NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 生活-018 ]
サラハウス

生活多様化部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

仕事をする場であり子育てと生活の場でもある住宅です。
間口二間半、奥行き六間の切り妻の架構に、水回りを納めた小さな直方体ボリュームを貫入させて、ワンルーム空間を分節しています。

敷地は自動車の入れない細い路地のほぼ突き当たり、南北にやや長い敷地です。
南側の道路に面する間口は狭く、奥に広くなっており、周囲は中規模の住宅が建っています。
南北へ抜ける海風の通り道を残して建物を西側へ寄せて配置しています。また、限られた住人しか通らない路地の性格から、前面道路に大きく開いたプランとなっています。

1階は夫婦の仕事場・応接室・玄関となるスペース1(上部写真)と家族の居間となるスペース2の間に水回りを納めたボリュームを配置し、ワンルーム空間を分節しています。台所兼食堂はこの住宅の要となるべく家の中心に位置しています。
2階は家族の個室を南北に離して高い位置に配置し、水回りボリュームの上部とそれぞれ筒型のブリッジで接続しました。レベル差とブリッジを利用して、建具を無くしゆるやかに部屋を分けています。

結果として、高さ6.5m幅4.5mの空間の中にいくつかの部屋のボリュームがそれぞれ少し離れて配置される構成となりました。それぞれの家族のいろいろな活動をゆるやかに内包するワンルーム住宅です。

南側の外観。自動車の入れない、行き止まりの路地に面しているため、(限られた住人しか通らない)道路に対して大きく開口を開いたプランとなっています。また道路に面して庇のあるテラスを設け、路地と住宅に連続性をもたせようとしました。

スペース2。中央の水回りボリュームでスペース1と区切られています。スペース1がパブリックな性格を持つのに対して、プライベートな居間として使用。水回りボリュームの中は台所兼食堂で、家族のみの食事はここでします。
外部では、1階部分の水回りボリュームが東側に飛び出していて、エントランスと北側のプライベートな庭を分節しています。

2階は水回りと個室の間に吹き抜けと高低差をもうけ、筒形のブリッジでつないでいます。個室には建具を無くし緩やかに区切っています。(写真は手すりが取り付けられる前のもの)

浴室と洗面は水回りボリュームの上部にあり、東側飛び出したボリュームの上部がバルコニーになっています。

建設地
神奈川県鎌倉市 
敷地環境
住宅地
構造
木造
階数
2階
敷地面積
109.47㎡
建築面積
63.86㎡
延べ床面積
101.42㎡
工事費
非公開
家族構成
夫婦+子ども
居住者の年齢
30代
FavoriteLoadingお気に入り保存