[ 快適-019 ]
三角の家

快適空間部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

都心の閑静な住宅街にある北東角地に建つ住宅。
個性の強い三角形の土地を最大限活かすため、敷地の形に素直にならった結果として生まれた斜めの壁で構成される空間。
緩やかな高低差のある周辺の土地に沿うように、建物の内部空間もスキップフロアで構成し、外と内が途切れずに連続する空間を目指している。

快適な中庭を取れるほどの広さも無く、周囲を建物で囲われた都心の環境。その中でプライバシーを守りつつ快適性を生むため、南北方向の抜け、天窓、吹抜、インナーデッキ等を計画している。隣地を含む周囲の状況が将来変わる可能性もある中で、まわりに左右されない空間の豊かさを生む。

土地の持つ個性を活かす事で、効率的でありながらゆとりのある、心地よい変化と抑揚のある空間を実現する。家族のいきいきとした生活シーンを生むきっかけの場としての家。

-リビング-

家を敷地の形に素直に配置した結果、内部空間は斜めの壁で構成されている。斜めの壁は遠近感を生み、感覚的広がりを演出する。1階リビング南の角には窓下に大谷石の暖炉を設け、自然光を取り込むと共に、外部のシンボルツリーと火による安らぎを家族に与えてくれる場所になっている。

-リビング暖炉上の吹抜と階段室-

敷地の形がそのまま表れた吹抜。
内部に向かってハの字に広がる吹抜は、自然光をやわらかく室内に満たしてくれる。

建物が接する、南に向かって緩やかに上っている2つの道路にあわせるように、1,2階の床も緩やかなスキップフロアを構成している。天窓から光がふりそそぐ階段室は建物の中心に位置し、家の中心を明るく照らしてくれると共に、各居室をらせん状に繋ぐ。

-外観と2階インナーデッキ-

建物は4mほどの道路を挟んで、三方ともマンションや高齢者施設等の建物に面している。
また、変形敷地を最大限有効活用するため、建物の外壁は道路境界線に寄っている。

このような状況の中で、家族のプライバシーを守りながら快適な住空間を実現するため、天窓やインナーデッキ等を計画し、周囲の環境に左右されずに自然光や通風を取り込めるよう配慮している。

-書斎コーナーと2階個室-

敷地の北側に位置する1階書斎と2階個室。
建物の角をそぎ落とし、外部とのつながりを感じさせる窓を計画することで、三角形の土地で生まれがちな鋭角のスペースを作らないよう配慮している。
建物の内部に入ると、土地の形が三角形であることを強く意識せずに暮らせる空間。

建設地
東京都世田谷区 
敷地環境
住宅地
構造
木造在来軸組
階数
2階建て
敷地面積
87.25㎡
建築面積
58.64㎡
延べ床面積
102.84㎡
工事費
非公開
家族構成
夫婦+子供2人(将来)
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
佐藤 剛(一級建築士事務所 A-SA工房)

図面

FavoriteLoadingお気に入り保存