NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 暮らし-008 ]
北デッキの家

暮らし快適部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

前面道路を挟んで北側に公園があり、視線が抜ける気持ちの良い敷地に建つ住宅です。

道路から敷地が少しだけ高いところに建っていて庭がマウンドのようになっています。

建物の配置は細長く、多くの場所から北庭と北に面する公園への眺望を楽しめる計画としました。

デッキを北側とすることで、夏の暑い時期でも心地よく過ごすことが出来ているようです。

デッキはリビングと連続していて、洗濯物や物置の要素は担っていません。

洗濯物は専用のサンルームを用意し、デッキはあくまでも食事をしたり、ハンモックに揺られたり、、、

とあくまでも生活を豊かにする要素に徹しています。

当初の提案では大きめな敷地を生かして、1階にデッキとリビングを設ける提案でしたが、

建主さんのイメージは最初から2階デッキだったようです。

実際はそれが正解で、2階にすることで、快適な眺望と、夏でも蚊がこない、、、という小さいようで重要なおまけがついてきました。

北側デッキに面したリビングです。
デッキの反対側は南側で、高窓(=ハイサイドライト)にしています。
隣家の上部から十分な太陽光が差し込みます。
視線的にも空がキレイに見えて、気持ちよくなったのではないかと思います。

リビングからの眺望です。
写真は竣工から約8ヶ月後の夏です。
北側に設けたことで、熱くなくハンモックで快適に過ごす事ができるそうです。
目の前の公園は道路から更に下がっているので、視線は遥か遠くまで通ります。

夜景です。
両側は壁に挟まれていて、ある程度プライバシーを確保して、
包まれたようなイメージを作っています。
マウンドは芝と様々な植栽を配しました。

こちらは玄関を入って正面です。
格子戸を設けました。
格子を通してみる庭もなかなか趣があります。
夏は格子戸を閉め、鍵を掛けることで、夜間の通風を確保することができます。
キレイでもあり、機能性もあり、格子戸は優れものです。

建設地
神奈川県横浜市 
敷地環境
住宅街
構造
木造在来工法
階数
2階建て
敷地面積
243.08㎡
建築面積
68.91㎡
延べ床面積
123.36㎡
工事費
3000万円台
家族構成
5人
居住者の年齢
40代
FavoriteLoadingお気に入り保存