Information TOP » お知らせ » 新刊本のご案内 »

新刊のご案内〜「こだわりの家づくりアイデア図鑑」



「こだわりの家づくりアイデア図鑑」
ー 快適な住まいの仕組みがわかる ー

NPO法人家づくりの会 (著)
エクスナレッジ社(2015/07)/ 価格:1,600円+消費税

 

こだわるべきところは間取り、収納、設備、構造といった
大きな部分だけではありません。
ドアノブや、キッチンのタイルといった小さな部分もこだわりぬき、
十分に吟味することで、住まいの質はぐっと向上するのです。

 

本書はベテラン設計者がオススメする「こだわりの家づくり手法」の数々を
イラストを使って分かりやすく紹介したものです。

 

■主な内容
  1章 建物のかたちや構造にこだわる
      住宅には仕上げや設備などいろいろな要素がありますが、
      何よりも大切なのはその骨格をきちんとつくることです。

 

  2章 間取りや動線にこだわる
      奇抜なアイデアは必要ありませんが、暮らし方は人それぞれ。
      居心地のよい住宅を実現するために、部屋と部屋を並べる「間取り」、
      行為と行為をつなぐ「動線」を考えるだけでなく、
      家族間の「コミュニケーション」、厚くも寒くもない「快適さ」、
      人の成長に合わせた「可変性」への配慮も必要です。

 

  3章 収納の設えにこだわる
      たかが収納、されど収納。主役にはなりにくいのですが、
      住みやすい家の善し悪しを決める重要なポイントのひとつです。

 

  4章 材料や設備にこだわる
      設備や照明器具のカタログは毎年のように更新されています。
      省エネ、安全性、新機能が付加されて…… 
      しかし、設備のこだわりとはそのスペックの進化のことではありません。

 

  5章 細部にこだわる
       この章では、設計者が隠し持ったマニアックで細かなパーツや
       つくり方のアイデアの数々を紹介します。

 

  6章 環境にこだわる
       採光・通風・温熱環境など、家づくりの大きなテーマの
       小さな工夫について紹介します。

 

  7章 外廻りにこだわる
       外廻りは建物の「外部」そのものの部分と、「外構」とに分けられます。
       それらの要素を明快に分けるのではなく、双方に関係性をもたせ、
       その関係を曖昧にすることで、心地良さが増したり、
       小さな敷地でも奥行き感が演出できたりと、
       さまざまな付加価値を与えることができるのです。

 

 

ー「はじめに」より抜粋ー
魅力的な家とはどのような家でしょうか?
それは私たち設計者にとっても頭を悩ます永遠の課題ではありますが、ひとつ言えるのは、何かキラリと光るアイデアや考えが盛り込まれていることだと思います。
たとえば、左官の壁や木の床など素材の持つ魅力を最大限享受できる家。あるいは、かゆいところに手が届くように収納や動線に配慮が行き届いた家。または、家のどこからでも外の緑が見え、四季の変化が身近に感じられる家、合理的な工法でローコストに建てられる家などと、魅力的な家にもいろいろあります。それらの家が魅力的に見えるのは、設計者がよりよい家を求めて突き詰めて考え大切にしていること、すなわち「家づくりのこだわり」があるからです。
この本は「NPO法人家づくりの会」の有志でまとめています。それぞれが日々住宅設計と向き合っている設計者です。
彼らのアイデアや考えから生まれた「こだわり」をご覧いただければ幸いです。

 


その他の発行書籍は
»【出版】書籍案内
をご覧ください。