Information TOP » コラム »

桜新町・緑庭の平屋

屋上庭園は陽当たりがよく、草花がよく育ちます。写っている花はほとんどがバラ。

新緑のきれいな季節になりました。
街を歩けばあちこちでバラが咲きほこり、丹念に手入れされた様子を見るたびにこの家のことを思い出します。

この家は少し珍しいつくりになっています。
それは、平屋建てでその屋上をすべて緑化し屋上庭園としていることです。

既存の木を配した庭は落ち着いた雰囲気にしました。
大きなガラスでリビングとつながります。正面右手が柿の木。

平屋は、老後の暮らしに向けワンフロアーで生活を完結できるようにしたためで、建て替えの際に以前からあった庭の木を残し、柿の木を中心に落ち着いた雰囲気の庭を眺めて暮らせるようになっています。

屋上庭園を見下ろす。
隣家の2階からも垣間見えるので喜ばれているようです。

そして、ガーデニングがとても好きな施主のために、屋上は好みの草花や木を植えられる庭園に。平屋のため広い屋上になっているので、初めて見る方は公園と錯覚するかもしれません。この屋上が、ふつうの住宅街の中にあります。

竣工時には中木だけを植え楽しみのために余白を残したのですが、その余白もほどなく埋まり今は無数の草花で覆われました。
特にバラの種類は多く、今はどれぐらいの数があるのか設計者の私にも想像がつきません。バラは香りもよく、取材で伺った時には落ちた花びらを拾ってきれいにするのですが、その香りのとてもいいこと、捨ててしまうのがもったいないくらいです。しかし、広くて種類も多い分、手入れの手間もかかります。幸いこの家の施主はその労も厭わず、むしろ楽しんでいるほど。家にいる時間よりも、庭にいる時間のほうが長いこともしばしばだとか。
その様子がとても幸せそうで、街でバラを見かけると、手入れをする姿を思い浮かべるのです。

[家づくりニュース2013年6月号_掲載]