【 5人家族 】

樫の木を望む二世帯住宅

写真:吉田 香代子

樫の木を望む二世帯住宅-室内_赤沼

左から2階子世帯の寝室、小屋裏、LDK、テラスと繋がる一室空間。内外共に木製引込み戸と収納ブラインドでTPOに合わせて調整する。


建て主さんは高齢のご両親と共働きの娘さん夫婦、近くには独立した息子さんが居ます。
樫の木を望む二世帯住宅-外観_赤沼

内と外を繋ぐ、板塀で囲われた坪庭、通り土間とテラス、奥には表庭と隣地の白樫が続く。

日々の居心地はもちろんのこと、定年後の暮らし方から将来の変化も見据えて介助しやすく世代で住み繋げていけること、小さなお店もできる予備配管など、じっくりと話し合いを重ねました。

 

敷地を見てまず目を引いたのは西隣地に根をはる白樫(区保存樹)の大木です。
娘さんが子供の頃から見慣れていたその大木をかこむように、枕木の駐車場と表庭、玄関ポーチを設けて親世帯と子世帯、白樫のある街並みとが程よい距離を保てるようにしました。
1階の親世帯は、玄関を兼ねた薪ストーブのある通り土間から板塀で囲まれ水盤のある落ち着いた坪庭へと繋がります。2階の子世帯も専用の玄関と水廻りを設けて設備も全て分離、必要な時は内部扉を使い気軽に行き来します。白樫の大木は、玄関ポーチや通り土間、2階ホール、LD、ウッドテラスと様々な場所や高さから望め、水盤の坪庭や周辺の緑と共に時間や季節の変化を感じることができます。

 

竣工後、水盤の庭には息子さんが始めたメダカ鉢のビオトープが育ち、定年を迎えたご主人の薪ストーブ焚きも手際よく、夫人のストーブ料理をご馳走になりました。
最近では黒猫も加わり日々ご家族らしい住まいに彩られています。

 

建築DATA

1階床面積: 77.36㎡ (23.4坪)           〈家族構成〉
2階床面積: 66.78㎡ (20.2坪)            両親+夫婦+息子さん時々泊り
延べ床面積: 144.13㎡ (43.6坪)
構  造:木造2階建て

[家づくりニュース2016年6月号掲載]

あざみ野の家 Ⅱ

あざみ野の家Ⅱ-外観_田代

格子で覆われた建物南面。腐りづらい特殊な木材を使い、近い将来変化するであろう色に塗ってある。


成熟した閑静な住宅街の中に或る住まいで、永らく生活していたSさんが建て替えを決意されたのは家族構成の変化と、夏暑く冬寒い断熱性の低い家に耐えられなくなったからと伺った。
その為、当初から断熱性と空調には気を使いながらの設計となった。

 

壁は従来の充填断熱ながら、特に性能の高い断熱材を使用し、夏の厳しい暑さに対しては屋根面での外断熱で対応している。
庇も充分に出し、直射日光から家を守るデザインとした。
南面の家を囲う格子はデザイン性と共に、外壁面に当たる直射日光から外壁を保護する役目も持っている。
1階には床暖房を使っているが、温水を使ったものではなく、ダクトの中を暖まった空気が流れる北欧のシステムを採用した。

あざみ野の家Ⅱ-室内_田代

作り付け家具を使い、LDにも収納を作った。

これは床下のコンクリートを暖めるもので、間接的に床が暖まり自然な熱環境が得られる。
引っ越し後(丁度寒い時期でした)の印象も良く、工事の時期移っていたマンションと変わらない暖かさだと聞き、ホッとしている。
また配置計画では道路から奥まった位置に建物を配置し、道路側に相当量の植栽を植える事で周囲の環境にも配慮した。
プランニングに関してはいつも通り収納に配慮し、片付いた生活が出来るように細かい工夫を重ねている。
またキッチンも収納と考え、この家に合わせてデザインし家具工事で設置した。

 

建築DATA

地階床面積: 86.40㎡ (26.13坪)          〈家族構成〉
1階床面積: 129.98㎡ (39.32坪)           父、娘(次女)、長女夫婦+子供
2階床面積: 111.79㎡ (33.82坪)
延べ床面積: 328.17㎡ (99.27坪)
構  造:地下コンクリート+木造2階建て

[家づくりニュース2016年5月号掲載]

杜の里(もりのさと)

