[ 作り方-010 ]
OPERA

作り方部門

FavoriteLoadingお気に入り保存

旗竿形状の崖地に計画した2世帯住宅です。
北東側の眺望を生かし、歌唱のための防音性能の高い地下室を設けたいという要望でした。
既存のアプローチは建物の建つ地盤の高さまで細長い外部階段を15段程登らねばならない状況でした。
工事用重機車両が入れないばかりか、隣地は高いところと極端に低いところまでいくつもの高低差をもつために、一般的には建築以外の擁壁等の造成工事に多額な費用が生じてしまうため与えられたご予算内では費用を要する地下室はもってのほかというところでしたが、敷地の高低差を精査し、既存の擁壁に建物の荷重による土圧がかからない断面構成を緻密に検討することで、既存擁壁を残したままで地下の防音室を実現しました。
造成費用を合理的に抑えながら、建物までは緩やかなスロープによってアクセスできるようになり、駐車台数も増やすことができました。
特徴的な3帖の書斎からは、東側の良好な景観を臨むことができます。

スキップ構成,地階オペラ歌唱質

リビングにせり出る展望書斎,2階からリビング見下げ

展望書斎,主寝室からの眺望

建替後のアプローチ外観,旧建物及びアプローチの様子

建設地
東京都町田市 
敷地環境
市街地(傾斜地、丘陵地)
構造
木造軸組金物工法+1部鉄筋コンクリート造
階数
地上2階+地下1階
敷地面積
187.15㎡ (56.61坪)
建築面積
71.21㎡ (21.54坪)
延べ床面積
137.24㎡ (41.51坪)
工事費
3300万円
家族構成
ご夫婦+母+子供2人
居住者の年齢
設計者名(事務所名)
杉浦 充(充総合計画一級建築事務所)
FavoriteLoadingお気に入り保存