家づくりHowTo »

大掃除大作戦Ⅲ

またまた使い回しです。でも私のブログとはちょっと順番が違います。大掃除大作戦Ⅲ_ペンキ塗り用のブラシ
これ、意外と反応が良かったものですから、番外編から格上げしました。
今回は至ってシンプル、でもみな使っていないものを紹介しましょう。新築住宅が竣工して引き渡しまでには通常「掃除屋さん」というプロが掃除をしに入りますが、彼らが必ず使っているのがこのペンキ塗り用のブラシです。アルミサッシの下端など凸凹したところには特に威力を発揮します。アルミサッシの下端は掃除がしにくいのですが、このブラシを使うとかなり綺麗になります。汚れがこびりついてしまっているような所は水を流しながら掃除すると良いようです。年に2回、出来れば季節の変わり目ごとに4回も掃除すればいつも綺麗に保てます。その他ハタキよりも有効にどこにでも使えますから是非一度試してみてください。

さて、今回番外編を除き3種類紹介しましたがなんとすべて外国の製品です。高圧洗浄機と窓用バキュームクリーナーがケルヒャーでドイツ製、電動ブラシがアメリカ製でした。この様な掃除用品は日本のものより一歩先を行っているのでしょうか?
そういえばヨーロッパにいたとき、大家さんの家に行くといつも奥さんが掃除をしていました。ソファーも移動して毎回下まで掃除機をかけるそうです。掃除に対する感覚が日本とは違うな、と思ったものです。
システムキッチンもポーゲンポール、アルノ、ジーマティックなど有名な高級品はみなドイツ製ですね。オーブンや食器洗い機も高級品はガッゲナウ、AEG、ボッシュ、ミーレなどみなドイツ製でデザインもよく、綺麗です。「ドイツの家庭ではキッチンが汚れるような食事の時は外食するから・・」なんて言う悪い冗談もありますが。