Information TOP » コラム »

はじめてのイセ

 いま、神奈川県立近代美術館・鎌倉で「石元泰博写真展」が開催中、石元さんは今年2月に90歳で亡くなってしまいましたが、僕にとってはライカ使い、「桂離宮」、「伊勢神宮」の写真で大好きな写真家です。
 石元版「桂離宮」は最近出版されたものの他、これまでにグロピウス+丹下健三版、テキストが丹下さんでレイアウトが亀倉雄策さんのモノクロ版、テキストが磯崎新さんで装丁は田中一光さん、レイアウトが太田哲也さんのカラー版(僕のおすすめ)が出版されていますが、それぞれレイアウト者のデザインで写真のトリミングが異なり、4冊全部欲しいくらいです。

 今回のイセはテキストが磯崎さん、装丁・レイアウトは太田さん版の「伊勢神宮」で予習をして行ったはじめての「イセ」旅行。
早朝6:30からの参拝は、人も少ない宇治橋の鳥居で一礼して右通行で渡り、手水舎でお清め、ちなみに内宮は右に手水舎があるので右側通行、外宮は左にあるので左通行、なぜ左右違うのかは調べて下さいね。
鳥居は正殿の棟持ち柱を20年後の遷宮で再利用、次の遷宮まで合計40年間使われる檜材。
すでに参道では落ち葉を掃く職人さんがきりのない作業を、砂埃が立たないように散水車が走り、神楽殿では巫女さんが拭き掃除を始めていました。
早朝から延々と続く行に、イセでしか味わえない空気感がたまりませんでした。

 6月10日まで鎌倉で「石元泰博写真展-桂離宮1953,1954-」が開かれています。
是非、石元さんのモノクロ写真でこの空気感を感じに、新緑の鎌倉まで見に来て下さい。

はじめてのイセ①_森 博

①船大工さんがつくる太鼓橋、ここを渡ると「あの世」の世界へ。

はじめてのイセ②_森 博

②ファストフードの牛丼とは違い、イセの牛丼は美味かった!

はじめてのイセ③_森 博

③柄杓を右手に持って左手、右手、口、左手、柄の順に清めます。

はじめてのイセ④_森 博

④檜に巻かれた竹は虫除けではなく「人除け」、さわられて痛むのを防いでいます。

はじめてのイセ⑤_森 博

⑤鳥羽の入り江にある「海の博物館」、展示・建物とも半日堪能しました。

はじめてのイセ⑥_森 博

⑥国道23号の行き止まりが内宮、まさに「この世」の終点。