Information TOP » コラム »

庭づくりの10年後に

庭づくりの10年後に_坂東

左手、満開の山桜の上部には花がない。右隣に紫木蓮、隣の山ぼうしは細身で少々先枯れ気味。手前の生垣(山茶花)は枯れが多く、隙間が目立つ。右手奥の夏みかんは、以前より小振りに。後ろの高木は隣緑地帯の植栽。


拙宅をつくり転居して10年が経過した。転居当初に、花や木々等への雑感を記した。
 「花や木々は素晴らしい。
  そこにあるだけで言葉も発さず、人の心を動かす。
  生きていることの尊さを伝えてくれる。
  四季の移り変わりを感じさせてもくれる。
  花や木々には、蝶や虫や鳥が集まり、それらを囲んで人々の会話も生まれる。
  精神的な効用だけではなく、木々は強風をやわらげ、日ざしを遮り、気温を下げてくれる。
  花や木々に親しめる暮しは幸せだと思う。
  どんな条件でも花や木々を楽しめる家をつくりたいと常々思っている。」
この思いは現在も変わらないが、庭づくりの一助となるよう、反省点を書きたい。

 

当初からの植栽として、生垣の山茶花、大きな庭木の山桜と山ぼうし、夏みかん等がある。いずれも根まきした状態のものを植木屋さんが植えた。数年は元気に成長したが、だんだん枝先から葉枯れするようになった。密に植えられている山茶花などは、現在では悲惨な状態である。
枯れの原因は、夏場の水不足にもあろうが、多くは地質にあるようで、根詰まりが起きているらしい。敷地は粘土質で、水はけが極めて悪い。地盤としては優秀だが、植栽に対しては不利である。それを前提に適した樹木を選んだ。しかし成長すると、広がった枝葉分に応じた根の広がりが実現できなくなり、先枯れが発生している。植樹の際に、土の入れ替えが必要であったのだ。植栽の予算を樹木に全て充ててしまい、土の入れ替えや土壌改良の必要性を甘く見た結果である。
植木屋さんと相談して、今年は植栽に大きく手を入れなければならない。

 

[家づくりニュース2015年6月号掲載]