写真:スパイラル/小林 浩志

杜の里-室内01_川口

床、天井の材はすべて杉材。壁の仕上げは、土佐漆喰塗り。壁内はすべて杉の3層構造パネル


敷地は、なだらかな坂道に面した台形である。
敷地東側には、モミジの木がもともとあり、この木を残した。眺めについては、敷地と隣接地の緑の関係を考えて、窓位置に合わせて借景している。
2階からは、遠くの森の景色が窓越しに連なるように見える。

 

杜の里-室内02_川口

玄関ホールの階段から、台所、居間、食堂方向を見る。

杜の里-外観_川口

外観右手は元気になったモミジ。外壁は色漆喰左官塗り。

この建主夫婦には、3人の小さな男女の子供達がいる。
この住宅は、都心を遠く離れた自然豊かな子育てには、とても理想的な環境に建っている。
家の壁内は、杉の三層構造パネルの無垢を2枚重ねてあり、全くすきまをつくっていない。
断熱材としてもその材を活用している。
さらには、子供達の健康を考えて、プラスチック部材や、接着材を使用している材料は、内部に直接出る部分には使用していない。
杜の里-室内03_川口

居間、食堂、スタディコーナー、和室のワンルーム空間を見る。

室内の仕上げ材は、木とコンクリートと土佐漆喰である。
木はすべて杉材で、塗装はしていない。家族は素足の感覚でずっと暮らしたいと考えている。
小さな子供達が、家のなかを飛びまわれるようなワンルーム田舎家プランである。
敷地内の高低差の都合上、内部にも階段等の段差があるが、それがかえって空間を楽しく豊かなものにしている。
そして、道路に塀を建てずにプライバシーを確保できている住宅となった。

 

建築DATA

1階床面積 : 59.60㎡ (18.02坪)          〈家族構成〉
2階床面積 : 27.44㎡ ( 8.30坪)            夫婦+子供3人
延べ床面積 : 87.04㎡ (26.32坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2016年4月号掲載]

知多(ちた)の家 ~5度目の増改築~

知多の家-ダイニング_後藤

耐震改修したダイニング:以前は少し暗めの空間でしたが、天井を高くし既存の梁を少し見せ、室内を漆喰で塗り直して、軽やかな光と風で満たされる空間に変わりました。


はじめまして、今年入会させていただいた後藤です。
生まれも育ちも三重県で、今も三重県に住んでいますが、仕事場が名古屋なので、余所の人には三重なの?名古屋なの?とよく聞かれます。
ということで最近は「三重県名古屋市の後藤です」と言っていますが、なんか変だぞと気づかれないのも少し寂しい所です。

 

知多の家-外観_後藤

外観:薄暗かった前面道路に陽が入るように、道路から建物を少し控えて配置しました。道路と建物の少しの間が、まちの人が集まる場になって賑わいをつくっています。

1年前に愛知県知多市で完成した住宅のご紹介です。
タイトルにあるように、今回で5度目の増改築となりました。
その時代の生活に合わせるように増築と改築を重ねられた大きな家でしたが、大きく複雑になりすぎた部分を壊し、おじいちゃん、おばあちゃんが慣れ親しんだ部分は、耐震改修をし、新たに必要とされる部屋を増築するという計画は、解体~耐震改修~解体~増築という大掛かりな工事となりました。
耐震改修し残す部分だけで30坪ほどあり、十分生活できる空間であったので、ただ部屋を増築するだけではまた使われない部屋になるかも?と懸念もあり、日々長く過ごす部屋となるアトリエを、普通なら生活空間に近くにするのが便利とも思いましたが、敢えて一番遠ざけ、更にまちに開かれた場にもなるよう提案しました。
建物が完成に近づき、奥様もここなら出来るわ!と一念発起し、機織り教室や子供たち向けのワークショップを開いたりと、今では知人友人だけでなく近所の方や学校帰りの子供たちがふらっと顔をみせる、まちの賑わいの場として、家中に楽しい声が響いています。

知多の家-アトリエ02_後藤

トップライトの光がアトリエに彩りをつくり、格子を通して他の部屋にも光と影を届けてます。
 

知多の家-アトリエ_後藤

アトリエ:びっくりする程の大量の糸を収納出来て、ミリ単位の作業も出来るようにいつも明るく、全身を使った作業でも大勢の人でも窮屈さを感じない空間にしました。

建て主様の木を「いっぱい」使ってほしい!というご要望に応えて、見え方や空間の質に合わせて、設計中も現場でもあれやこれやと選んで、材木屋さんにも協力して頂き、仕上げに16種類もの木を使いました。
ただ建て主様からこんなに使ってとは言ってないですよ~(笑)と話になり、「いっぱい」とは種類の事ではなくて、量の事だったという僕の勘違いでしたが、空間に合っているし、木の表情が素晴らしいとすごく喜んでもらえて良い想い出話になりました。

