[ 快適-003 ]
U3-House「回廊の家」

快適空間部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

「回廊の家」は福岡都心部の住宅やマンション等の立ち並ぶ建築密集地の中に計画された住宅です。三方を住宅に囲まれ、余裕のない敷地面積の中で、プライバシーを維持しつつ、外部を取り入れるかが、今回のポイントになりました。

住宅の中心にライトコートを設け、ライトコートを通じて縦の繋がりを持たせながら、狭小とは思えないほどゆったりとした明るいリビングを実現しました。

 

建物のファサードは周辺の環境に配慮し、シャープな庇とセットバックされた外壁によりコンパクトな外観となっています。アプローチや植栽により前面道路と緩やかに干渉し、密集した住宅地において内部の住環境と保ちながら、住宅と周辺の環境との関係のあり方を見つめなおした建築です。

コンパクトな外観を持った回廊の家ですが、内部空間はその外観のイメージからは想像もできないくらい開放的な空間です。

都市の中の住宅としていかに外部の光を取り入れ、住空間として成立させるかがこの住宅のポイントでした。

キッチンは対面型で、料理を創りながら家族とのコミュニケーションをとる事ができ、壁に開けられたスリットにより明るく保たれています。

リビングとキッチンを仕切ることも出来るため、状況の変化に柔軟に対応できる空間となっている。


吹き抜け上部に設けたトップライトにより、空間がより一層明るいものになっています。

二階へはライトコートの周りを回るようにして上がってゆきます。

空間を余すことなく最大限に活用しながら内部の住空間を充実させるよう設計しました。

建設地
福岡県福岡市 
敷地環境
住宅密集地
構造
RC壁式構造+木造軸組面剛性混構造
階数
地上2階建て
敷地面積
176㎡
建築面積
105.06㎡
延べ床面積
179.7㎡
工事費
非公開
家族構成
夫婦二人+子ども二人
居住者の年齢
非公開
設計者名(事務所名)
佐藤 正彦(株式会社アーキテクト憧)
FavoriteLoadingお気に入り保存