[ 作り方-002 ]
kgk_House マンションのハーフビルドリノベーション

作り方部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

ワンルームマンションをご自分の手でできるだけリノベーションしたいということで、サポートさせていただきました。

水回りのレイアウトが使いにくかったこともあって、水回りを一箇所に集めて残りをワンルームにする計画です。

プロにお願いしたのは解体工事と水回りの変更、そして、構造用合板の間仕切り壁です。

あとの仕上げ工事はご自分の手でやるハーフビルドリノベーションです。

床下地はフリーフロアーだったのでそのままフローリングの下地にします。

ここから建主さんが天井と壁にペンキを塗り、床のフローリングを張って仕上げてゆきます。

一箇所に集めた水回りを構造用合板の壁で囲います。建主さんが見つけてきたアンティーク建具がついたところは収納です。

脇からはトイレの入口となるドア。こちらも建主さんが見つけてきたアンティーク建具を大工さんに付けてもらいました。

天井も間仕切り壁を取り払いすっきりとした空間がでてきました。

複雑な少マイの配線も整理してまとめています。上の階のデッキスラブが見えています。ペンキで白く塗る予定です。

建設地
群馬県草津市 
敷地環境
リゾート
構造
RC造
階数
12階建ての9階
敷地面積
不明
建築面積
不明
延べ床面積
60㎡
工事費
100万円
家族構成
お一人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
古川 泰司(アトリエフルカワ一級建築士事務所)
FavoriteLoadingお気に入り保存