NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 暮らし-013 ]
都市の緑と繋がるスキップフロアの家

暮らし快適部門 推薦アリ

FavoriteLoadingお気に入り保存

井の頭公園にも玉川上水にも近く、緑豊かで閑静な住宅街に建つ住宅です。この敷地のもつ好条件を最大限生かすことを考えました。生活の中心となるLDKは大きな一室空間とし、日照や通風の条件を考慮して2階に配置しました。井の頭公園と玉川上水の緑が見えるよう、方向を定めて高窓を設けています。

隣地との距離が近いことも考慮して、囲われた坪庭とテラスを設けました。道路や隣地に面した開口は小さく、坪庭とテラスに面した開口は大きく開いています。また、玄関上部の窓からは西側道路沿いの風景へと視線が遠くまで抜けるよう工夫しました。

利用可能な空間ヴォリュームを広く確保するため、地下階を造り、さらに半地下レベルに収納部屋を設けました。その結果各所に生じた床のレベル差を積極的に利用して、採光や通風の条件を向上させるだけでなく、さまざまな視線が交錯する変化に富む空間構成を実現しています。

家づくりの会からの推薦文

都内の閑静な住宅街の中で周辺環境といかにうまく折り合いをつけるかについてとても配慮された作品だと思います。単純に日当たりのよい方向に 大きな開口部を設けるのではなく、隣家の建ち方や眺望、外観について十分に配慮した上で一つずつ丁寧に開口部を設けていて、それが少しのス キップフロアをもつ階構成を伴うことで、ただ使いやすいだけでなく変化に富んだ豊かな空間を生み出していると思います。空間を取り囲むディ テールにも配慮が行き届き、地下も多用途に使えそうな部屋として有効に活用している点など、都市住宅のスタンダードとしたい上質な作品です。
(推薦者:家づくりの会理事 水口裕之)

道路側の外観です。道路に面した開口は小さく、閉じた印象ですが、2階LDKからの視線は、玄関上部の吹抜けを通過し、さらに道路に沿って遠くまで届きます。

1階から2階LDKに上がる階段です。正面中央は半階上がった子供部屋の入り口、左奥は浴室からも眺められる坪庭です。2階から採り入れた光が1階、さらには地下まで届くよう、階段は蹴込板がない構成で、上半分は屋根から吊り下げています。

ダイニングとキッチン。正面奥の高窓からは井の頭公園の緑を、左の高窓からは玉川上水の緑を望むことができます。室内に居ながら、都市の緑と繋がります。

収納棚をたっぷりとった、地下の仕事部屋です。天井は地盤面より高く、東西両面の高窓と階段からの自然光で、明るく風通しの良い空間です。

建設地
東京都三鷹市 
敷地環境
住宅地
構造
木造 一部鉄筋コンクリート造
階数
地下1階 地上2階
敷地面積
114.00㎡
建築面積
53.82㎡
延べ床面積
125.38㎡
工事費
非公開
家族構成
夫婦+子供1人
居住者の年齢
40代
FavoriteLoadingお気に入り保存