Information TOP » コラム »

小児科診療所 ~海の底の待合室~

小児科診療所

待合室吹抜

1・2階が診療所、3・4階が住居の併用住宅です。
診療所には吹抜をつくることと熱帯魚水槽を置くということから話しが始まり、設計が進むに連れて、熱帯魚やさん、アート作家さんと海の底をイメージしながらの内装コラボとなりました。
水槽は受付ロビーの前に設け、裏側キッズプレイコーナーからも眺められる配置としました。L型状に長手1.8m短手1.5mの大きさで多くのお魚が泳ぐことができ、待時間の退屈しのぎに一役買っています。水槽の上部にはエアコン、照明器具、下部には酸素ボンベや水道が隠れており、水やお魚の入れ替え、水槽のお掃除等が週に一度行われています。
待合室が吹抜になっており、海中を魚が泳ぐかのようにアクリルを魚形に切り抜いたものを吹抜上部から吊り下げています。魚形は診察室ゾーンの出入口扉にも描かれ、子供たちの目を楽しませています。内装は白砂と青い海を意識しながらのカラーリング、造り付けの椅子の背もたれは波形をモチーフにしました。キッズプレイコーナーには大きなウレタンのカメが頓挫し、子供たちとあそんでいます。
小児科診療所02_久保木

▲待合室脇のキッズプレイコーナー     ▲受付~待合室             ▲2階スタジオから吹抜方向の眺め

 

[家づくりニュース2015年5月号掲載]