[ 素材-011 ]
toTo  〜木壁が空間をつなぐ〜

素材ディテール部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

この住宅は、閑静な住宅地の一角に位置します。まず“個室は区切られているが一体感が欲しい。” “内部に木を取り入れて欲しい。”とのクライアントのご要望がありました。矩形の敷地に対しT型平面で構成しています。中心にあたるjunction(接合点)には、リビングを配置し大きな吹抜けを設け、隙のある各個室に連続感を与えています。このjunctionでは、LVLで作られた木壁と階段が上下の一体感を強調しています。また、リビングアクセス型の住空間で、家族はjunctionを通過して移動することになり、コミュニケーションの場となります

トップライトや東からの採光により明るいリビングスペース。吹抜け部分に見える小さな扉は、2階のこども室に繋がっていて、こども達が顔をひょこっと出しコミュニケーションをとることができます。

リビングの吹抜け部分。階段のLVLの壁に凹凸を付けることでが美しい表情を見せています。また、トップライトからの淡い光が住宅を満たします。

6畳ほどのデッキスペース。ダイニングキッチンと繋がっているため、休日は友人を招きここでホームパーティをすることもできます。また、1段上がった和室の濡れ縁に座りながら、佇むことができます。

外観は、レンガ色の鋼板と白色の吹付けにより、奇抜すぎないデザインにしました。南からの光は、住宅には少し刺激が強く感じるので、あまり窓をつくらない計画をしています。長い印象的な庇は、シンプルな外観に動的なリズムを与えるとともに、小雨のときも通風を確保しています。

建設地
大阪府堺市 
敷地環境
住宅地
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
241.46㎡
建築面積
71.50㎡
延べ床面積
121.59㎡
工事費
非公開
家族構成
夫婦+こども
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
石上 芳弘(YIA イシウエヨシヒロ建築設計事務所)
FavoriteLoadingお気に入り保存