 

建築DATA

1階床面積 : 1階床面積 : 既存改修部 98.09㎡(29.7坪)/ 増築部 114.19㎡(34.5坪)  〈家族構成〉
2階床面積 : 増築部 42.07㎡(12.7坪)                           祖父母+夫婦+娘 
延べ床面積 : 254.35㎡(76.9坪)    
構   造 : 木造2階建て

 

[家づくりニュース2015年8月号掲載]

巣立ちの家 ー重度障碍者のためのケアホームー

設計:ハル建築研究所+伊澤計画  撮影:テックフォト

巣立ちの家-外観_伊澤

外観:リビング、デッキは地域に開くように。

 

巣立ちの家-デッキ_伊澤

外でも過ごせるまとまった大きさのデッキ。

はじめまして、この5月に入会しました伊澤淳子ともうします。
先輩方の中で、まだまだ未熟ですが、柔軟にお施主さんと家づくりに取り組んで行きたいとおもっております。
墨田区で設計事務所を始めて6年目になります。
この3月に2軒長屋の半分をリフォームさせて頂き、自宅兼事務所としました。

 

今回の紹介させて頂く建物は、住宅ではなく、障碍者のケアホームです。
男女上下階に重度の障碍をもった方5名ずつが入居しています。

巣立ちの家-廊下_伊澤

2階の廊下、ハイサイドライトで明るく、風通しよく。

親御さんが高齢になり、将来のご子息の生活に不安を抱かれていたところからこの計画が生まれました。
敷地として、緑のある少し離れた広い場所も検討されましたが、住宅街の中で、なるべく小さな規模で近所の人々に見守られながら生活していくことを選ばれました。私が設計に入ったのは丁度その頃からでした。
ご父兄も職員や私たちと一緒に、他の施設の見学や、施設職員の話を聞き、各ご家庭でのそれぞれの生活スタイルも伺いました。
建物裏に避難用滑り台を設置しました。法律では設置義務はありませんでしたが、2階に暮らす車いすを使用する入居者には重要な避難経路です。
リビングは日当りもよく、デッキを介して地域に開くように、配置しました。
(道路側には塀をつくらないことにしました。)
外でも過ごせるよう、デッキはまとまった大きさを取りました。施設ではなく、住まいであることを強く意識し設計しました。
彼らの体は敏感で体調不良を起こしやすく、内装は自然素材を使用しました。
壁は漆喰、床はコルクタイル、居室は無垢のカラマツのフローリングに自然塗装材を使っています。

 

初めて、親元から巣立ち、新しい生活が始まっています。
そのときの不安やドキドキ感はみんな同じことでしょう。
最近は親御さんが訪れても、お客様扱されてしまい、入居者の自立を喜ぶ反面、複雑、とのお話も伺いました。

 

建築DATA

1階床面積 : 169.02㎡(51.12坪)           〈入居者〉
2階床面積 : 180.15㎡(54.49坪)            男女5名ずつ、計10名
延べ床面積 : 349.17㎡(105.62坪)    
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年11月号掲載]

OPERA

書斎からの眺望


書斎をリビングに突出させることで展望感を高め、住まいの象徴となっている。

斜面の中腹に位置する旗竿形状型敷地に計画した2世帯住宅です。
ウィークポイントの多い傾斜地ですが、つくり方によっては良好な眺望を享受することができます。
趣味でオペラを歌唱される夫婦にとってウェイトの高かった要望は、
「防音性能の高い地下室を設けたい」、
「北東側の眺望を生かしたい」
というものでした。

 

既存の細長いアプローチには大きな高低差があり、隣地も高かったり低かったりといくつもの高低差がありました。
どこの相談先でも、
「建て替えには擁壁のやり替えが必至で多額な費用がかかってしまい、コストを要する地下室はもってのほか」
という回答だったそうです。
それ以前に地階の工事に必要な重機車両が入れません。
単なる土留め壁のやり直しに多額が投じられてしまうことは非常にもったいないと感じました。
そこでそれらを少しでも行わずに済む半地下の防音室に擁壁の役も担わす提案をし、周囲の高低差測量を行うことから計画がはじまりました。

アプローチ夜景




 

