【 5人家族 】

箍(たが)の家

─ 架け橋になった吹抜階段 ─

 四世代が一つ屋根に暮らす、貴重な計画を預かった家の話です。
 1歳から80代までの5人暮らし。しかし敷地は3mの高低差を持つ傾斜地。それでも世帯を分けず、玄関とお風呂は一つに絞りたいというご家族の結束観。計画に先立って預かった要望は、設計者を最初から「ど真ん中真剣勝負」に追い込むものでした。
 頭を悩ませたのは四世代を繋ぐ動線と高低差。家づくりの中心は居間や茶の間ではなく、幼児から高齢者まで、家族を無理なく楽しく結ぶ連絡空間が最優先に求められます。
 そこで仕掛けたのは光の井戸。家の中心に燦々と日光が注ぎ込まれる階段室です。スキップフロアの上は若世帯。階下は皆が集まる居間、食堂、茶の間。そして中2階に玄関、水廻り、祖父室を設けました。
 つまり、祖父らは玄関ホールから緩い緩い階段を下りれば皆の集まる食卓に付けるし、階段室を共有することで若世帯やお孫さんとの対話も生まれる、という仕掛けです。
 そこに、もう一つ思いが加わりました。吹抜階段に掛けられた竹のガラリです。光を和らげる効果もさる事ながら、この竹は、若くして他界したご家族が大切に手を掛けた竹林から伐り出されました。今、天高き棲まいから「家の箍」となって、優しく力強く家族を見守ってくれています。

箍(たが)の家若世帯の2階ホールから、吹抜階段を通して玄関ホールを見下ろしています。

1 階 : 39.00 坪      〈家族構成〉 
2 階 : 15.00 坪       大人 4人(祖父+夫人+次男夫婦)
延べ : 54.00 坪       子供 1人(孫)
(屋根裏: 6.00 坪)