[ 細部-019 ]
既成型で組み立てた すっきりサッシ

もっと細部部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

高台に建つ住宅です。

 

建物正面がガラス全体で覆われるため、サッシをすっきり見せたい。

眺望を楽しみ、風も通したい。

風を通すための引戸を設け、引戸部とFIX窓部(開閉できない窓) を

違和感のない連続窓としてデザインしました。

 

FIX窓だけで連続窓をデザインするのは簡単です。しかしそれでは通風ができません。

通常、引戸とFIX窓を連続させる場合、それぞれの方立てサッシが2本並んで設置され太くなります。

1本のすっきりとした細い方立てサッシで美しく表現したい。

 

サッシは住宅用ではなく比較的自由にデザインできるビル用サッシを用い

特にコスト面を考慮してアルミ既成型サッシの組み合わせで解決しました。

サッシメーカーと細かい打合せのなかで雨仕舞いと耐風圧計算をして加工しました。

すっきりと細い方立てサッシは眺望を妨げません。

クレセント(鍵)のある部分が引戸です。
等間隔で3枚の引戸があります。

外観上、全てFIX窓に見えるようにしています。
どれが引戸か分かるでしょうか。

引戸とFIX窓。それぞれの方立てサッシが同じに見えるように
見付け(幅)と見込み(奥行)の寸法を合わせました。
引戸を閉めた状態では、どれが引戸でどれがFIX窓か区別できないようにデザインしました。
(下図面参照)

建設地
広島県広島市 
敷地環境
住宅地
構造
鉄骨造
階数
2
敷地面積
229.66㎡
建築面積
114.82㎡
延べ床面積
169.02㎡
工事費
2000万円代
家族構成
夫婦+子供3人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
藤山信博 (藤山建築デザイン事務所)

図面

FavoriteLoadingAdd to favorites