地下室の設定レベルからはスキップフロア形式が効率良さそうです。
しかし最上階の一角にある3帖の書斎スペースは眺望が臨める東側に位置しません。
仕事を自宅の書斎にもち込まれることが多いと伺っており、ここも景観を臨める環境にしたいところです。
そして書斎の東側にあるリビング越しの外壁もガラス開口にすることで、こぢんまりと落ち着きを感じつつも開放的で気持ちよいという、相反する要素が同在する不思議な展望書斎が誕生しました。
                            

 

新しい建物は擁壁を兼ねたオペラルームの半地下レベルで入ることが可能です。
長い階段アプローチは緩やかなスロープに変わり駐車台数も増えました。
更には、旧家屋の解体工事や、基礎及び地下室躯体工事に必要な重機についても、想定よりも大きい(=作業性の高い)ものが入れることとなり、工事費用の節約に貢献しています。

 

旧家屋のアプローチ

 

建築DATA

敷地面積 : 187.15㎡ (56.61坪)           〈家族構成〉
建築面積 : 71.21㎡ (21.54坪)            両親+夫婦+子供1人
構  造 : 木造軸組工法一部鉄筋コンクリート造

[家づくりニュース2014年5月号掲載]

キッチン中心の住まい

キッチン中心の住まい_室内01

奥様お気に入りのキッチンスタイル。素材は珪藻土塗りで仕上げました。
ダイニングテーブル上部照明は大好きなマリメッコで!


キッチン中心の住まい_室内02

リビングルームから2階子供室に繋がる吹き抜け

この住まいは東京から450キロメートル離れた和歌山県岩出市に建てられました。
希望はキッチンを中心に生活出来る空間構成でした。

 

よく見かけるLDKですが、キッッチンの右手にはダイニングスペース。
反対の左側にはリビングスペースを配置、横並びにする事で動線計画が単純化され家事動線がとても便利と評判。
またスタイルはアイランド型キッチンスタイルなのですが(サイズ90㎝×270㎝)手元をあまり見せたくないために水栓金具の高さを基準に三方袖壁を設けました。
写真では見えていないけれど、天板カウンター幅サイズも3種類に分類し、機能面も重視しました。
ここまではよく有るのですが意外と今まで気がつかなかった奥行き90㎝の利用価値。
奥様曰く、キッチンの前に炊飯器・コーヒーメーカー・ミキサーまで置けて作業性はすこぶる快適とのこと。
そして壁面内部に取り付けた温水機等のリモコン装置の場所もお気に入り。
「まるで我が家の司令官に成った気分です。」と話してくれました。
家のスタイルは木組みを少しだけ表し、大きな空間を介して2階プレイルームへと繋がる。
この場所は音楽好きの家族みんなが集まり、毎日夕飯のあと演奏会が始まるのです。

 

建築DATA

1階床面積 : 87.49㎡           〈家族構成〉
2階床面積 : 54.62㎡            夫婦+子供2人+祖母
延べ床面積 : 142.11㎡     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年4月号掲載]

木の家、木の空間

木の家、木の空間_室内①

仲間を招くのが大好きな家族の為に用意された全長4.3m強の食卓を南方向に見る。右側、筋かいをアレンジした木立状架構は各階からランドマークのように視界に入る。

撮影:安川 千秋

 

40代前半のご夫妻と設計当時小学生だった3人のお子さん達家族の住まいです。
このご家族に出会い、夫妻が日々体当たりで子供達に対している情熱を強く印象付けられました。
この家族にどう「建築」で応えられるか!
そんな思いがこの住宅設計の根底にあったように思います。

 

①南面傾斜地からの夏の卓越風が住宅の隅々を吹き抜けていくこと。
居間・食堂を2階東寄りに、南北縦長に配置し、全長4.3mの食卓や総延長9.1mの調理台+デスクカウンターも、風の流れに沿ってスーッと一方向にレイアウトする構想が、まず浮かび上がりました。

 

②傾斜地正面やや左の横浜方向、西寄り大山・丹沢方向を含む奥深い眺望を取り込むこと。
ふり注ぐ冬の日照をしっかり捉えること。
浴室を2階南西角に位置させ、3つの子供室を1階にずらりと並べ南面させることを続いて確定。
180度のパノラマ状展望が開け、半球状の天空と接するルーフデッキも提案させて頂きました!

