【 福田建築設計事務所 】の家づくり

春日部のいえ/2.5世帯で住む住まい

春日部のいえ_室内_福田

2階の居間は勾配天井にして梁を見せて、小さなお子さん用にブランコがかけられるようにしてあります。


この度、家づくりの会に入会させて頂きました、福田建築設計事務所の福田隆一と申します。
会に入らせて頂くきっかけとなったのは、6年前に現事務所を立ち上げ独立した際、たまたま建築雑誌でみた家づくり学校生徒募集の文字。
この学校に出会い設計者として建築家としての心構えを勉強させていただいたことが、今の入会につながっています。
家づくり学校とは、家づくりの会の先輩方が運営されており、良質な住宅設計を目指す若手設計者に向けた、実践型カリキュラムを4年間で学ぶ学校です。
(先日、建築学会の教育賞も受賞されました。僕はかろうじて若手で入れてもらえました。)
独立したての右も左もわからない時期に、この学校に出会えたことはとてもラッキーなことでした。
今回、会に入会させていただき、よりよい家づくりを提供していけるように、皆さんといっしょに勉強しながら楽しく活動していければと思っております。
よろしくお願いします。

 

春日部のいえ_室内02_福田

1階の居間は、明るめの色味で統一し落着き感を持たせました。

まだ独立したばかりで、実績は少なく、ご紹介できる物件は本当に限られてしまうのですが、去年竣工した2世帯で住まう家をご紹介したいと思います。
この家は、地元の足立区の大工さんから紹介を頂いたお施主さんの家です。
細かく言うと2.5世帯となる大家族の家となります。
いままでお互い離れて住んでいた人たちが集まって一緒に住むということはやはり課題が多く、家に対する思いの違いや世代間の生活感の違い、お金に関する感覚の違いや時間のずれ・・・などなど、住む人みんなのヒアリングからスタートし、意見のまとめに右往左往しながら、何度も何度も、間取りを練り直しやっと出来上がった気持ちの良い家です。
生活空間は1階と2階で分け、インテリアに対する趣味の違いや、生活への思いの違いを分けました。
なるべく素材も自然なものを採用し、小さなお子さんにも本物に触れることのできる空間ができたと思います。周辺は田んぼに囲まれたとても環境の良いところです。
カエルの声、合唱を久しぶりに聞きました。
末永く、仲良く住み続けていただけたら、うれしいなと思い、願います。

 

建築DATA

1階床面積 : 70.38㎡(21.28坪)           〈家族構成〉
2階床面積 : 70.38㎡(21.28坪)            祖母+母+若夫婦+子供2人
延べ床面積 : 140.76㎡(42.57坪)     
構   造 : 木造2階建て

[家づくりニュース2014年10月号掲載]