[ 環境-012 ]
風の通り道

環境部門

FavoriteLoadingAdd to favorites

風景を取り込む小さな住宅です。

 

敷地は2方向を崖とした約30坪の変形地です。

一見短所に思えますが、見方を変えると個性的な長所に変わります。

崖の周辺は緑が生い茂り、敷地が持つ力を借りることで

豊かな住空間が生まれます。

 

緑の眺望、そして緑の風を楽しむ住宅です。

 

 

 

風を呼び込む引戸は、木で製作しました。

網戸は風景を邪魔しないよう、木製方立て内に隠しています。
緑の眺望を主役にするため、FIX窓(開閉の出来ない窓) の枠をなくし、
緑の輝きが一番に目に入るよう、室内を白系でまとめました。

キツチン正面からの眺望です。

緑の風景は東側、キッチン正面壁は南側です。
リビングダイニングとなるこの空間は、緑の木々から漏れる朝日に包まれます。
近隣住宅が見える南側は、あえて壁面とし、縦ガラスルーバー窓を設けることで
風を通し、採光を奥まで引き寄せます。

風の通り道としてポツ窓を設けました。
(左):キッチン奥下のポツ窓。
(右):玄関正面、螺旋階段のポツ窓。
ポツ窓は西側のため、眩しさを軽減するよう目の高さより低くしました。

緑の木々を緩衝材とした風は、引戸から導かれ
西側の4つのポツ窓と南側の縦ガラスルーバー窓を「通り道」として
やさしく流れていきます。

建設地
広島県広島市 
敷地環境
住宅地
構造
木造
階数
2階
敷地面積
121.23㎡
建築面積
45.14㎡
延べ床面積
83.90㎡
工事費
2000万円
家族構成
夫婦+子供1人
居住者の年齢
30代
設計者名(事務所名)
藤山信博 (藤山建築デザイン事務所)

図面

FavoriteLoadingAdd to favorites