Information TOP » コラム »

バラガンの色に秘められていたもの

大学を出、設計事務所に勤務して、初めて迎えた正月、所員全員が招かれた原宿の所長宅で、酒席の後ネクタイの色・柄の選び方を伝授された。いわく「ネクタイの柄の中に一部でもよいからジャケットの色が使われているものを選ぶべし」。妻は「女性なら誰でも知っていることよ」とこともなげに云うけれど、思えば、建築設計での色決めの時に、この言葉はとても役立ってきた。

 

バラガンの色に秘められていたもの_野口

Los Clubes、1964。
バラガンの建築は全て撮影禁止であった。由一、街角で撮影出来たバラガン特有の噴水のある馬の為に用意されたプール。噴水の茶褐色、背後の壁のピンクの色は文中のサン・クリストバルの色そのものであるが、十分にあの時の感動を伝えきれないのが残念である。

1997年1月、メキシコにあの偉大なる建築家ルイス・バラガンの建築を訪ねた。自邸、修道院、厩舎、行く先々で、そのカラフルな色遣いに、驚き、しかも歓喜したことを、今でも鮮やかに思い出す。ピンク、赤錆色、黄土色、薄紫…単に壁に塗られたにすぎないペンキの色々が、神聖そのもの、あるいは楽園をさえ想起させたのだ!門をくぐり、正面遠くに「サン・クリストバル San Cristobalの厩舎」を捉えた時、我々は歓声をあげてかけ出していた。「一体、何故、我々は、これほどまでに感動しているのか!?」。重厚なピンクと一部の赤錆色の壁に囲まれた広いプール(池)を前にして、私は自問自答していた。「それがメキシコの自然や風土の表象の置き換えであり、ピンクはブーゲンビリアの花、赤錆色や黄土色はメキシコの大地、薄紫はジャカランダの花の色である…分析的な過程を経て、熟考ののちに得られた答えが結果的にはメキシコの風土から抽出された色であった」
(CASA BARRAGAN/斉藤裕著、TOTO出版発行より)

 

それは、強い光の下に広がるメキシコの緑豊かな大地・風土の中にちりばめられた色たちと、バラガンの壁に塗られた同色の色たちとが、先のネクタイとジャケットの関係に似て、いや、それよりもはるかに深淵かつ哲学的に呼応しているのに出会った瞬間であった。

 

[家づくりニュース2015年9月号掲載]