 

木の家、木の空間_室内②

2階浴室等の水まわり前の廊下から「小さな吹抜けを持つ階段」を通して居間・食堂方向を見る。

③そして、この住宅北寄り中央の「小さな吹抜けを持つ階段」!
個室群のある1階、居間・食堂や浴室・洗面、北側道路から続く玄関ホールのある2階、そして屋上ルーフデッキ間を、日々家族が上下し移動するこの階段周辺のそこかしこに、一寸ドラマチックな空間的仕掛けを組み込みました。

 

④飾らない、無垢でストレートな素材使いに徹し、環境負荷最少の素材である「木」の架構を力強く表現することにも努めました。

 

⑤等々。

 

書ききれないその他の試みについては、当工房HP「作品」欄を併せて参照頂ければと思います。

 

建築DATA

1階床面積 : 33.57坪           〈家族構成〉
2階床面積 : 33.82坪            夫婦+子供3人
屋 上 屋 : 1.75坪
延べ床面積 : 68.14坪     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年2月号掲載]

Villa Azumino

この度、伝統と格式のある本会に入会させて頂きました、アトリエ・アースワーク 山下和希です。
どうぞよろしくお願いします。

本会を知るきっかけは、先輩会員である倉島和弥氏との出会いがありました。
WEBにて本会を知り、目的と趣旨を拝見し、入会したい旨を失礼ながら倉島氏に電話にて相談させて頂いたのが始まりです。
その時に、会の内容を丁寧に説明して下さり、また、現代表に連絡をして頂きました。

今期、総会にてご承認を頂き、晴れて仲間入りをさせて頂くことになりました。
入会を希望した目的は、会員の皆さんと一緒に家づくりの本来の楽しさを、クライアントである建主に広く理解して頂く活動をすることです。
そして、諸先輩方より家づくりの活動を通してご指導を頂くことにあります。
この歳になると、目上の方の意見は大変貴重なものであり、この会ならばと感じています。
地方出身の若輩者ですが、ご指導を頂ければ幸いです。

Villa Azumino-01_山下

北アルプスをバックにし屋根の形状を幾度となく検討した。
四季の移り変わりが楽しめる住まいである。

ここに紹介する「Villa Azumino」は長野県安曇野市にあります。
そしてこの建物は、私の家族のために私自身が設計した住宅です。
土地探しの最大のポイントは、ロケーションと交通機関の利便性が良い場所で、約1年余土地探しをしました。

Villa Azumino-02_山下

動物たちの目線から見た、LDKと応接室。

この期間はとても長く、諦めかけた時に見つけたのでした。
土地は巡り会わせと言う人がいますがその通りだと実感したのでした。
この場所は雄大な北アルプス連山をバックに住まうことができ、山々は四季折々に様相を変えるのです。

我が家の特徴は、屋根の形状をアルプスの形に見立て計画をしたこと。
また、近隣への配慮として可能な限り建物高さを低く抑えました。
また、冬期の積雪への対策として、玄関先や各室窓部には深い庇を設けました。
リビングから眺める常念岳やアルプス連山からは、常に季節の変化を感じ、日々英気を頂いています。

倉島氏との出会いがあったからこそ、この度この会へ入会をさせて頂けたと思います。

今後は、さらに多くの方々との出会いを頂きながら活動をして参りたいと思っています。
皆様、末永くお付き合いを頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

建築DATA

1階床面積:114.99㎡        〈家族構成〉
2階床面積: 21.55㎡         夫婦+子供3人
延べ床面積:136.54㎡
構 造:木造在来工法 2階建て

[家づくりニュース2013年8月号_掲載]

北デッキの家

北デッキの家01_石黒

[リビング]見晴らしの良い北東側は、ハンモックや食事もできるデッキと連続しています。南側の高窓からの光で明るい場所となりました。

北デッキの家02_石黒

[外観]道路から少し高い所にある敷地に建つので、マウンドのような庭となりました。前面に道路を挟んで公園があるので、視線が通ります。

北デッキの家_石黒

[作業コーナー]子供達が3人で使う作業コーナーです。個室を小さくして、なるべくこの場所で勉強や読書などをします。景色も良いです。

北東側に道路を挟んで公園がある、眺望の良い敷地です。
道路から敷地が少しだけ高いので、マウンドのような庭となりました。

当初は大きな敷地を活かして、1階にリビング、デッキを設ける提案でしたが、建主さんのリクエストで2階のリビング+デッキとしました。
実際はそれが正解で、見通しの良い景色を眺めたり、夏は蚊もこないそうで、居心地のよい場所となりました。
リビングと連続して北東側をデッキとすることで、夏の暑い時期でも比較的、心地よく過ごす事ができます。
このデッキはあくまでも食事をしたり、ハンモックを楽しんだり、生活を豊かにする要素に徹しています。
洗濯物干しは、別の場所に専用のサンルームを設けました。
また、採光は居住スペースの南側に高窓を設けることで、明るくすることができました。
視線的にも隣家を避けて空がきれいに見えるので気持ち良く過ごせます。

