NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 暮らし-004 ]
等々力ーF邸 〜都心の別荘建築〜

暮らし快適部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

この一体は多摩川にかけて長い下り坂になっており、当該敷地はその坂の一番高い所に位置します。

そのため、敷地中程から南に向かって急に4m程下る斜面地を持ち、そのさらに水下には2mの

擁壁が有るため道路側から6mほどの落差があります。

この高低差により多摩川の先にある武蔵小杉や横浜の街並から富士山まで見渡す事ができます。

 

この敷地の最大の特性である眺望を生かし、開放感のある快適な住空間を目指しました。

また風致地区指定の緑化基準によって設ける植栽も、建物を演出するもの・内部空間を彩る要素

として、建物と一体として計画しました。

【構成】
敷地が南北に長いため、建物もおのずと縦長と
なります。
その中央に中庭を設けて2棟構成の様に設え、
中庭に面する諸室の通風や採光を確保すると
同時に、内部と外部を結びつける役割を
果たしています。


【ロフトからの見下ろし】
2棟をつなぐ階段・ブリッジ、中庭、吹き抜けによって、
空間を平面的・立体的に繋げる事で、より開放的で快適な
空間を目指しました。

【ダイニングキッチン】
中庭を挟んで子供室入り口までが一繋がりの
空間になっています。
視覚的に一体に見える事で、実面積よりも広く
感じられます。

【1階から2階へ上がる階段】
ガラスと中庭に挟まれた階段室は、1階と2階とを
立体的に繋げています。

建設地
東京都世田谷区 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
地上2階建て
敷地面積
208.77㎡
建築面積
82.87㎡
延べ床面積
189.00㎡
工事費
6000万円
家族構成
ご夫婦+子供2人
居住者の年齢
40歳代
FavoriteLoadingお気に入り保存