【 アトリエ・アースワーク 】の家づくり

森のあとりえ

森のアトリエ-LDK_山下

仲間が集い語らう大空間のLDK、赤いキッチンが心を高揚させます


森のアトリエ-室内_山下

窓の向こうには四季折々に表情を変える安曇野の景色が広がります

長野県安曇野市の西の端、雄大な北アルプスの麓に建つ「森のあとりえ」は忙しく日々を過ごす都内在住のクライアントが、学生時代の想い出がたくさん詰まった信州松本・安曇野で「いつもと違う暮らしがしたい」、「安曇野で活躍する作家達のギャラリーとなる空間を持ちたい」「最終的には移住をする」という事を前提に計画された別荘です。

 

「いつもと違う暮らし」を楽しむため、オフホワイトと木を基調とした作りの中に玄関ドアをはじめとする赤・青・緑の「色」や「模様」などポップな要素を取り入れました。
「色・模様」を取り入れる事で建物は全く違った表情を持ち、それらを目にする事で視覚的な面から心の高揚感が溢れ出し、住まい手の個性が溢れた「いつもと違う暮らし」が生まれました。

森のアトリエ-玄関_山下

お客様を明るく元気よく迎えてくれる赤い玄関ドア

また、クライアントが集めた「安曇野の作家達」による作品を飾るスペースも各所に設け、時には作家達に展示ギャラリーとして利用して貰いたいとのクライアントの心遣いがあります。

 

もう一つの「いつもと違う暮らし」は、北アルプスに面した南・西面には大きな窓とテラスを設け、四季折々に移りゆく北アルプスや里山の風景、森を吹く風、沢を流れる水の音、しんしんと音を立てずに降る雪さえもがまるで自分だけのためにあるかのように感じます。
35畳という大空間のリビングでは、集まってくる仲間達も自由に料理を作ったりお喋りを楽しんだりして、「いつもと違う暮らし」に触れてもらおうとの思いから、赤い扉のオープンなアイランド型キッチンが設置されています。

 

建築DATA

1階床面積 : 21.97㎡ ( 6.64坪)          〈家族構成〉
2階床面積: 114.11㎡ (34.51坪)            夫婦など
延べ床面積: 136.08㎡ (41.16坪)
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2016年5月号掲載]

宇須の家

旧市街地・和歌山市宇須にての建て替え

撮影:長岡 浩二

宇須の家-外観_山下

ファザードから玄関・中庭に続く庇。


『宇須の家』は和歌山城下中心部にあり、古い民家が数多く残る旧市街地に計画されました。

 

世代が進むことで町並みが変わり、そして新旧が混在しながらも移り替わる様子が伺えます。
また、依頼主であるご夫妻は築75年経過した町家を購入されその後、この家で15年間子育てをされた後に建替えを決意したと言われます。
自分たちがシニアになり、子供が成長したから「こんどは我々の楽しむ番」との事。
新築する建物が与える周辺環境への配慮を第一に考え、時間の経過と共に町並みと調和する住宅になる様願われました。
平面計画としては敷地の特徴より、間口が狭く奥行きが長い敷地ゆえに、(間口8m╳奥行30m)建物の中央に坪庭を設ける事で、リビング・ダイニング、2FMBR(主寝室)への通風と採光を取るようにしました。
ウナギの寝床スタイルではどうしても玄関までの距離が長く成る、その部分に幅1.6m╳長さ12mの庇を採用しました。
そうする事でファサードを印象付ける形となり、何より急な降雨時にも安心して玄関まで辿り着く結果を生みました。
ご夫妻から出された第二の希望は、子供たちが巣立った後でも戻ってこれる場所を残したい。
その為に和室が2室必要との事。そして子供たちが一緒に住まなくとも、子育て時に残した思い出の絵や写真を飾る事が出来る壁を作りたいとの事でした。
私が提案した場所は誰の目にも触れる玄関先でした。
また、造船会社を経営される傍ら、思い出の品である舵をその壁に飾り付けました。
この家の設計をさせて頂き学んだ事は、住まいは家族の思い出作りの場所であり、そしていつでも戻って来られる場所で有る事でした。

宇須の家-室内_山下

左)リビングより玄関先を見る。                右)玄関先の階段室。思い出の絵を飾る。

 

建築DATA

1階床面積 : 85.69㎡ (25.92坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 85.69㎡ (25.92坪)            夫婦
延べ床面積 : 171.38㎡ (51.84坪)     
構   造 : 木造在来工法2階建て

[家づくりニュース2015年3月号掲載]

キッチン中心の住まい

キッチン中心の住まい_室内01

奥様お気に入りのキッチンスタイル。素材は珪藻土塗りで仕上げました。
ダイニングテーブル上部照明は大好きなマリメッコで!


