[ リノベーション-011 ]
base

リノベーション部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

37年の、趣のある外観が特徴のマンションの全面リフォームである。ここでは、素材を最小限にまとめ、無駄な線を廃し、出来るだけミニマムで静寂な空間となるよう、心掛けた。そのため、デザイン、ディテール、素材感には細心の注意を払い、それぞれがそれぞれを補い、高めあう関係性となるように努めている。主だった素材は石と鉄と木のみで、その存在感が大きい床には、ライムストーンを全面に貼り、空間に一定の緊張感を与え、壁や天井はその床の素材感を強調するために白でミニマムに仕上げている。この、冷やかな白とグレーの空間に、ささやかな温もりを与えているのがLDKの一面のみに使用しているフレンチオーク材だが、これは、あくまで人が住まう空間であることから、どこか人間らしさも表現しようとしたためである。

元々リビングと和室に間仕切られていた壁を取り払い、構造梁を現わしたLDK。

鉄板で囲われたオープンキッチン。

改修前の様子。

建設地
兵庫県 芦屋市 
敷地環境
市街地
構造
RC造7階建マンションの内一戸
階数
7階建の内4階の一戸
敷地面積
不明
建築面積
不明
延べ床面積
84.24㎡
工事費
900万円
家族構成
単身
居住者の年齢
40代
設計者名(事務所名)
津田 茂(T-Square Design Associates)
FavoriteLoadingお気に入り保存