[ 環境-009 ]
内と外の「あいだ」

環境部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

既存マンションの改修。一般的にマンションには庭等がないため、ほとんど屋内だけの生活となり、テラス等はあっても洗濯物を干すくらいでほとんど利用しない。内と外は、規格化された大きさの窓によって仕切られてしまい、エアコンを常時使用して、窓を開け放って季節と共に生活することもほとんどない。生活は設備機器に依存してしまい、室内に密閉されて、多くのエネルギーを消費して生活している。

ここでは、その内/外を分け隔てる「/」を仕切りとして考えるのではなく、「生活を豊かに膨らませるための場所」として新たに考え直そうと試みている。今回ここで「/」は、マンションに新たに設けた2つのテラスとして計画されている。それらの空間は季節や時間によって、内のような外となり、あるいは、外のような内となって、境界の感覚を揺さぶり、内に閉じた生活を外へと導いて、それらが楽しく豊かに拡がってゆくような場所になるように試みている。

天井を低く抑えた黒いガラスで囲まれた玄関を進むと、光が溢れる明るい場所が木製ルーバーの背後に現れる。そこは既存のテラスを拡張した「南側テラス」の小さなラウンジで、テラスの一部が居住空間の中心に貫入したような形状になっている。夜に照明を灯すと、その一画が浮かび上がる。木製ルーバーは人が丸見えになることを穏やかに遮ぎるが、床付近のスリットは、床面と空間の連続感を生み出している。

「南側テラス」を見る。写真左側は、住居の中央付近に位置するラウンジ。居間に隣接しており、食事をしたりくつろいだりできるようになっている。既存の外壁から少し離して設置した大型の引き違い建具により、風を取り入れると同時に、室内とテラスとの一体感が生まれている。床には、フローリングと同色でフラットにつながったデッキと、夏の強い日射しと吹き込んだ雨が当たる一段下がった部分にタイルが敷かれている。

既存外壁の室内側仕上は室内壁と同じく漆喰とし、また既存柱には鏡面板を貼ってその存在感を抑え、室内側から見るとテラスや室内が反射して見える。それらにより室内が既存壁や柱まで拡張したようにも感じる。夜は手摺に仕込まれた照明により、あたかも手摺が内/外の境界であるかのようにも感じられる。感覚的に内/外の境界を曖昧にし、自然に窓を開け放ち、何気なく生活が外へとその境界をまたぐようになることを試みている。

洗面と浴槽のある「北側テラス」。可動羽のルーバーにより、外からの視線を遮りながら光を取り込み、風が吹き抜ける。テラスなので屋外仕様になっているが、ルーバーの背面にある窓を閉じると屋内にもなる。季節によってあるいは時間によって、外となったり内となったり、使い方は自由。室内側とは、防水と断熱で区画されており、また床暖房が設置されている。

建設地
福岡市 
敷地環境
市街地
構造
RC造(既存)
階数
6階
敷地面積
建築面積
211.29 ㎡(施工床面積)
延べ床面積
178.84 ㎡(住宅部分)
工事費
家族構成
夫婦+子供3人
居住者の年齢
40代
設計者名(事務所名)
鈴木 理考

図面

FavoriteLoadingAdd to favorites