キッチン中心の住まい_室内02

リビングルームから2階子供室に繋がる吹き抜け

この住まいは東京から450キロメートル離れた和歌山県岩出市に建てられました。
希望はキッチンを中心に生活出来る空間構成でした。

 

よく見かけるLDKですが、キッッチンの右手にはダイニングスペース。
反対の左側にはリビングスペースを配置、横並びにする事で動線計画が単純化され家事動線がとても便利と評判。
またスタイルはアイランド型キッチンスタイルなのですが(サイズ90㎝×270㎝)手元をあまり見せたくないために水栓金具の高さを基準に三方袖壁を設けました。
写真では見えていないけれど、天板カウンター幅サイズも3種類に分類し、機能面も重視しました。
ここまではよく有るのですが意外と今まで気がつかなかった奥行き90㎝の利用価値。
奥様曰く、キッチンの前に炊飯器・コーヒーメーカー・ミキサーまで置けて作業性はすこぶる快適とのこと。
そして壁面内部に取り付けた温水機等のリモコン装置の場所もお気に入り。
「まるで我が家の司令官に成った気分です。」と話してくれました。
家のスタイルは木組みを少しだけ表し、大きな空間を介して2階プレイルームへと繋がる。
この場所は音楽好きの家族みんなが集まり、毎日夕飯のあと演奏会が始まるのです。

 

建築DATA

1階床面積 : 87.49㎡           〈家族構成〉
2階床面積 : 54.62㎡            夫婦+子供2人+祖母
延べ床面積 : 142.11㎡     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年4月号掲載]

Villa Azumino

この度、伝統と格式のある本会に入会させて頂きました、アトリエ・アースワーク 山下和希です。
どうぞよろしくお願いします。

本会を知るきっかけは、先輩会員である倉島和弥氏との出会いがありました。
WEBにて本会を知り、目的と趣旨を拝見し、入会したい旨を失礼ながら倉島氏に電話にて相談させて頂いたのが始まりです。
その時に、会の内容を丁寧に説明して下さり、また、現代表に連絡をして頂きました。

今期、総会にてご承認を頂き、晴れて仲間入りをさせて頂くことになりました。
入会を希望した目的は、会員の皆さんと一緒に家づくりの本来の楽しさを、クライアントである建主に広く理解して頂く活動をすることです。
そして、諸先輩方より家づくりの活動を通してご指導を頂くことにあります。
この歳になると、目上の方の意見は大変貴重なものであり、この会ならばと感じています。
地方出身の若輩者ですが、ご指導を頂ければ幸いです。

Villa Azumino-01_山下

北アルプスをバックにし屋根の形状を幾度となく検討した。
四季の移り変わりが楽しめる住まいである。

ここに紹介する「Villa Azumino」は長野県安曇野市にあります。
そしてこの建物は、私の家族のために私自身が設計した住宅です。
土地探しの最大のポイントは、ロケーションと交通機関の利便性が良い場所で、約1年余土地探しをしました。

Villa Azumino-02_山下

動物たちの目線から見た、LDKと応接室。

この期間はとても長く、諦めかけた時に見つけたのでした。
土地は巡り会わせと言う人がいますがその通りだと実感したのでした。
この場所は雄大な北アルプス連山をバックに住まうことができ、山々は四季折々に様相を変えるのです。

我が家の特徴は、屋根の形状をアルプスの形に見立て計画をしたこと。
また、近隣への配慮として可能な限り建物高さを低く抑えました。
また、冬期の積雪への対策として、玄関先や各室窓部には深い庇を設けました。
リビングから眺める常念岳やアルプス連山からは、常に季節の変化を感じ、日々英気を頂いています。

倉島氏との出会いがあったからこそ、この度この会へ入会をさせて頂けたと思います。

今後は、さらに多くの方々との出会いを頂きながら活動をして参りたいと思っています。
皆様、末永くお付き合いを頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

建築DATA

1階床面積:114.99㎡        〈家族構成〉
2階床面積: 21.55㎡         夫婦+子供3人
延べ床面積:136.54㎡
構 造:木造在来工法 2階建て

[家づくりニュース2013年8月号_掲載]