【 マツザワ設計 】の家づくり

「リフォーム」から「リノベーション」

「リフォーム」から「リノベーション」01_松澤

[現状を残す和室] 落ち着いた和室を極力保存しながら、耐震補強と断熱補強をしっかりと行いました。


数年前までは、建て替えかリフォームか?というような記事がよく見られました。
私も相談があった場合、1,000万円を超えると建て替えを勧めていたような気がします。
またリフォームの依頼も設計事務所にはほとんどありませんでしたが、ここ5年くらいの間に状況がドンドン変わって参りました。
リフォームの依頼が全く無かったわけではありませんが、増築や間取りの変更、バリアフリー化などの数10万円から300万円くらいまでのものがあった程度でしたが、法改正で増築が難しくなったり、耐震補強の補助金が出るようになったり、住宅が余る状況や不景気感があったりで、住宅工事を取り巻く環境が大きく様変わりして参りました。
ここ2、3年は私の事務所でもリノベーションの依頼が少しづつですが出て参りました。

 

リノベーションはリフォームと違って、規模が比較的大きな工事で、新たな魅力を加えるものと考えていますが、そのスタートは耐震補強からのものが多くなっています。
もちろん家族構成が変わって、建て替えるのもどうかな?という建て主さんもいます。
今、建て替えかリノベーションか?の分岐点(総工費)は、既存建物の程度にも拠るのですが、構造的に補強が可能であれば1,500万円かなと考えています。
構造的には比較的安心な、マンションの木の家化などもしたいと考えていますが、戸建の場合は構造体に不安が残るので、しっかりとした事前調査や打合せが必要になります。
新たな魅力を加えるという点では、建築家に依頼する価値が十分にあると思います。
単に直す、きれいにするのではなく、フルのリノベでは新築とは違った魅力を得られるかも知れません。

 

「リフォーム」から「リノベーション」02_松澤

[大きく変わったLDK+] 応接間+DK+和室+縁側を、ほぼワンルームのLDKとして、快適で楽しい空間としました。隣接した脱衣室、浴室、トイレも新しくし、動線をスムーズにしています。

「リフォーム」から「リノベーション」03_松澤

[外観] 昭和56年新耐震になる前の住宅の耐震補強+バリアフリー化+いろいろ今回のリノベーションは珍しいパターンではありますが、予算の関係で外部はあまりいじらない工事となりました。

 

 

建築DATA

1階床面積 : 76.599㎡(23.17坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 33.124㎡(10.02坪)            夫婦
延べ床面積 : 109.723㎡(33.19坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2016年3月号掲載]

吹上の家 ~県産木材の住宅~

吹上の家-室内_松澤

子供室。杉と漆喰の空間です。将来は二部屋に分割かな?


県産木材で家をつくりたい・・・から始まった家づくりです。

 

吹上の家-階段_松澤

いつもの中板が無垢板の階段。段板はケヤキ。
手摺は何でしょう?

先ずは土地探しからスタート。2物件目で気に入った土地が見つかり、さっそく計画が始まりました。
予算の関係もあり、長期優良住宅の地域型住宅ブランド化事業に応募し、採択されました。
多少のルールはありますが、ほぼいつもの木の家で要件はクリア出来ますが、構造計算が必要となり、手続きでの木材の伝票処理がネックです。いろいろクリアして、断熱性能と構造強度の高い家が完成しました。予算の関係で、当初予定していた「そよ風」と床暖房は断念せざるを得ませんでしたが、ほぼ建て主さんの希望は満たせたと思います。

 

吹上の家-外観_松澤

北西外観。まだ予算の都合で外構は手付かず。

お子さんは生まれたばかりで、これからが家族にとって大事な時期です。安全で快適な住まいで、楽しく親子で成長して行く事でしょう。
大きなテーマとしては、外部はメンテナンスフリーを目指し、内部は木と漆喰で開放的な空間を目指しています。都心部に比べると敷地は50坪と広いのですが、日照条件をかなり気にされたので、地盤も1階床高も上げています。その為、玄関へのアプローチの段差と階段の段数が増えています。
暮らし方にも当然、様々なこだわりがあり、計画には時間が掛かりました。あそこを変えると、こっちが駄目になり・・・と。どこかで妥協は必要ですが、先ずは我儘いっぱいで家づくりには臨んで下さい。
私たちが出来るだけ嫌な顔を見せずに解決して行きます。

 

建築DATA

1階床面積 : 58.66㎡ (17.75坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 50.40㎡ (15.25坪)            夫婦+子供1人
延べ床面積 : 109.06㎡ (33.00坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2015年5月号掲載]

参道の家14

参道の家14外観_松澤

開放的なバルコニーを2、3階にL字で、屋上にはもっと素敵な場所が!

大きな神社の参道沿いの敷地に建つ住宅です。
風致地区に指定された緑豊かな環境ですが、準防火地域でもあり、法的な規制のクリアが大きな課題となりました。
建ペイ率が40%のため、2世帯の家族の必要な部屋を確保するためには3階建てにしなければならず、今回は準耐火構造(一部燃え代設計)とする事で、木造3階建てで、出来るだけ木を露出させた家を実現する事が出来ました。

 

外部は周辺に合わせたモルタル塗りの上、塗装仕上げです。
バルコニーは出来る限り参道の木々の緑を楽しめるように開放的にして、特にロフトにつながる屋上のバルコニーからの景色は最高です。
参道から出入りが出来るギャラリーは、家族や友人たちと音楽を楽しんだり、庭でバーベキューを楽しんだりできて、先々は近所の方との交流の場となればと考えています。

