Information TOP » コラム »

その家族にとっての「普通」の家

 私が建て主さんと初めて接するとき、ヒアリングリストを見せながら職業や家族のことをお聞きします。いろいろな建て主さんがいて、すべての項目を埋めようとしてくださる人、自分の名前だけで職業も家族のことを言わない人。本当に様々です。
 戸建住宅の設計は、マンションの設計とは大きく違ってきます。マンションはどんな入居者が入るか判りませんから、アンケート等からどんな間取りに人気があるかを分析し、組み立てていきます。それは、個々の入居者のことを考えない設計です。建売住宅もそうです。もう少し言及すれば、設計プラン集を見せて「これだけプランがあるから、選べるでしょう」とするハウスメーカーも、入居者の個性を考えずに設計しています。
 一方で、具体的な敷地と具体的な家族がいて、そこからスタートする設計は、全然違ったものになります。十人十色とはよく言ったもので、「普通の家族」とか「標準的な家族」というのは、まずありません。後片付けの仕方、洗濯物のルールなど、その家族が「当たり前」「普通」と思うことが、他人から見れば普通ではなかったりします。
 そのご家族が「当たり前」「普通」と思う生活、それがライフスタイルと呼ばれるものになるわけですから、それを充分に把握した上で、その家族だけの「普通」の家をつくりたいと思うのです。

小平の家①_shirasaki

小平の家②_shirasaki小平の家/この家のご家族は、地方で大らかに育ってきたご夫婦とお子さん。
1階のほとんどをLDKに使い、住宅密集地であっても陽光が家の奥にまで届く空間をつくりました。