1階は個室や書斎があります。
子供室は個室を最小限とし、皆で勉強等ができるように、庭に面して作業コーナーを作りました。

植栽は建主さんと山へ行って選んだ樹木です。
様々な樹木を植えて、街並にも開いた外構となりました。

建築DATA

1階床面積:19.79坪        〈家族構成〉
2階床面積:17.53坪         夫婦+子供3人
延べ床面積:37.32坪
構 造:木造2階建て

[家づくりニュース2013年8月号_掲載]

逗子市久木の家

2階のリビングルーム、奧がキッチンとパントリー、左はダイニング。
リビングとダイニングは家族それぞれの居場所が出来るように引き戸で分けることができる。


逗子の桜並木がきれいな分譲地に建てた住宅です。区画が広いこともあり周辺の家は大きなものばかりの中、若い5人家族のために建坪17坪弱のコンパクトな家を設計しました。

この頃、設計していて心がけていることは、大きな部屋だったりワンルーム風な間取りではなく、家族それぞれの居場所ができるように心地よいサイズの部屋を引き戸で閉じたりつないだりしながら組み立てていることです。時には小さなのぞき窓を付けて気配が伝わるようにします。1人になりたい時は、引き戸や小窓を閉めることで自分だけの空間にすることができます。この家も家族5人が1人になれるように寝室や子供部屋以外にそれぞれの居場所をつくりました。
子供部屋は寝るだけのスペース+ロフト、勉強は3畳ある共用の書斎をつくり両面に本棚、プリンターも収まる収納、2人座れる机、そしてリビングとの間に小窓を付けました。

このコンパクトな家には家族の居場所の他に自転車やサーフボードが入る3畳の外物置、2.5畳の納戸、3.5畳のクローゼット、押入、2.5畳の食品庫、階段下の物入れと十分すぎる収納があります。

小さい家ながらも10年、20年後と暮らし方が変化していっても、5人それぞれに対応した暮らしができる家ができたと思っています。

南からの外観。天井高さ1.4mのロフト部分は高さを低くするために平らに、リビング部分は切妻屋根にした。バルコニーの手すりは前の家が見えず空だけ見えるように高さを調整してつくりました。


1階の玄関と階段。
階段から差す光を呼び込むために境をポリカーボネート板で仕切り、風が通るように半分は引き戸になっている。

敷地面積  : 54.65㎡           〈家族構成〉
建築面積  : 56.01㎡           夫婦+子供3人
延べ床面積 : 110.66㎡(33.4坪)
構  造  : 木造2階建て+ロフト

[家づくりニュース2013年3月号_今月の家_掲載]

二子玉川の家

多摩川を臨む、眺めの良い家
 多摩川の河川敷に面した住宅です。必要な床面積を確保するためと、恵まれた景観を活かすために3 階建てとしています。
 堤防の高さは2階の床よりも高く、上からの視線に対してプライバシーを守る必要がありました。そこで2階には寝室を配し、各部屋毎の小窓でプライバシーのコントロールを容易にしています。一方3階は高めのフェンスで囲われたテラスを緩衝帯とすることで、リビングダイニングと浴室を開放感あふれる空間とすることが出来ました。テラスからは遠く対岸まで見渡せる広々とした景観が広がります。
 1階は将来のカフェスペースとして計画されていて、現在は子供達が工作や遊びに自由に使えるオープンスペースとなっています。
 風致地区の規制や高さ制限などが厳しく難しい敷地でしたが、敷地環境を全て使い尽くそうという建て主の情熱と、ユニークな提案も前向きに受け止めてくれる柔軟さ、そして建てるプロセスを楽しみたいという大らかな気持ちに支えられてこの住宅は完成しました。建て主はこの土地を見つけるのに5 年の歳月をかけたそうです。その思いに少しは応えることが出来たのではないかと思っています。

二子玉川の家_01河川敷を見渡す3 階にリビングダイニングを配し、開放的なテラスへと開いています。

二子玉川の家_02限られた面積の中、広がりを高さと開放感に求めたリビングです。

1 階 : 16.40 坪      〈家族構成〉
2 階 : 16.40 坪       大人 2人
3 階 : 12.00 坪       子供 3人
延べ : 44.80 坪