【 単身 】

自分の家とするためのリフォーム

自分の家とするためのリフォーム-01_荒木

細長い2階居間空間です。ロフトの床を支えていた梁や2階の壁だった部分にあった柱を杉材に置き換えて現しとしました。

小規模な建て売り住宅を、建て主さんの今後の人生において住み心地の良い場所とするため、ご自身の価値観に合った空間や材料に改造した。
建て主さんからは、1階居室の暗さや冬の寒さを緩和したいとのご希望があった。
また、耐震強度の向上も望まれていた。
これらについて予算内に収まる方法での提案と説明を繰り返した。

 

建物は幅が一間半を切る細長い小屋裏収納付き総2階建てだったが、熱が篭りやすく今後は使われなくなると思われたトップライト付きの小屋裏収納の床を取り去り、生活の中心となる2階の一室空間の天井高を上げて、トップライトからの採光をこの空間に満たし、更に階段吹抜けを通して1階にまで達する工夫とした。

 

自分の家とするためのリフォーム-02_荒木

断熱性能を考え、既存の窓の内側に明障子を入れ二重窓としました。

2階は、機能的には和室と寝室に別れるが、引き込みの引戸で仕切ることにより、全体を一室空間の居間として、生活の中心として活用できるようにした。
1階はキッチンと水回りをコンパクトにまとめ、前面道路との間の出来るだけの面積を床暖房の入った土間(土間コンクリート仕上げ)として、近隣の方との会話などの交流の場とした。
土間は階段吹抜けを介して2階居間ともつながっている。

 

土間・畳・板間と材質の異なる空間を、ご自身のための、友人を招いての、近隣の方々との空間としてできるだけ広く取り、これからのここでの生活に伴う人間関係を包み込む「ひとつながりの居間」とした。
予算を考慮して、工事は極力内部側から出来るものに絞った。
サッシュも新しいものに替えることはせず、屋内に明障子を設置して二重窓とし断熱性能を確保した。

 

建築DATA

1階床面積 : 21.49㎡( 6.5坪)          〈家族構成〉
2階床面積 : 21.49㎡( 6.5坪)           一人暮らし
延べ床面積 : 42.98㎡(13.0坪)     
構   造 : 木造2階建て

 

[家づくりニュース2015年11月号掲載]

小田原の家

小田原の家-外観_水口

バリアフリーな平屋から展望のための3階建てのタワーがそびえるような外観。


小田原の家-室内_水口

天井が高く黒い内装とした書庫には古い家のガラス障子やステンドグラスを設置しました。

高齢の母のために息子さんが建てた家です。
ガルバリウム鋼板で仕上げられた少し変わった形のこの家には、脚の調子が良くない母が暮すための平屋のバリアフリーな居住空間と3階の展望室とが収容され、その間をホームエレベーターでつないでいます。
昔、この敷地からも良く見えたという箱根の山波の景色を再び見せてあげたいという建て主さんの強い思いを実現するために設けた3階の展望室は、近接する家の屋根越しに眺望が得られるようにと法的、構造的にも可能な限りの高い位置に設けました。
展望室の外に設けたテラスからは相模湾の海までも望むことができます。

 

3階を高く持ち上げるために結果としてとても天井が高い空間となった2階には、出版関係にお勤めの建て主さんの所持する大量の蔵書のための書庫と、大きな仏壇を置くための仏間を設けました。
書庫の内装は真っ黒に仕上げた上に取り壊した以前の家にあったガラス障子や、新たに大きなステンドグラスをはめ込み、亡き父が使われていた古い机を部屋の真ん中に置いています。
週末には都心で暮らす建て主さんが寝泊りする部屋としても利用されているそうです。

 

建築DATA

敷地面積  : 270.78㎡(81.91坪)          〈家族構成〉
1階床面積 : 66.49㎡(20.11坪)          一人
2階床面積 : 27.18㎡( 8.22坪)
3階床面積 : 14.35㎡( 4.34坪)
延べ床面積 : 108.02㎡(32.67坪)
構   造 : 木造在来工法地上3階建て  

[家づくりニュース2015年4月号掲載]