NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 暮らし-017 ]
庭とつながるすまいづくり

暮らし快適部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

既存塀を再利用した大谷石を使いデッキテラスの一角に一坪ほどの畑をつくりました。

庭側から立ったまま作業ができ、デッキテラスの上からも手入れができます。

ベンチとしても大活躍。

キッチンからも畑の様子が望めるので、畑が暮らしにぐっと近づきました。

広い庭ではないですが、土の位置が高い分、陽射しも十分注ぎます。

ツル性の植物を植え、夏はパーゴラを緑でおおう計画です。

床は無垢フローリング、壁は珪藻土や板貼り、天井も珪藻土や杉板貼りと自然素材を多く使っています。 また、日射遮蔽や採光、通風、排熱などの自然の恵みを活かすパッシブデザインの仕組みを取り入れています。吹抜けのあるリビングは南側の大きな窓を通してデッキや庭と一体的につながり、冬はこの窓からたっぷり日差しを取り込み室内の床や壁に熱を蓄え、夜間の冷え込みを抑えます。

キッチンから庭を望んだ風景。
庭先の塀まで一体的な空間として感じることができます。誰かが庭に出ていると、家族みんなが自然とデッキテラスに集まるそう。

道路からの建物全景。
道路際の塀は目隠しと通風を両立させたいわゆる大和塀。正面からの視界は閉ざしますが、斜めからは庭の緑が透けて見えるので、庭を街並みへ適度に開いた印象を与えてくれています。

畑を中心に回遊できる動線となっています。右手前はデッキ材カウンターの外流し。上部のパーゴラが植物に覆われるとちょっとした緑の回廊ができあがる予定です。

建設地
東京都武蔵野市 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
165.96㎡
建築面積
66.24㎡
延べ床面積
117.58㎡
工事費
3000万円
家族構成
夫婦+子供2人
居住者の年齢
30代
FavoriteLoadingお気に入り保存