NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 暮らし-003 ]
都心の密集地に建つ3階建て昆構造の家

暮らし快適部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

敷地は都心の密集地で南前面道路は所謂昔の1間半道路のため70㎝のセットバックが必要です。

1階RC造2.3階木造の昆構造の住宅です。

2台分のガレージを1階に組み込み前面部分を退いて計画することで外部に来客用のカースペースを確保しました。

メインフロアーは2階で、東外壁に張り出した外階段で玄関ポーチに至ります。

エレベーターも備えられた広い玄関ホールより、正面中央に食堂その前面にコート、後方はオープンキッチンで、ユーティリティー、水周りに連続します。

リビングと書斎に挟まれたコートは食堂に面し、屋をガラスで覆い、前面両サイドの開口部に網戸を組み込むことで、アウトドアーでありながらこの家のオアシス的場所といえます。

3階に上がると中央には、外部からは見えない南に面した8帖大のバルコニーがあり、陽気の良い時の昼寝に日光浴、また布団干しと、密集地の中とは思えない快適な場が生まれています。

ホールから直接ワイドな木製引込戸より入るリビングは、それぞれ来客の多い夫妻のたにダイニングキッチンと分けることで、主人のお客はリビングで、夫人のお客はダイニングでと使い分けています。但し、視覚的広がりのために間仕切りの建具は透明ガラスで、キッチン側にはロールスクリーンを取り付けています。

リビング同様ホールに隣接するダイニングは、南のコートとリビングに視界が広がりオープンキッチンからも前面の緑とさわやかな風が心地良く、まさにダイニングはこの家の中心です。

ダイニング、リビング、書斎と3方に囲まれ南に開けたコートは、ウッドデッキの床に屋根をガラスで覆い、前面のお宅(区の指定文化財・徳田秋声旧宅)の緑を借景とし、手前プラントボックスには四季折々の草花が咲き誇り、テーブルとイスを置き、ティータイムを楽しむ場所として最適です。又、ホームパーティーの折には特等席になります。

3階8帖大のバルコニーです。南に開けたこの場所が都会の密集地とは思えないほど視界が開け緑と空が目に飛び込んできます。天気の良い日には昼寝や日光浴、また布団干し場としても最適です。

建設地
東京都文京区 
敷地環境
都心の密集地・狭隘道路
構造
RC造+木造(昆構造)
階数
3階建て
敷地面積
176.03㎡
建築面積
104.56㎡
延べ床面積
233.72㎡
工事費
6500万円
家族構成
夫婦+息子3人
居住者の年齢
50代後半・20代・30代
FavoriteLoadingお気に入り保存