ロングライフ部門(3)

時間の経過とともに評価の高まる本物の住宅。設計者の思いつきやひらめきだけで造られた住宅と、生活の変化、耐久性、省エネ性などを熟慮して設計された住宅の違いを10年というタイムスパンを持って見極め、消費されるだけのデザインへの警鐘となる住宅の提案