【 光風舎一級建築士事務所 】の家づくり

「久が原の家」子育てを楽しめる二世帯住宅

久が原の家-LD_吉原

キッチンを中心とし、自然素材を使った気持ちの良いリビングダイニング。


二世帯住居の生活スタイルは、昔とは違い随分と多様化してきています。
二世帯とされる理由としては、共働きをする子世帯が増えたこと、将来の親世帯の高齢化を考えて、実家を受継ぎたいなど様々です。二世帯住宅は生活の場が重なることにより、建築費や光熱費などの経済的なメリットがあり、実家の建て替えやリノベーションの場合には、特にその効果が大きくなります。また経済面だけでなく、急な外出や病気などいざという時に、世帯間でサポートし合えるという安心感、親世帯は子や孫と暮らせる楽しみ、子世帯にとっては家事や育児の協力が得られるというメリットがあります。そして二世帯住宅は、いくら親子といっても生活スタイルや趣味の違いがあるので、世帯間の要望をバランスよく、自由な発想でプランに纏めてゆくこと事が重要なポイントとなってきます。
各世帯間のプライバシーを確保し、みんなが集まれるパブリックな場所とそれぞれが落ち着ける居場所を考え、また親世帯が高齢となった場合のバリアフリー対策なども大切です。

 

久が原の家-ロフト_吉原

リビングに繋がるロフトは、子供たちの秘密基地。

「久が原の家」は、もともとご両親が住まわれていた家を、マンション住まいだった子世帯と一緒に暮らすために建て替えた家族6人のための二世帯住宅です。上下階に各世帯をゾーン分けすることにより、お互い気を使わないよう世帯間のプライバシーを尊重しつつも、同居することによって家事・育児が協力でき、さらに将来、介護の面でもサポートし易いように計画しました。
1階は、親世帯のためにスロープや引戸、広い水回りの計画などにより「バリアフリー」に配慮し、趣味の庭いじりも楽しめるプラン。2階はキッチンを中心とし、ダイニング、リビング、子供スペースと繋がる、子世帯が「子育てを楽しめる家」がテーマの住まいとしました。

 

建築DATA

1階床面積 : 78.66㎡(23.79坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 82.81㎡(25.05坪)            両親+夫婦+子供2人、計6人
延べ床面積 : 161.47㎡(48.84坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2015年5月号掲載]

記憶を受継ぐ家

記憶を受継ぐ家-外観_吉原

昔の面影を残しつつ、生まれ変わった外観。


以前、ここにも書いた住まいが完成しました。
この住まいは、築40年近くとなる木造2階建てのリノベーションです。
昭和56年以前の建物なので、現在の耐震基準を満たしておらず耐震性に不安があることと、親世帯だけで住んでいた住まいを、子世帯と共に住む2世帯住宅につくり直せないかと計画が始まりました。

 

愛着ある住み慣れた住まい。
親の代から住み続けられ、数々の思いでが刻まれた家族の居場所。
新築かリノベーションかと随分迷われましたが、後世代に家の記憶を残し、2世帯それぞれが程よい距離感が保てるよう全体的にプランを考え直し、構造や断熱、設備なども、もとの性能以上にし建物を再生させることとなりました。

 

古いモノを今の生活に取り込むリノベーションは、新築とは違った様々な発見があります。
古いモノの中に見つける新しい価値、キズのついた柱や梁、年季の入った障子や欄間は、家族の歴史を表し、空間に奥行を与えてくれます。
何十年も使い込まれたモノだからこそ味と深みが生まれ、住まいにくつろぎや落ち着きをもたらします。
古いものと新しい技術が程よく織り交ざった住まい。
以前の家の記憶を残しつつ、次の世代に受継がれる住まいとなりました。

 

記憶を受継ぐ家-室内①_吉原

井が落とされ開放的になった室内。
子供部屋のロフトに繋がる小窓。

記憶を受継ぐ家-室内②_吉原

書院格子や障子、古材などを再利用、無垢板や漆喰など古い材料と馴染む室内。

建築DATA

1階床面積 : 33.03㎡ ( 40.24坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 72.71㎡ ( 21.99坪)            両親+夫婦+子供2人
延べ床面積 : 205.74㎡ ( 62.23坪)     
構   造 : 木造2階建て+ロフト

[家づくりニュース2014年3月号掲載]

リノベーションという選択

骨組み状態のみになった建物


ただ今、築三十数年となる木造2階建て住宅のリノベーション工事中です。
キッチンや浴室の一部やり替え、壁紙の張替えなど比較的小規模な工事をおこなう「リフォーム」と違い「リノベーション」とは、建物を柱と梁だけの骨組み状態にして、新たに間取りを考え直し、耐震補強をおこない、老朽化した設備配管などを取替え、もとの建物性能以上に再生させる工事のことです。

現場にあった鶴と松の書院格子

もともとはご両親が住まわれていたこの住まい、子世帯に孫が生まれたことをきっかけに、2世帯住宅として一緒に暮らすことができないかと計画が始まりました。

現場は、都心の道路より奥まった緑に囲まれた静かな環境。
室内に入ると床はたわみ多少ガタがきているものの、手の込んだ欄間や格子戸、立派な床柱、庭の眺めなどが目に入りました。

建替えか、リフォームか? 
と悩まれた末、後世代に家の記憶を残し、2世帯が程よい距離感が保てるようプランを考え直す、リノベーションという選択となりました。
リノベーションとする理由は、住み慣れた家に愛着がある、継いだ家を守りたい、建替えると面積が減ってしまう、少しでもコストを抑えたいなど様々です。
木造住宅は柱と梁が構造体となっているので改築しやすく、大きく間取りや水回りを変更しても適切に設計してゆけば何世代にも渡って住み続けることが可能です。

完成予定模型

完成予定模型

先ずは、骨組みの見直しです。
建物の構造基準は、昭和56年に「耐震」に対する考え方が根本的に改正されました。
このことから、改正以前の基準の建物を「旧耐震の建物」、以降の建物を「新耐震の建物」といいます。
旧耐震の建物は、現状の耐震診断をおこない、今の構造基準を満たすように補強計画を考えなければなりません。

表面的な化粧直しだけでなく、構造補強や断熱性能を高めるリノベーションは、新築に近いコストが掛かります。
東京都では、耐震補強工事やバリアフリー改修などに掛かる費用の一部を助成する制度もあるので要チェックです。

解体工事を終え、骨組みだけになった建物は壮観です。
親の代から住み続けられた住まい。数々の家の思い出。
次の次の世代と同じく、新たに生まれかわるための準備です。

建築DATA

延べ床面積 : 62.23坪           〈家族構成〉
構   造 : 木造2階建て         両親 + 夫婦 + 子供2人

[家づくりニュース2013年6月号_掲載]