[ リノベーション-006 ]
2世帯住宅への再生

リノベーション部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

『一人暮らしの両親と住むために、実家を2世帯住宅にリフォームしてほしい』と言うお話から、この計画が始まりました。
クライアントのご要望は、分離型2世帯住宅、広いバルコニー、吹き抜けのリビング、自然素材を生かしたナチュラルモダンの空間。そして改修範囲は、2階部分のみ・・・。
2階部分の改修で1階を工事出来ないとなると、2階の間取りと1階の梁の位置を適格に合わせていく必要があり、2階部分の給排水管を1階のどの位置におとしていくか等、難易度の高いリフォームです。

全ての要望をクリアーした間取りを実現し、単世帯住宅から2世帯住宅へ再生しました。
吹き抜けのリビング、床は県産材の唐松。TVボードは、打ち合わせの段階から収納する藤のカゴを決め、ピッタリ納まるように設計しています。

1階の玄関庇も兼ねた2階のバルコニー及び玄関ポーチ.。
目の前には北アルプスの絶景が広がります。

キッチンで料理をしながらでも、同様の景色が広がり、開放感溢れる空間になっています。
水を使うキッチンでは、無垢の床に水跡が残るため素材を変えていますがリビングからは見えなくなっています。

あえて既存の階段を残し、お孫さんがいつでも1階に行かれるようになっています。

外階段を付け、屋根を葺き替えることで、全く違う外観イメージに再生しています。
増築部分のバルコニーの角を曲線にすることで、道路側への圧迫感をなくし、柔らかなイメージを作り出しています。

建設地
長野県松本市 
敷地環境
郊外住宅地
構造
木造
階数
2階建
敷地面積
-
建築面積
工事建築面積114.26㎡
延べ床面積
工事2階床面積:92.74㎡
工事費
-
家族構成
両親1人+夫婦、子供1人
居住者の年齢
6才~60代
設計者名(事務所名)
宮澤 み江(江建築設計事務所)
FavoriteLoadingお気に入り保存