NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 暮らし-006 ]
ウッドデッキで子供たちがのびのび遊ぶ「幼稚園のような」家

暮らし快適部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

「娘たちが通園している幼稚園にはウッドデッキがあって、園児たちがそこで気持ちよさそうにゴロゴロしているんです。そのデッキと風通しのよい明るい教室、園児たちがのびのび遊べる園庭が繋がっている雰囲気がとても好きで、そんな家ができたら」というお施主様のご要望を伺い、家づくりがスタートしました。

敷地を拝見すると、敷地南側に立つ5m強の擁壁を眺めながらの生活は回避してあげたい。逆に敷地北側に広がるパノラマは楽しんでもらいたいという気持ちから建物の配置を決定。限られた床面積を最大限活かすために廊下を外部化してシンプルな平面形状の3つの棟を50坪の敷地全体を利用できるようにコの字型に分棟させました。

中庭のウッドデッキには高低差を与えて室内にも通り抜けるできる動線部分をつくり、回遊性のある子供たちの遊び場を建物中央に生み出すことで、お施主様がイメージする「幼稚園のような」雰囲気をつくり出すことにしました。

南側道路から建物全景をみる
手前中央に和室棟、右奥に子供棟、左奥に母屋を分棟配置することで、建物間に隙間が生まれ、その隙間から中庭へ入ると北側に広がるパノラマが目に飛び込んできます。そして、各棟により街並みから切り取られた中庭は家族だけの大切な場所になっています。また、分棟したことで外壁面が増えて各棟とも二方向以上の採光と通風を確保することができ、エアコンのいらない環境をつくり出すことができました。

左:母屋1階 ダイニング
お施主様曰く、北側に広がるパノラマやデッキに繋がる丈の高い窓から見える空のおかげで北側のダイニングでもかなり明るい場所になりました。また、ここに椅子を置きたくなかったので、特注の掘炬燵を設け、8畳でも広く感じる素敵な家族団欒の場ができました。

右:同階 キッチン
カウンター奥に壁面収納があり、浴室へ通じる扉にもなっています。上階からはリビングを介して間接光がダイニングまで届きます。

左:母屋2階 リビング越しに寝室をみる
右:同階 リビング
室内環境は構造材に無垢材を使用して柱・梁を現わした力強い内部空間にしました。素材には、壁に漆喰、床・天井には杉をふんだんに使用して環境への負荷が最も少ないものを主役にした仕上げにしました。
そして、永きに渡り安心して暮らしていただくことを前提として内外共に化学物質を含まない素材を使用し、手足でその素材の感触を楽しめることも特徴の一つになっています。

左:子供棟 玄関から子供室をみる
左側の窓からは中庭を臨めて、その中庭を介して母屋のダイニングキッチンの様子も伺うことができます。中央奥にあるピクチャーウィンドウからは敷地北側を流れる境川がみえます。

右:子供棟 左側の写真の奥側から子供室全体をみる
上段のロフトは子供たちの学習スペースになっていて床座で勉強できる学習机を設置。下段は蔵と名付けた収納スペースになっています。手前の黒い棒はお兄ちゃんの登り棒。

建設地
神奈川県藤沢市 
敷地環境
郊外(造成地)
構造
木造在来軸組構造・地盤改良(柱状改良)
階数
2階
敷地面積
166.07㎡(50.24坪)
建築面積
66,24㎡(20.04坪)
延べ床面積
99.37㎡(30.06坪)
工事費
2,400万円(地盤改良費込)
家族構成
夫婦、3人兄妹(長男・長女・次女)の5人家族
居住者の年齢
40代夫婦、小学校高学年、幼稚園児
FavoriteLoadingお気に入り保存