NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 環境-019 ]
囲まれた家

環境対応部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

敷地は、南北に長い変形敷地で、南と東どちらの敷地境界にも住宅が近接して建ち、十分な日照が期待できない環境です。

建物を配置すると、ほとんど隣地までの距離がないような状況で、周囲の建物との関係や、建物内部へ取り込む外部環境の検討を十分に行う必要がありました。

そのような条件の中、建築主の希望は「明るい家」でした。家族がそろって陽の光が入るダイニングで朝食をとり、家のどこにいても自然の風を感じられる生活を望まれました。

敷地の形状を生かし、光がまわり、風が流れ、のびやかな豊かな内部空間の設計を目指しました。

 

建物の中心に吹抜空間をつくり、東側の壁に開いた大きな高窓から差す陽の光りが、柔らかく家全体に広がっていきます。
その吹抜空間を家族が集まるダイニングとし、そこから南北に向かって各部屋が明るくのびやかにつながっていきます。

2階にある南北に貫き吹抜けに面する廊下が、風の通り道となり、吹抜に広がる光とともに、自然を感じる明るく心地よい開放感のある豊かな空間となりました。
家に中心にあるダイニングの吹抜けに、2階の動線である廊下や、吹抜けを見下ろす小窓がある個室が面することで、家族間が程よい距離感を持って生活することが可能となりました。

ダイニングの東側壁面は、隣の建物に近接しているので、横長の低い窓にすることで、視線の高さを調節しました。

ダイニングから南側に続く畳の部屋は、普段は畳のリビングとして使い、泊まりの来客時には引き戸で仕切ることで対応できます。

敷地は、前面道路から長い通路を入った奥にあります。
住宅密集地では、整形の土地であることは難しい状況ですが、欠点が長所になったとき、より魅力的な長所になることが設計の面白さであると思います。

建設地
神奈川県 逗子市 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
156.73㎡
建築面積
56.47㎡
延べ床面積
94.93㎡
工事費
2,300万円
家族構成
夫婦、子供一人
居住者の年齢
40代、10代
FavoriteLoadingお気に入り保存