家づくりHowTo »

大きな収納、安上がり!

 住宅の計画を進めていくと必ず要望で出るのが「たくさんの収納」。棚や引出しをたくさん作り、収納を増やしたいということです。でも予算が……という方にお勧めなのが「たくさんの収納」ではなく「大きな収納」です。棚や引出し、特に引出しを造作家具で作るとたいそうお金がかかります。引出し一つあたり大体一万円程でしょうか。また収納家具は大きくても小さくてもあまり金額が変わりませんので、たくさん色々なところに作ると一件の住宅で数百万円はすぐにかかってしまいます。

 そこでお勧めなのが大きな収納の部屋を作ることです。studio Aで設計する時、最近は玄関近くに2畳程度の収納部屋(かっこ良く言えばシューズクローク)を作るのと、ほかに2畳程度の人が入れる収納(納戸)や床下に人の入れる床下収納室を作るよう、心がけています。玄関脇の収納室は靴はもちろん、お届けものの一時収納や芝刈り機、ゴルフバック、コートなどもガンガン入れられますから便利で玄関周りが簡単に片付きます。一方納戸には既製品のプラスティック製引出しや見栄えのしない棚など活用することで安価で綺麗に収納することができます。

 注意しなくてはならないのはシューズクロークで、靴から出るにおいが充満し臭いが他のものに移ることですが、気になる方は扉を付けることで解決できます。

 「たくさんの収納」ではなく「大きな収納」をお勧めします。

床下収納