[ ローコスト-005 ]
coche  〜インナーガレージの家〜

ローコスト部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

鳴門海峡から近い閑静な住宅地です。クライアントは、自動車と自転車を収納できるガレージを要望されて、ガレージから住宅を構成するところから始まりました。ガレージには大スパンが必要なため、シンプルな構成とガレージを平屋にすることで構造的コストを抑えることにしました。結果的に道路側に配置された平屋のガレージが、生活スペースにプライバシーと明るい住環境を確保します。また、低く抑えられたガレージのヴォリュームは町並みに圧迫感を与えません。片流れの屋根と外壁には、ガルバリウムの既製品を採用したことで、施工行程を短縮させ竣工後の維持管理にもメリットがありました。無垢の徳島杉を採用することで実質価格の高い風土に適した材料が、居室の床に表情を与え杉の香りで暖かい住空間ができました。ローコストながら、クライアントと施工者と計画をブラッシュアップさせることで、心地好い住宅を生み出すことができる可能性を感じました。

キッチンには5mほどの大きなクローゼットを設けています。食器を片付けるキッチン収納以外にも、この広いクローゼットを活用して、パソコンを置いてワークスペースに利用しました。こども達もここで勉強ができ、家事をしながら様子が見られます。突然の訪問者が来られても扉を閉めることで、すぐに対応ができます。

一人で佇むスペース。畳とロフトを設けています。本を読んだり…おひるねしたり…趣味の場として使う場所です。窓からの明るい光、通風が心地好い空間です。

2階の寝室の押入は、オープンにしています。出入り口の片引き戸を引けば、押入が隠れる仕組みになっています。1枚の片引き戸にすることにより、コストダウンになりました。左にある小窓から顔を出せば、1階のリビングの様子がわかります。

LDK空間への間仕切りは建具を設けずに、カーテンで仕切る計画により、費用の削減への考慮しました。吹抜けに大きな窓があることにより、上下階ともに明るい光が入ってきます。壁は外壁と同じ材料を使用。外から内部へと連続した住空間です。

建設地
徳島県鳴門市 
敷地環境
住宅地
構造
木造
階数
2階建て
敷地面積
237.61㎡
建築面積
110.70㎡
延べ床面積
166.79㎡
工事費
2200万円
家族構成
夫婦+こども2人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
石上 芳弘(YIA イシウエヨシヒロ建築設計事務所)
FavoriteLoadingお気に入り保存