 

玄関は参道と反対の東の通りにつながっていて、大きな木戸を開くとギャラリーのテラスともつながります。
アプローチから玄関はいつもの安田瓦の敷瓦を敷きこんであり、重厚な500年生の杉板の玄関戸に導きます。
内部は漆喰と木の仕上げになっていて、無垢の床板(桧・胡桃)+床暖房部分と、無垢の杉板部分が大半を占めています。お母さんのためのエレベーターが設けられ、生活空間の中心は2階となります。
夫婦と子供の個室は3階に、個性豊かな空間として設けられています。

 

1階のギャラリーの水廻り、2階のキッチン、3階洗面部分には建て主さんがじっくり選んだモザイクタイルが貼られ、いつもの木の家とはちょっと違っています。
ただし、栗の末口(細いところ)450ミリの1~2階の通し柱がやっぱりと思わせます。

参道の家14室内_松澤

障子を開けると参道の緑が飛び込んで来ます。

 

建築DATA

1階床面積 : 57.01㎡(17.25坪)                 〈家族構成〉
2階床面積 : 58.67㎡(17.75坪)                  お母さん+夫婦+子供3人
3階床面積 : 58.67㎡(17.75坪)
R階床面積 : 9.50㎡(PH、ロフトのため延べ床に含まず)
延べ床面積 : 174.35㎡(52.75坪)    
構   造 : 木造3階建て(準耐火構造)

[家づくりニュース2014年9月号掲載]

北杜の家

北杜の家_外観

富士山側(南)から見た外観写真です。そよ風と太陽光発電が共存しています。小屋裏利用の2階はゲストルームです。

定年を迎え、山梨に移住。
ここ数年、そんな方が増えていて、那須へ、安中へ、また那須へ、そして今回の北杜へと建て主さんを送り出しています。
まあ、それほど大袈裟な話ではなく、好きなところで好きな事をして、のんびりと過ごしたいだけの引っ越しです。
でも、最初に気になるのが普段の生活です。
余計なお世話かもしれませんが、買い物はどこで? 病院はどこに? 毎日何をするのか?
いろいろ気になりましたが、皆さんしっかりとそのあたりは押えていて、どこも心配の要らない環境が整っていました。

北杜の家_木組み

家を東西に貫く吹抜け廊下の木組み

今回の北杜の家の建て主さんは、お会いしてからしばらくは私に依頼するかどうか、検討されていたのだろうと思われました。
見学会にも何度か参加され、事務所にもみえましたが、最終的には東京ビッグサイトでの朝日住まいづくりフェアに参加している時にお声が掛かりました。
このイベントは毎年5月に開催されていて、今年で3回目の参加になります。
一昨年のイベントから2年後の今年4月にやっと完成しました。
長期優良住宅、そよ風、エコキュート、太陽光発電、薪ストーブと盛りだくさんの上、セルローズファイバーと外断熱併用で高断熱化された木と漆喰の家です。
でも、つくりは木組みを見せてはいますがシンプルな住宅です。
この家の「一番」はまわりの山々と田園風景です。
富士山、八ヶ岳、南アルプスに囲まれた大自然の中での暮らしは快適です。

建築DATA

1階床面積 : 37.18坪           〈家族構成〉
2階床面積 : 11.00坪           夫婦
延べ床面積 : 48.18坪     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2013年7月号_今月の家_掲載]

飯塚の家 11

 昨年末に完成した4人家族の家です。敷地は北と東が道路で、南は2階建ての共同住宅、そして西は神社の広場でいつも子供たちが楽しそうに遊んでいます。
 建て主さんとはホームページを通じて、さいたま市の建築セミナーで出会い、今のお住まいを訪問して契約へと進みました。親の土地を分けてもらって建てるという恵まれた環境ではありましたが、これから住宅の融資を受け、返済しながら子育てをするのは大変です。出来る限り負担を抑える意味でも「長期優良住宅」の採用は不可欠でした。
 マツザワ設計に依頼があったという事は、もちろん木の家でという事になりますが、建て主さんが単に木の家を望んでいるわけではなく、健康や環境問題、木の質感、和風など希望している内容は各々異なります。また、それらの要望が全てではなく、当然ご主人の夢、奥さんの憧れ・現実の希望、子供たちの要望なども重要です。
 いくつか大きな希望として
 ・吹抜けを見上げると木の骨組みと漆喰がきれい!
 ・ぐっと目をひく大黒柱(丸太)が欲しい!
 ・子供が暴れても、追いかけっこをしても良いような間取り!
 ・隣の公園の木々を見ながらお茶を飲みたい!
 ・バイクいじりができ、いろいろ作業ができるアトリエが欲しい!
 ・夕陽を見ながらソファーに腰掛け、ゆっくりとお酒が飲みたい!
 ・リビングにつながるデッキでバーベキューをしたい!
 ・木材は高価でなくても良いので、使い込むうちに飴色の艶が出るもの!
というような希望の他、一般的なキッチンや仕上げや使い勝手の希望もたくさん頂き、夢がいっぱいの要望でしたが、実際に動き出すと予算と現実の中でいかに夢を形にするかの作業が続きました。いろいろ予算では苦労しましたが、そよ風(空気集熱システム)も採用され、快適で健康的な省エネ住宅が完成しました。

飯塚の家 11
建て主さん希望の吹き抜けを見上げると、木の骨組みと漆喰の壁(一部板張りに)と木と空と。

飯塚の家 11
寝室から見下ろしたアイランドキッチン。上にはファミリースペースがあり、このあたりに家族が集います。