい。建主次第です。

  • 設計歴

    明治大学卒業。これまでに約150棟の設計実績。70%は住宅で、後は共同住宅・オフィス・商業施設・宿泊施設等。

  • 生年月日・出身地

    1952年 東京生まれ

  • 性格・血液型・趣味

    バランス感覚にすぐれる。常にポジティブシンキング。
    人生を最高に楽しんでいる.....と思う。

建築事例


tashiro-01

文京本郷の家

3階建てやアパートが建ち並ぶあまり良く無い住環境の中で、どうすれば廻りの目を気にせず過ごせる住まいになるかを考え計画した。
まず都市住宅で私が良く採用する2階リビングとし、風・光をより取り入れやすくし、且つ近隣からの目線をより少なくする事とした。特に道路面には窓を作らず道路からの目線は完全にカットした。その為一見閉鎖的な家に見えるが実は2階に或る大きなバルコニーからLDKには人の目を気のせず、光と風を取り入れる事が出来ている。 

■ 作品名 :文京本郷の家
■ 構造  :木造2階建て
■ 床面積 :110.96㎡(33.57坪)
■ 家族構成:夫婦+子供2人


tashiro-02

あざみ野の家Ⅱ

住環境に恵まれた住まいである。その一方その住環境を守る為の厳しい高さ制限や壁面後退に悩まされる事にもなった。外観は格子が目立つ家であるが、意匠的な効果を狙っただけではなく、格子がある為外壁を夏の厳しい紫外線から守る事と、そこに出来た空気層によって、より良好な室内の熱環境を保つ事が出来ている。1階には全て(玄関から廊下迄)空気式の床暖房が入っていて熱のバリアフリーとなっている。この床暖房は熱源を電気・ガス・灯油と自在に変える事が出来るのは将来のエネルギー対応がしやすく大きな利点である。

■ 作品名 :あざみ野の家Ⅱ
■ 構造  :木造・一部RC造 地下1階 地上2階建て
■ 床面積 :328.16㎡(99.27坪)
■ 家族構成:父+末娘+長女夫婦+子供1人


tashiro-03

川崎の家

川崎の国道から一本入った敷地には、100年以上経った木造の家があった。施主はその家で生まれ育ったそうである。その家を壊す事になる今回の計画は私にとって結構なプレッシャーとなっていた。計画ではコンクリートの家となり、以前の家の様に長く住む事が出来る事が求められた。家は中庭を通して前と後ろに分かれていて中庭に挟まれた廊下・階段を通りLDKと寝室を行き来するプランである。出来上がって近所の人から「また100年住めますね!」と言われた事を聞き、ホッとしている。

■ 作品名 :川崎の家
■ 構造  :RC造3階建て
■ 床面積 :249㎡(75.32坪)
■ 家族構成:夫婦+子供2人