Information TOP » コラム »

ちょっと福岡まで

福岡/椎木講堂ガレリア_宮野

九州大学伊都キャンパス内の椎木講堂ガレリア。内藤廣設計で2014年に完成。


博多/櫛田神社_宮野

博多の氏神・総鎮守として信仰を集めている櫛田神社。

3月末に福岡まで足をのばしました。
博多では天候にも恵まれ、満開の桜と共に、この時期の日本は本当に美しいと感じられ、気持ちも晴れやかになりました。

 

市の中心にある櫛田神社は、古くから博多の氏神・総鎮守として信仰を集めている神社で、この日も満開の桜のもと多くの人で賑わっていました。

 

その後、九州大学の大規模なキャンパス移転の様子や椎木講堂を見学。
椎木講堂は直径100mの円形の中に、円形劇場タイプのホールと管理棟が配されたもので、オープンスペースとしての巨大なガレリアが印象的な建築でした。

福岡/九州大学伊都キャンパス_宮野

九州大学伊都キャンパスは大規模な移転計画の中心地。近未来的な風景が広がっています。

福岡/椎木講堂外観_宮野

椎木講堂外観。直径100mの円形プランに最大3,000人収容のホールと管理棟が配されている。

あくまでも補助的な空間としてのガレリアが、様々な場面で学生や市民の憩いの場所として利用されているとのことです。
さすがのスケールに圧倒されました。

 

福岡/ネクサスワールド_宮野

ネクサスワールドのスティーブン・ホール棟エントランス。

ネクサスワールドでは世界の著名な建築家による集合住宅群を見学。
特に、スティーヴン・ホールの集合住宅では共用空間を案内して頂き、改めてその動線計画と空間構成、あちこちに散りばめられた仕掛けの素晴らしさに感動しました。
また、手すりや庇、エントランスホールの建具など、ディテールへのこだわりもそれぞれに特徴のあるものでした。

 

今回は思いもかけず、博多で気持ちの良い春を満喫することができました。
そして、日常から離れた旅は、いつも心を高揚させてくれるものですね。

 

[家づくりニュース2015年7月号掲載]