[ ローコスト-001 ]
ハチハン

ローコスト部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

友人とその家族の為の専用住宅である。
敷地はよくある分譲宅地で、これから建て込んで来るであろう周辺の建物に対し閉じて暮らすのではなく、適度な透明性を持って生活が出来る様に計画をした方が良いな、というのが第一印象であった。
クライアントからの数少ない要望の中で特徴的だったのは『家の中にバイクを置きたい』という事だった。
建設費850万円という極めてタイトな予算の中で必然と決まってくる面積のなか、バイクだけのスペースを確保するというのは面白くない。
そこで、人付き合いが良くアウトドア好き、酒好きのクライアントのライフスタイルを踏まえ、あえて1階床面積の約半分を土間とし、懐の深い構成とする事にした。
家族がどこにいてもお互いの気配を感じられるという事は、子育てが始まったばかりのクライアント家族にとって、これからの家族関係をどの様に築いていくか、という意味でもとても大事なものになってくると思う。

 

主要な開口部を土間というセミパブリックなバッファを通し設ける事により、周辺環境とゆるやかにつながる様にしました。
また土間とリビングの段差は40cmとし、腰掛けやすい高さとしています。

建具を極力少なくし、大きなワンルーム空間となった内部には、重力換気により風の通り道が生まれ、家中に心地よい風が流れる。
1階天井は仕上げず、2階床組みを現しとしています。

床仕上げは県産材の杉を使用。
吹抜けの一部には、子供部屋を増設出来るように梁をかけています。

2階の床仕上げはシナ合板。
塗装はクライアント自らによるもの。
吹抜けに面した腰壁は、増床時に容易に取り外し出来る様ラワンベニヤを使用した本棚とし、大工工事で仕上げています。

建設地
高知県高知市 
敷地環境
住宅地
構造
木造
階数
2階
敷地面積
150.05㎡
建築面積
40.58㎡
延べ床面積
67.91㎡
工事費
850万円
家族構成
夫婦2人+子供1人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
上森 こくとう(キリコ設計事務所)

図面

FavoriteLoadingお気に入り保存