[ 快適-025 ]
里山の麓の家

快適空間部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

高松市の郊外、里山の麓を走る旧道沿いに敷地はありました。街道沿いには住宅が立ち並び、その周囲には田圃が広がっている、なんとなくのどかな風情です。
30代のご夫婦と保育所に通う女の子、そして計画中に生まれた男の子という4人家族のためにこの住宅は計画されました。

これから成長していく家族にとって最も重要なスペースは家族の集う“リビング・ダイニング”(LD)でした。そこで、ここをこの住まいの『コア』と設定し、前後に連なる“寝室“や”子供室“へと至るルートが“LD”を中心に∞の字を描くようなプランを提案しました。

ちょっと腰を下ろすことのできる四畳半の”小あがり“が“LD“には接続しています。
“LD“と一体として利用することにより奥行き感も広がります。
“キッチン”からは“小あがり”と“LD”が見通せます。

“キッチン”で調理をしながら“LD”や“小あがり”にいる子供達の様子を見ることができます。“キッチン”の開口は、家族のコミュニケーションを図る大切な『窓』なのです。

“LD”を挟むように配された廊下によって、隣接する“子供室”や“寝室”へと住まいの中をひと回りします。家族の気配が感じられます。

建設地
香川県高松市 
敷地環境
郊外
構造
木造在来工法
階数
平屋建
敷地面積
495㎡
建築面積
123㎡
延べ床面積
107㎡
工事費
非公開
家族構成
夫婦+子供2人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
土居 良助(一級建築士事務所 CAVOK Architects)
FavoriteLoadingお気に入り保存