団欒

有限な時間こそ胸一杯味わいたい

団欒_徳井 正樹15年愛用した床暖房に変え、二年前に我が家の居間に現れた薪ストーブ。
ホンワリと温める床暖房とは対照的に、帰郷した娘達をグイグイ束ねる求心力を持っています。

 高崎に居を移して17年余り、五人家族が三人に変わりました。現在はこの家で生まれた高1の三女と妻との三人暮らし。上二人の娘はこの春社会に羽搏き、もうすぐ夫婦二人暮らしに戻るのでしょう。
 「団欒」……今思えばこの居間で五人でワイワイ、ガヤガヤと過ごした時間がとても愛おしく感じます。
 これまで、様々な年齢のご家族と多彩な家を手掛ける幸せに恵まれました。初めて家づくりの会を通じて設計した海老名の家はちょうど築20年。あの時大学生院生だった息子さんも、今は実社会の中軸を担う父親でしょうか?
きっとあの家にも珠玉の家族時間が貯金されたことでしょう。仕事柄「その後」の暮らしぶりを拝見できる機会は、設計者の特権として最も楽しみにしている仕事の一つ。大概が点検も底々に「その後」を振り返る笑顔の報告会に切り替わるのですが、その時必ず私の知らない「その後」がそこにあることに気が付きます。 床の擦り傷、 ぎっしり詰まった本棚、手が入り始めた庭づくりなどなど、じんわりと染みこんだ家族時間の証しをそこに観る時、どこか同窓会の先生の気持ちで「良かったね」と無言で話しかけます。
 「家族が家族を意識することなく、過ごす時間は意外と短いか……?」
 52歳の年齢がそう感じさせるのでしょうが、やはり「その後も」共有する建主家族とのやり取りが、その「意外と短い」を実感させてくれます。あらためてこの原稿を書きながら、私たちの仕事を磨いてくれるのは建て主の言葉に在ると感じています。

「家づくり学校」

 家づくりの会では3年前から「家づくり学校」という若手住宅設計者を育成する活動を始めました。
 1年生コースでは座学、同2年生では見学、同じく3年生では演習を中心とした講義を行い、いわゆる大学や専門学校では教えてもらえぬような実学(机上の空論ではない、講師陣が血と汗を流しつつ実際の仕事から学んだ知識)を、若い人達へ伝える事が目的です。 (各学年月1回/全8回)
 私も初年度からその運営に参加しています。
 かつて住宅というものは住まい手自身が建てたり選んだりすることは出来ませんでした。一部の王侯貴族、豪農や豪商等、時の権力者や有力者を除いては。
 いまや誰もが自分の家を比較的簡単に持てるようになり、それはそれで素晴らしい事なのですが、反面、誰もが自己の欲求を誰はばかることなく表明出来るようになり、そこには他者との関係性や我が国の伝統文化に対する考察がいささか不足していた為、かつての美しい街並み(それは封建的な社会体制と表裏一体のものだったのですが)が失われてしまいました。
 個人的には、この学校を通じて一人でも多くの住宅設計者を育て、彼らが沢山の優れた住宅を作ることで社会環境の改善に寄与することが出来れば、と夢想しているのですが。

家づくり学校_1年生コース        6月の1年生講義「構法から考える」。
        1年生の授業は、F.L.ライト設計の自由学園明日館で行われています。

家づくり学校_2年生コース        5月の2年生講義「栃木の石」見学会。
        芦野石採石場にて話を聞く。

家づくり学校_3年生コース        6月の3年生講義「木造住宅の断熱設計」。
 講師の半田雅俊氏が設計したダイケン住宅のモデルハウスをお借りして講義が行われました。

木の研究会で本を書きました

木の研究会のメンバーで本を書きました。書店に並んだのは昨年の暮です。
タイトルは「世界で一番やさしい 木材」。
エクスナレッジ社さんからの本で、主に建築設計者のための「世界で一番やさしいシリーズ」の一冊です。

第一章が「木材の基礎知識」
第二章が「構造材」
第三章が「造作材」
第四章が「適材適所の使い方」

となっていて、第一章をアトリエフルカワの古川が、第二章を協和木材の松浦氏が、第三章を木童の西田氏と藤村氏が、第四章を堀井工務店の堀井氏に、それぞれ担当していただいてまとめました。

建築設計を実務でやっておられる方には、木材についての知識を幅広く得ていただける本になっているかと思います。

なお、あってはならないことですが大きな校正ミスがありましたので正誤表をつくりました。


その他の発行書籍は
»【出版】書籍案内
をご覧ください。

建築家の心象風景 ①

 先月、作品集が出ました。
本の名前は「建築家の心象風景 泉幸甫」
 出版社から作品集の話があったのはもう5〜6年前。
話を引き受けても何となく原稿が進まず、本格的に書き始めたのは1年半前でした。
 本のタイトルは出版社からの提案で、タイトルの中にある「心象風景」のように建築家としての自己形成、ルーツも入れながらの作品集にしたい、とのことだった。
 でも自分で自分のことを書くとなると、それはなかなか難しい。第一に、多少なりとも努力はしてきたが、そんなに格好のいい人生を送ってきたわけでもなく、恥さらしのようなことを書くのはなかなか勇気がいる。それにもっと難しいのは文章にする時に、恥さらしどころか逆に自分を美化しがちになることだ。
 しかし読む方の立場から考えると、かっこいい人生物語よりエリートでもなく、曲がりくねり、時には失敗した人生の方が、また自分もちょっと頑張ればこのくらいにはなれる、位の内容の方が面白い。せっかく本を出すのであれば楽しく読んでもらった方がいい、そう思うようになってから紆余曲折の人生の話はアッと言う間に書き終えてしまいました。
 勢いに乗って書き終えたけど、振り返ってみると建築家はカッコよく見せるきらいがあるが、これから建築家を目指す若い人、また一般の人にも建築家の世界はどういうものであるか、その内実をよく知ってもらえるように率直に書けたような気がする。
 文章を書くのはあっという間だったが、作品集を作るとなると写真を集め、撮影したカメラマンに写真使用の許可を得たり、また図面を探し、編集者やデザイナーとのやり取り等、そういう手間の方がずっと大変だった。
 本はこれまでに何冊か出したから出版の流れはおおよそ知っているが、作品集となると建築と同じく手間暇かけて作る、手作りのようなもの。関わる人のヤル気によって出来が大きく変わるモノ作りの一つだが、いい方々に恵まれた。
 いずれにしろ作品集を出せたのは大変うれしかった。でも売れているかどうかは気になるもので、池袋のジュンク堂に行ったら平積みしてあった。
 また先日、今までにお世話になった方々にまだインクの匂いのする出版されたばかりの本をお送りした。その中のお一人は年賀状も何も出さずに失礼していた中学一年生の時の担任の先生で、ご存命と分かり現住所を探す事ができ、お送りした。五十数年振りのことになるが僕のことを覚えておられたら、さぞびっくりされたことだろう。

建築家の心象風景①_泉 幸甫