[ 快適-011 ]
西三国の家

快適空間部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

都心の平屋とはどのようなものだろうか?

周辺環境とのプライバシーの問題、屋外空間の扱い方

なによりシンプルで明快な豊かさを求めた。

必要な部屋のみを残しそのほかは豊かな空間造りの材料へと切り替える。

必要のない階は取り除き代わりに光を取り入れる。

定年後のご夫婦の為のこの住宅は、新しい平屋のスタイルを提案する建築である。

場所は大阪市内、隣地にある公園や周囲のマンション等からの視線、敷地内から周辺建物に対する視線に配慮しつつ 街並みにも調和するようシンプルに木箱のように見立てた。

敷地内に設けた植栽の緑と壁によって切り取られた空の青が美しいコントラストをはかっている。

庭は川の流れにみたて敷地内をS字に縦断させた。

全体像の見えない庭は各所で眺めることができ、まるで森の中にいるかの様な 深い奥行感を感じ取れる。

 

集合住宅の並ぶ町にたたずむ小さな箱庭は、

建築面積の広さや利便性にくくられることのない新しい豊かさを生み出している。

リビングより玄関側の廊下の眺め。
廊下は通常よりも広めに計画しておりバリアフリーにも対応。また両側に庭が挟まれており内と外の境界線が曖昧な感覚でより広さを感じさせる。
床と外壁は全て無垢の杉フローリングで素材の風合いを出すために
クリア塗装で仕上げている。
天井と内壁は漆喰塗装の自然素材。

ダイニングは施主様ご要望の掘りごたつ式。
中庭に囲まれているが直射日光は入らず
また近隣の視線を遮ぎりながら光と風をとりこむことが十分にとりこめ
杉板張りの外壁からは空だけが見える。
一点を見る庭ではなく視野が広がるS事型の中庭を計画。

和室(畳スペース)
障子で区切ることができる。
普段は障子本体はストレージに収納しており、リビングと一体の空間として使用。
正面の造り付け棚は仏壇スペースに。

左)俯瞰写真
  外壁目隠しと風通しを良くするために南と北側にそれぞれスリットを設けている。

右)和室(畳スペース)より続く縁側と庭。
  庭の植栽の数は30種を超え、秋には紅葉が一層美しくなり
  1年中楽しめる庭になっている。

建設地
大阪府大阪市 
敷地環境
市街地
構造
木造
階数
平家建て
敷地面積
169.24㎡
建築面積
91.70㎡
延べ床面積
91.70㎡
工事費
-
家族構成
夫婦
居住者の年齢
60代 70代
設計者名(事務所名)
堤 庸策(arbol(あるぼる))

図面

FavoriteLoadingお気に入り保存