【 森ヒロシ建築設計所 】の家づくり

逗子市久木の家

2階のリビングルーム、奧がキッチンとパントリー、左はダイニング。
リビングとダイニングは家族それぞれの居場所が出来るように引き戸で分けることができる。


逗子の桜並木がきれいな分譲地に建てた住宅です。区画が広いこともあり周辺の家は大きなものばかりの中、若い5人家族のために建坪17坪弱のコンパクトな家を設計しました。

この頃、設計していて心がけていることは、大きな部屋だったりワンルーム風な間取りではなく、家族それぞれの居場所ができるように心地よいサイズの部屋を引き戸で閉じたりつないだりしながら組み立てていることです。時には小さなのぞき窓を付けて気配が伝わるようにします。1人になりたい時は、引き戸や小窓を閉めることで自分だけの空間にすることができます。この家も家族5人が1人になれるように寝室や子供部屋以外にそれぞれの居場所をつくりました。
子供部屋は寝るだけのスペース+ロフト、勉強は3畳ある共用の書斎をつくり両面に本棚、プリンターも収まる収納、2人座れる机、そしてリビングとの間に小窓を付けました。

このコンパクトな家には家族の居場所の他に自転車やサーフボードが入る3畳の外物置、2.5畳の納戸、3.5畳のクローゼット、押入、2.5畳の食品庫、階段下の物入れと十分すぎる収納があります。

小さい家ながらも10年、20年後と暮らし方が変化していっても、5人それぞれに対応した暮らしができる家ができたと思っています。

南からの外観。天井高さ1.4mのロフト部分は高さを低くするために平らに、リビング部分は切妻屋根にした。バルコニーの手すりは前の家が見えず空だけ見えるように高さを調整してつくりました。


1階の玄関と階段。
階段から差す光を呼び込むために境をポリカーボネート板で仕切り、風が通るように半分は引き戸になっている。

敷地面積  : 54.65㎡           〈家族構成〉
建築面積  : 56.01㎡           夫婦+子供3人
延べ床面積 : 110.66㎡(33.4坪)
構  造  : 木造2階建て+ロフト

[家づくりニュース2013年3月号_今月の家_掲載]

辻堂海岸の小さな家

 辻堂海岸からワンブロック入ったところに出来た、延べ面積22坪+ロフト5坪の小さな家です。ロフトは天井の高さが1.4mのフラット天井、ロフトの窓は神奈川県の条例でロフト面積の20分の1に制限されているためロフトを明るくするほどの窓はつくることが出来ません。このため2階リビングとロフトの間に4畳ほどの吹き抜けをつくり、ここに南と東面に大きな窓を付けました。この窓のおかげで、2階のリビング・ダイニングとロフトに十分すぎるほどの光を取り入れることが出来ました。
 仕上げは床が埼玉県西川の杉材、壁と天井は紙張り、寝室と子供部屋、洗面室は建て主さんは珪藻土を自主施工しました。塗装も頑張って塗ってくれました。
 
 ご夫婦とも海のある神戸っ子で、海の近くに住みたいと東京から辻堂に引っ越しし、土地探しと設計者選びを始めました。土地も建物も自分たちの力でと頑張る姿は設計者としても応援したくなるもの。こちらに来て地域の仲間たちにも恵まれ、ご夫婦で波乗りを始め、出社前に波乗りをするほどに地元に溶け込んでいます。この家にはバルコニー下にボード置き場を、そこから直接浴室につながっています。小さいけれども建て主さんの希望と夢が叶った楽しく気持ちの良い家が出来たと思っています。 

外観:正面は四角い形ですが、後ろは勾配屋根が掛かっています。

辻堂海岸の小さな家
内観:完成祝いの食事会風景。出窓からはお隣の庭が一望、ロフトからは富士山が顔を出しています。