NPO法人 家づくりの会 ホームページへ
家づくり大賞トップへ

[ 空間-015 ]
大屋根でつながる家

空間構成部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

家族構成は二人家族ですが、

ご近所に息子さん達が住まわれていて、しょっちゅうお孫さん達があそびにきます。打合せの最中にもよくあそびにきていて

つねに家族が増えたり減ったりしている状態だなとみていたんです。

 

そこでこの家は基本を開放的なつくりにして

そのなかにプライベートな個室群や収納などを閉じた箱としておくようなかたちでつくりました。

個室群以外は開放的な場所、だれがきてもだれが去ってもかわらずに同じ風がふいている、というイメージでした。

 

熱環境にも配慮し、パッシブデザインで設計しています。

日差しのコントロールと風通しには特に気を配っています。

夏も冬も快適に過ごされている様子です。



デッキとつながるリビング



玄関からリビング和室をみて

玄関の扉をあけると
むこうのほうにちらほら庭のみどりがみえる



リビングと縁側、デッキが大屋根のもとつながる



あたたかなひざしで
そととつながる

建設地
埼玉県比企郡月輪 
敷地環境
郊外
構造
木造
階数
平屋
敷地面積
450㎡
建築面積
140㎡
延べ床面積
130㎡
工事費
2500万円
家族構成
二人
居住者の年齢
65歳
FavoriteLoadingお気に入り保存